ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グアルティオラ監督!「挑戦を受け入れたがらなかった!」とドルトムント・サンチョを批判!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】


ペップ・グアルディオラ監督!サンチョ批判


“挑戦を受け入れたがらなかった”


pep44.jpg


ジェイドン・サンチョは今から2年前にドルトムントに移籍したが、今では彼がいない事など考えられない。しかしこの18歳はマンチェスター・シティでも同じような成長をすることができただろうか?ペップ・グアルディオラはそれには疑問を持っている。



スポンサーリンク



ジェイドン・サンチョは素晴らしいパフォーマンスでもってドルトムントの優勝争いに大きく貢献している。この18歳がマンチェスター・シティでも同様の活躍ができたかどうかに関しては、グアルディオラは疑問を抱いているようだ。グアルディオラ監督はサンチョがマンチェスター・シティのライバル争いから抜け出したかったのではないかと見ている。


“彼はこの挑戦を受け入れたがらなかった。”とグアルディオラはメディアの前で語っている。レロイ・ザネ―、スターリング、ベルナルド・シルヴァなど、シティのサイドは素晴らしい。サンチョはそのため2017年にボルシア・ドルトムントに移籍している。“彼はそう決断している。だからこれは完璧だよ。うまく行っているし、彼のパフォーマンスを祝福したいね。”とグアルディオラは最終的にはそう補足している。


サンチョはこれまで今シーズン9ゴール15アシストを記録しており、BVBではマルコ・ロイスの次に多く得点に絡んでいる。“彼は本当に信じられないような結果を残しているね。素晴らしいよ。でもシティでそのような結果が出ていたかはわからないね。”と元バイエルンの監督は語っている。


グアルディオラが若い才能を起用することは、フィル・フォーデンの例が示している。この中盤の選手は18歳だが、シティーで今シーズン23試合に出場している。いずれにせよスタメンは8度だけだ。“もちろん彼にはもっとプレーする事ができるだろうけど、その逆もあるね。彼が若いことを忘れてはならない。”とシティの監督は語っている。



サンチョはこれに対してBVBでは代えの利かないスタメンとなっている。




以上です。

まあ批判という程でもないように思いますが、ドイツ人というのは、こうしたちょっとした皮肉に非常に敏感ですからね。グアルディオラがサンチョはシティでの挑戦から逃げたともとれる発言をしたことで、このような形で広まっていました。

