ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヘルタ戦はゲッツェ、ヴィッツェル、アルカセルが負傷で欠場!《ドイツの反応》

【ビルト】

goett.jpg


BVB、ヴィッツェル、ゲッツェ、アルカセルなしでベルリンに!


これはBVBにとっては非常に大きな痛手となっている。マリオ・ゲッツェとパコ・アルカセルもベルリンに同行しなかったので、ヘルタ戦では欠場となる。


スポンサーリンク



彼らは二人とも最終トレーニングで負傷している。負傷がどの程度なのかはまだ明らかになっていない。


ルシアン・ファヴレ監督が苦手とするヘルタ(2014年以降リーガで勝っていない。)戦でヴィッツェルを諦めなければならないことはすでに明らかになっていた。彼は内転筋の筋を痛めているのだ。彼の代わりにユリアン・ヴァイグルが守備的な中盤でプレーするとみられている。


ゲッツェの代わりとしてはモー・ダフードがプレーするとみられている。ファヴレがアルカセルの代わりをどうするのかはまだ分かっていない。ロイスがワントップに移動し、トップ下でゲレイロ、さらにラーセンが左でプレーする可能性もある。




以上です。

ヘルタは苦手だと思っていましたが、そんなに長く勝っていませんでしたかね・・。と思って調べてみたら、ベルリンに限定した話でした。2014年以降ベルリンでは2016年のポカールを除いて勝てていませんね。


それにしてもアルカセルがまた負傷という事ですが、ちょっと怪我が多すぎですね・・。前半戦からまだ時間がかかるとという監督の発言を何度も聞いていますが、結局このまま万全になることなく今シーズンが終わってしまいそうですね。それでも彼の前半戦の得点率は素晴らしかったですが・。


[ 2019/03/16 05:43 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
近年のドルトムントの選手は、誰かが突出しているわけではなく、かなり横一線に近いスカッドだと感じます。
そういう意味では、レギュラーとサブの差がハッキリしているメガクラブとは違い、層は意外と厚いと思います。
もちろん勝てるかどうかは別ですが…
[ 2019/03/16 05:59 ] [ 編集 ]
ファブレも長い間勝ってないんだな。
ドルトムントとしてもヘルタは苦手。後ろがすぐ開くクセがあるからからそこを毎度カルーに引っ掻き回されてるよ。
それにしてもトップはどうすんだ?
4141でロイストップでダフードとゲレーロがインサイドじゃポジションチェンジ効かなくて、この前かえたばかりのシステムが早くも行き詰まりかよ。
またまた座敷わらし香川の呪いだな笑
[ 2019/03/16 06:20 ] [ 編集 ]
居ても居なくても変わらないのでは。
あとロイス、ロイスまだ言う人多いですがサンチョの方が重要ですよね。
[ 2019/03/16 07:45 ] [ 編集 ]
もうアルカセルは後半からのスーパーサブ的使い方で行くか、きっちり治させてから出してほしいですね…

怪我がちなロイスとアルカセルを主軸にしてしまうと、この二人が抜けたときの穴が大きすぎる…。
[ 2019/03/16 10:25 ] [ 編集 ]
レギュラー固定してみんな逃げてくから
層が厚いわけないやん
[ 2019/03/16 11:21 ] [ 編集 ]
え、昨シーズンまでいたオバメも突出してなかったの?
今もプレミアでサラーケインと並んで得点王争いしてるけど?
俺はこういうファンの一部選手軽視がドルトムントひいてはブンデスの弱体化に拍車をかけさせてると思うんだよなあ
[ 2019/03/16 12:31 ] [ 編集 ]
奇しくもヴィツェル、ゲッツェ抜きがこのタイミングでようやく実現するとか興味深く楽しみだな
ヴァイグルに同じことやらせたら興ざめもいいところだが、そうでなければデラネイのサポートありで中央前へのパスが増えるだろう
まーファブレの奴がヴィツェル抜きでマトモで居られるのかってのも見所でもある
パコに関しては完治してないのを無理やり使ってるんじゃないの
[ 2019/03/16 13:54 ] [ 編集 ]
ゲッツェに関してはそんなに問題無いんじゃねーの。
[ 2019/03/16 16:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。