ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツサッカーにとって耳が痛くなるような話!5つの事実!!《ドイツの反応》

【ビルト】

vc.jpg


ドイツサッカーにとって耳の痛くなる話!
5つの事実

ドイツのすべてのクラブがチャンピオンズリーグベスト16で敗退してしまった。これはワールドカップロシア大会の予選敗退に次ぐ、大惨事だ。


ビルトが耳の痛くなる話ではあるが、真実を告げる!



スポンサーリンク


1.国際舞台ではすでに二流!

CLのベスト8にドイツのクラブがなかったのは2006年以来の事だ。残ってるドイツ人選手はジャン、ケディラ(ユーベ)、テア・ステーガン(バルセロナ)、ギュンドガン、ザネー(マン・シティー)の5人だけだ。またお金だけが問題ではない。ドルトムントはトッテナムに敗退している。

イングランドを良く知っているディーター・ハマンは“トッテナムの予算はドルトムントよりも小さいよ。”と語っている。

さらに恥ずかしいことに、レヴァークーゼン(市場価格387ミリオンユーロ)はヨーロッパリーグでクラスノダール(市場価格98ミリオンユーロ)に敗れている。


2.ブンデスリーガはスーパースターを獲得できない。


過去にはサンチョやネルソンのようなスーパータレントや、ベンチ要因だったアルカセルがやってきたが、他は中レベルの選手ばかりだ。スーパースターは何よりもイングランドに移籍している。


リヴァプールのマティップ:“お金だけでなく、イングランドには一流の監督がいることも大きいね。例えばクロップやグアルディオラだ。彼らは新たな哲学や戦術など多くの物をもたらしているよ。”と語っている。


3.タレントがいない!


2013年にチャンピオンズリーグ参加クラブのU19チームとそれぞれの国の優勝チームによって作られたユースリーグではドイツのクラブは一度も優勝していない。一方オーストリアのザルツブルクは2017年に優勝している。

BVBのツォルクは、“我々は追い抜かれてしまっているね。特にフランスには。そしてイングランドにもね。”とこれを認めている。

現在最大のタレントはレヴァークーゼンのカイ・ハヴェルツだろう。彼はフリッツ・ヴァルター・メダルを受賞したところだ。


4.トレーニングとプレーが間違っている。


メメート・ショルは2017年に子供のドリブルが禁止されていることを批判していた。個人技が奨励されておらず、戦術的な理解が重視されているのだ。ワールドカップの後でレーヴ監督はポゼッションで圧倒するのが間違った戦術だと認めている。個人技に優れたザネーはワールドカップに参加できなかった。


5.ドイツサッカー協会にタイトル獲得する気がない


マティアス・ザマーが2009年にドイツサッカー協会のディレクターだった時は、ユースチームに“タイトルを獲得したい”と目標を書かせたものだ。しかしそうした欲求はどこかに行ってしまったようだ。ドイツのU19は昨年はユーロの予選で敗退している。


ハマン:“ワールドカップ2014年以降、居心地の良い所にいすぎたのかもしれない。我々が最高だと思ってしまったのかもしれないね。でもこれは当たり前の事ではない。タレントだけでは足りないよ。”





以上です。


ドイツサッカーにとって耳が痛くなるような話という事ですが、個人的には若手が全然育っていないのが気がかりですね。戦術ばかりで個人技で打開する事を子供に要求していないとのことなのでそれもある意味納得ですね。ドイツはサッカー人口は多いですから、個人技重視で競争させれば自然とその中からトップになる選手が出てくると思いますが、戦術ばかり重視すると平均的な選手ばかりが育ってしまうかもしれないですね。


[ 2019/03/16 10:01 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(18)
私はドイツサッカークラブのシステムをよくは知りません。ただドルトムントだけは、香川が入団してから見続けています。唯一疑問なのは、クラブで最高年俸はドイツ人でなければならないという縛りです。内容が伴えば当然だとは思いますが、果たしてそうでしょうか。
ドイツ人だからポジションや出番を優先的に与える、結果が伴わなくても高給を与える。従わない監督や障害になる外国人選手は追い出す。
まさに井の中の蛙。居心地が良すぎて厳しい環境の外国には挑戦しないし、理不尽さで外国人選手も来ない。踏台の為の若手選手くらいですかね。
自国の選手を甘やかしながら、外国人は金儲けの手段としか考えられないのならば、ドイツ国内だけで満足し、欧州の舞台の栄冠などと高望みするべきじゃあ無いですね。
[ 2019/03/16 11:25 ] [ 編集 ]
トッテナムよりドルトムントの予算が多いってのはウソくさいですが、金の問題がすべてではないと思います。いかにチームが一つになっているかが大切で、それができていたアヤックスは不調とはいえレアルに逆転勝利を収めました。
ドルトムントはプリシッチを売り、サンチョを売ったとしたら、ロイス以外にトップ選手はいますか?今年ヴィツェルを買ったように、中盤とDFラインに実績ある選手を適度に揃えチームのパフォーマンスを安定させないと、CL圏すら危うくなるかもしれません。
[ 2019/03/16 11:45 ] [ 編集 ]
 戦術面を重視したと言うが、戦術理解に優れた若い選手が沢山いるイメージがない。戦術理解というのはチーム戦術を理解した上で臨機応変にプレーする為のもの。でも、WCのドイツ代表の若手はチーム戦術を単純に実行しているだけに見えました。