まあサンチョにしてみればこの活躍で市場価格も上がりましたし移籍して大正解でしょう。

[ 2019/03/16 18:57 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(16)
フィル・フォーデンが次にドルトムントに来たら良いのに…っと、先日のシティ戦見て思ってました。ドルトムントならスタメンレベルだけど、シティだとベンチ。
今はもっと試合に出て、学ぶ時期だからレンタルに出した方が彼のためかもしれないと、ペップが言っていたそうですよ。
だからサンチョは正解。シティ的にはレンタルにしたかったって感じですかね。
[ 2019/03/16 19:06 ] [ 編集 ]
 チャンスを与えられない環境なら挑戦しようがない。
[ 2019/03/16 19:25 ] [ 編集 ]
自分の手元からいなくなった選手の活躍、成長を喜べないのかね?
サンチョは試合に出て成長したいからそういう環境を自分で選んでそれが功を奏しているという事だと思う
競争から逃げたという見方はグアルディオラの立場から見た一面的な見方に過ぎないと思います。
[ 2019/03/16 19:27 ] [ 編集 ]
出場機会がありそうなBVBで正解だよ。芽が出たから、ペップもちょっと皮肉を言いたかっただけだろうね。どうせなら私が輩出した選手と言いたいだろうから。笑
[ 2019/03/16 19:42 ] [ 編集 ]
まぁそりゃそうでしょ レベル差を考えれば
[ 2019/03/16 20:30 ] [ 編集 ]
プレミアのチームは選手を抱えすぎてバチュアイ見たいに放浪させられるからな
サンチョの選択は正解だろう
ただ使われすぎ感は強いが
[ 2019/03/16 20:51 ] [ 編集 ]
自分擁護に抜かりないですね。
選手は監督にとって駒かも知れませんが歩がト金になるように若い選手の資質を見抜いて育むことも命題ですよね。
単にグアルディオラには見抜けなかっただけだと思いますよね。
この辺りが監督としては優秀だがと云われる所以なんじゃないでしょうか。
[ 2019/03/16 21:24 ] [ 編集 ]
まあシティでは出場できなかったでしょうね
[ 2019/03/16 23:30 ] [ 編集 ]
仮に逃げたんだとしても全然問題ないと思うけど?
選手生活なんて短いんだから後悔のないように自分で決めるべき
それに今の所移籍して大成功だし
[ 2019/03/16 23:30 ] [ 編集 ]
お前(グアルディオラ)には起用されないだろうと見切りつけただけだろ
若いんだから出場機会求めて移籍するのは当然
それを逃げって言うのは違うと思うが
[ 2019/03/17 01:15 ] [ 編集 ]
ペップにすら噛み付いてたウケますね
サンチョが伸びるかはこれから次第
ブンデスですらまだ1シーズンだけだし
他で即通用するとも思えない
それはミキやギュン見てても分かるでしょ
ブンデスファンは他リーグクラブ監督選手に噛み付く割に自国の質を分かってなさすぎだと思うね
[ 2019/03/17 01:33 ] [ 編集 ]
彼はこの挑戦を受け入れたがらなかった。”
“彼はそう決断している。だからこれは完璧だよ。うまく行っているし、彼のパフォーマンスを祝福したいね。”
“彼は本当に信じられないような結果を残しているね。素晴らしいよ。でもシティでそのような結果が出ていたかはわからないね。”

これらのグアルディオラの発言からサンチョに対する批判と見たり彼の活躍を喜んでないかと考える人もいるんだね。俺はグアルディオラは事実の事を普通に言っているだけだと思う。
[ 2019/03/17 03:05 ] [ 編集 ]
戦力差を考えたら仕方ないでしょうね
最近だとリーグのチェルシー戦とシャルケ戦の2ndレグを見ましたがあんなの勝てる気しないですし
[ 2019/03/17 04:13 ] [ 編集 ]
私に言わせれば、グアルディオラの方が安パイばかりを選択していると思いますよ。彼がいたころのバイエルンなら、リーグ優勝当たり前でしたね。それでもCL優勝できなかった。シティなんか、彼が来る前でもアグエロ、シルバ、デ・ブライネ、スターリングなどがいて数回リーグ優勝していて、その上、彼は補強で各ポジションに2人のレギュラー級を揃えるといった贅沢をしています。まさに安パイの監督歴というわけです。サンチョはそれに比べ立派ですよ。英国選手が海外で成功する例は少ないですから、海外挑戦という冒険に成功したのは素晴らしいとしかいいようがありません。
[ 2019/03/17 12:29 ] [ 編集 ]
監督がチームを選択するのに安パイというのはあるのか疑問ですね。
素晴らしい選手が在籍しリーグ優勝経験のあるチームでさらに補強も出来た、しかし上手くいかなかったチームは結構ありますよ。
サンチョを褒めるのは良いと思いますが、わざわざ監督を下げる必要はないでしょう。
[ 2019/03/18 01:21 ] [ 編集 ]
サンチョはどこに出しても通用するレベルだと思うけどね
もちろん実際に移籍したら適応期間は必要だと思う。
だけど今のサンチョのプレーレベルは他のリーグに移ったからといって落ちることはないよ
CLでもサンチョは健在だったし何より年不相応のインテリジェンスもある
この年齢にして1つの武器に頼らず、それらを適切に活かしてゴール、アシストまで持っていける、これはすごい事でインテリジェンスの証明でもある。
どこにいっても必ず適応してどのリーグでも同じようなプレーをできる選手だと思う。
これは個人的見解だから異論もあるだろうし、これからどんな成長をするかはわからないから保証は誰にも出来ないけど、それでも多くのクラブが大金を用意してでも取りにくるほどの価値があることはすでに証明されてる。
[ 2019/03/19 02:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。