ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》バイエルン、バートシュトゥーバーが再び負傷し4ヶ月の離脱!!【ビルト詳細】

バイエルンのセンターバックでドイツ代表のホリガー、バートシュトゥバーの負傷に関する最新記事になります。





バイエルンショック!!ホルガー・バートシュトゥーバーの負傷で。


バイエルンのスターは肉離れに気付かなかった


20150424222842375.jpg


彼はポルトを相手に重傷を追いながらプレーし続けた。



これは本当に、本当に、本当に、本当に痛い!!

ホルガー・バートシュトゥーバーがまたしても大怪我をした。ガラ(祭り)となった火曜日のポルト戦(6:1)で彼は左足の肉離れを起こしたのだ。太ももの前方を負傷したと見られている。

20150424222845449.jpg


このバイエルンのディフェンダー、スターは手術が必要なために数日以内にアメリカのヴァリにある、ドクター・リヒァルト・ステッドマンの診療所へ向かう予定だ。現時点でも彼が約4ヶ月離脱する事が確実だとされている。


バートシュトゥーバー:“もちろんがっかりしているよ。でもそれでもポジティブだしまた健康になって帰ってきたいね。”


20150424222845715.jpg


バートシュトゥーバーにまつわるドラマ;彼は2月14日のホッフェンハイム戦で154日ぶりに復帰を果たしたばかりだった。この時も左足太ももの手術をしていた。その前は2回の膝の負傷ためと3度の手術のために629日間も離脱していた。


スポンサーリンク


奇妙なことは:バートシュトゥーバーは重傷を負っていたにも関わらず何も気が付かなかったことだ。そしてこの代表選手はポルトを相手に90分以上プレーした。何も問題がないと思っていたようだ。ドーピング検査を終えて1時頃スタジアムを後にしたが、その時は幸せそうに、“なんとも素晴らしい感覚だね。幸せだよ!”と語っていた。


それだけにこの診断には打ちのめされる。ちなみにこの検査は、先日バイエルンを辞任したミュラー・ヴォールファールトの診療所で行われた。


トーマス・ミュラーは“すごいショックだよ。”とツイートしている。


代表監督のヨーギ・レーヴは“ホルガーはとても闘士にあふれており、モラルもある。僕は彼がまた健康になって帰ってくると信じているよ。”と慰めている。


201504242228475e5.jpg


バイエルンの会長であるカール・ハインツ・ルンメニゲは“彼は復帰するためにとても沢山励んでいたのに、今度はこれだ。”と語った。


バイエルンにとっては痛いニュースとなった。しかし何よりもホルガー・バートシュトゥーバー自身にとって最悪のニュースとなってしまった・・・。






以上です。


怪我するまではドイツ代表のセンターバックのファーストチョイスであったバートシュトゥーバー、ポルト戦では素晴らしいプレーを見せていただけに、なんとも残念なニュースですね。


ドイツ代表は今3バックを試していますから、将来的にはボアテン、バートシュトゥーバー、フンメルスになるのかなあ、豪華な顔ぶれだなあ、などと思っていたところでした。


ユーロまでには復活してまた代表で活躍する姿を見せて欲しいです。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/04/25 12:02 ] バイエルン | TB(-) | CM(1)
ミュラー医師がこれはヤバイな、というような重傷だと、コロラドのリチャード・ステッドマン医師が出てくる感じですね。
毀誉褒貶の激しい医師と言うことで、それはやはり重傷の患者の割合が高いからでしょう。
その昔パクチソンがステッドマン医師の手術を受けた時に、自分の足の賞味期限はあと3年と予告してました。
大事無ければ良いのですが。
[ 2015/04/25 14:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。