 日本もそうなんですが、組織的で真面目な民族が約束事を意識しすぎるとそれに縛られて状況判断が弱くなる傾向がある。サッカーの育成って難しいですね。
[ 2019/03/16 12:07 ] [ 編集 ]
優秀な監督も選手もプレミアやリーガに行ってしまうので仕方ないですね。残ってるドイツ人選手達も小粒というか平均的というか。そもそもスーパースターがいないから戦術で頑張ってきたと思うんですが肝心の戦術もパッとしないような。
[ 2019/03/16 12:12 ] [ 編集 ]
現代サッカーで個人技がそんなに重要とは思えないな、それに本物の個というのはどれだけ組織的にしても決して埋まらないからね
やっとドイツの歪みに言及してくれたって感じかな、まあこれでブンデスが変わるとは思えないけど
[ 2019/03/16 12:25 ] [ 編集 ]
ドイツの悪いところは実力の落ちた選手に固執して優遇し、公平な競争をさせないところでしょう。今回ゲッツェを代表から外した所は良かったですけどね。
個の実力では劣っても、チームワークとフィジカル活かしたパワープレーができる所が利点なのに、無駄に一部の選手がテクニックを使ってパスワークを披露したところで、代表で仕上げるのは難しいです。かっこつけるのは強くなったらやればいいです。若手ならがむしゃらにやってくれるでしょう。
[ 2019/03/16 13:15 ] [ 編集 ]
確かに今のドイツ代表見ても個人技に長けたドリブラーってサネぐらいしか居ない
前線の選手にしてもオールラウンダー系の選手が多い印象
[ 2019/03/16 13:40 ] [ 編集 ]
香川もプレミアとブンデスの違いについて、プレミアの方が良い選手が多いけど戦術はブンデスが上。だと言ってましたね。まぁあれからクロップやらペップやらサッリやら沢山の有能監督がプレミアに行ったので、戦術もブンデスよりも上になってしまい今は、ブンデスには有能監督誰も居なくなってしまった…
そして何よりも香川自身がもう何年も前からブンデスを出たがっていた事、その理由が「もっと成長したいから」。つまり、ブンデスに居たら成長出来ないと感じでしまっていた、それは彼はだけでなくオバメアンやソクラテス、ギュンドアン…皆が感じでいたんだろうなぁと、監督問題は大きいでしょうね。残念です。
[ 2019/03/16 14:48 ] [ 編集 ]
ユベントスの育成部門の記事を以前読んだけど、ユベントスはドイツとは逆でテクニカルな選手を育てていると書いてあった。それが個人技のみを指すわけではないだろうけど、数年後大きな差になっていそうだ。
[ 2019/03/16 14:55 ] [ 編集 ]
W杯といいドイツサッカーの凋落は否めない
名将もスター選手も離れていって戻って来なそうだな
[ 2019/03/16 14:58 ] [ 編集 ]
ベテラン排斥しても、そういった若手でコンフェデ優勝しちゃったのが今後に影を落としてそうだけどね
尊敬されるベテランやリーダーが消えたし
ブンデスリーガだけじゃないけど、少し前はチームを代表する選手が居たが、今は全部吸い上げられてるからチーム間格差が酷くなってるね
[ 2019/03/16 17:33 ] [ 編集 ]
平均的な選手ばかり、本当にそう思います!
個性が無いんですよね、みんな小粒に育ってしまって…。
結局は2010年以来エジル、ミュラー程の強烈な個性印象を与えた選手出てこなかったですね
[ 2019/03/16 17:54 ] [ 編集 ]
ドルトムントがスパーズに負けたのは衝撃的だった
スパーズは昨夏、今冬共に補強してないし、補強をするにしても確か基本的に余りものばっか買っててあまりお金を使わないクラブなイメージあるから
まぁそれでも今リーグで3位だからある程度強さは保証されてはいるけれども
[ 2019/03/16 18:00 ] [ 編集 ]
>クラブで最高年俸はドイツ人でなければならないという縛りです。
そんな縛りは無いと思いますよ。オバメアンはロイス以上の年俸でしたから。(勿論チーム最高)
[ 2019/03/16 18:55 ] [ 編集 ]
ドルトムントを見れば解る通り前述も何もない。
リーグの上位チームですらこの有様ですから勝てなくなるのは折り込み済みだと思ったんですけどね。
よくドイツは戦術面重視と云われてますがバイエルンのみだと思いますよ。
あとは個任せのようなスタイルが多いんじゃないですかね。
ポゼッションで結果が出なくなったから個人技が重要みたいな事を言いますが、結果が出ていた頃は何て言ってましたかね。
世間とは勝手気ままですよね。
[ 2019/03/16 21:06 ] [ 編集 ]
"ワールドカップ2014以降居心地の良いところにいすぎた"---ほんと、優勝の余韻に浸っていた時期が長すぎました。

ブンデス1位、2位を争うドルトムントでさえ、優勝への渇望はあまりなかったし、ドイツ人優遇、正当な競争なしでは、チャレンジ精神旺盛な監督や選手は他リーグに移籍してしまいますよね。

ロシアワールドカップのドイツの惨状は運の悪さでもなく、なるべくしてなったって印象です。


[ 2019/03/16 23:06 ] [ 編集 ]
オバの年俸は文句言い続けて最後の最後でようやくって感じだっただろう
フロントにはそれに対して愚痴愚痴言われたし、レヴァも似たように不満の末昇給勝ち取って即バイエルンに移籍した
フロントのやり口は変わらんよ
昇給してやったのに移籍しやがったじゃなく、不満を強く口にする前に待遇を良くして移籍を防ぎ有力選手の流出を無くすってのがいつまでも出来ない
[ 2019/03/17 13:28 ] [ 編集 ]
プレミア選手の養成所みたいな印象ですわ
このままじゃサポーターに対していけないと思う
[ 2019/03/18 01:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。