ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!エジル!トルコ・エルドガン大統領と新たに会談し、結婚式に招待!《ドイツの反応》

【ビルト】


トルコメディアが空港での会談を報じる!


エルドガン、エジルの結婚式に招待される!



oyil.jpg


昨年、メスート・エジルとトルコ大統領のエルドガンが会談したが、それがエジルの代表引退の始まりとなっていた。


そしてまたしても会談だ。そして今回エルドガンに贈られたのはユニフォームだけではない。


トルコの複数のメディアが報じたところによると、エジルは夏に予定されている結婚式にエルドガンを招待したようだ。この政治家はパーティーの特別ゲストとなるようだ。


スポンサーリンク



“Hurriyet”が報じたところによると、エジルと婚約者のアミネは金曜日にイスタンブールの空港の国家ターミナルでエルドガンと会談したようだ。その写真も公開されている。


この会談の最後にエジルはエルドガンを自身の結婚式に招待したようだ。それどころか、エルドガンは自ら結婚の証人になるように申し出たようだ。


独裁のエルドガンが元ドイツ代表の結婚の証人になる。これはエルドガンとエジルの次なるスキャンダルの予感が・・。


2018年の5月。ワールドカップの直前にエジルはロンドンでエルドガンにユニフォームを捧げている。イルカイ・ギュンドガンが同席したこの会談の写真がエルドガンの政党のプロパガンダとして使用されている。


エジルはそれ以降公の場でこれに関しては無言を貫いたために、批判が大きくなり、ついにはファンからもブーイングを浴びる事態となっていた。7月8日にワールドカップで敗退した後、ドイツサッカー協会会長のラインハルト・グリンデルは、エジルに説明を求めていたが、その説明はその2週間後に行われた。


7月22日にエジルはソーシャルメディアにおいて、ドイツ代表から引退することを発表している。そして彼はドイツサッカー協会を批判する長い声明文を出している。その中でエジルは“非常に難しかったが、長い間考えた末、差別や敬意のなさを感じている間はもう国際舞台でドイツのためにプレーする事はない、という決断に至った。”と語っている。


彼は当時エルドガンとの会談に関しては、“エルドガン大統領との会談の写真は政治や選挙とは関係なく、私の家族の祖国の政治家に敬意を示すものだ。”と発言していた。


彼のこの独裁政治家に対する尊敬は、自身の結婚式で証人を務めさるほど大きなもののようだ・・・。




以上です。


エジルとエルドガンがまた会談したようですね。まあさすがにワールドカップ前に結婚式に招待するような気持があったかどうかまでは分かりませんが、それに似たような気持ちを抱いたままドイツ代表でプレーしていたかと思うと、これに腹を立てるドイツ人は多そうですね。


エルドガンはドイツに住むトルコ人(ドイツ選挙権あり)に対して、ドイツの選挙の際に、主要政党に投票しないように呼びかけるなど、内政干渉をしており、ドイツとの関係は非常に悪いです。








[ 2019/03/16 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(16)
ドイツ人から見たエルドアン大統領は、日本人から見た某北の国の委員長のようなものなのでしょうか
トルコは親日国として有名ですし、地理的に離れているから影の部分が見えにくいのもあって、日本だと独裁国家的な認識は希薄ですが
[ 2019/03/16 21:54 ] [ 編集 ]
そういうとこやぞ。
[ 2019/03/16 22:59 ] [ 編集 ]
 まるでドイツ国民を挑発するかのようだ。彼が何をしたいのか分からないが、本人も理解できてないのかもしれない。
[ 2019/03/16 23:00 ] [ 編集 ]
スポーツ選手は政治とは距離を置くべき
世界的に有名人で影響力があるから行動には責任を持たないもいけない
本人は否定してても実際には十分利用されている
ワールドカップ前のこととか批判されるのは当たり前で自業自得
名前は忘れたけど、一人の選手は断ってたから拒否することもできたはず
その後の代表チームが彼に対して云々はまた別問題だと思う
今までも色々差別とか傷付くことをあっただろうしそれは同情する
でも彼はドイツ代表を選んでドイツ人としてサッカーをしていたのだから、ドイツに対して内政干渉をしているような人物と会えばドイツ人がどう思うかを考えるべきだった
自分だって結局はドイツを蔑ろにするような行動をとっているのに自分は被害者だと言い続ける
自分のことしか考えてないよう思う
もうトルコ国籍だけにしてトルコ人として生きていけばいいんじゃないかな
[ 2019/03/16 23:20 ] [ 編集 ]
現役中に特定の政党と結びつくような行為をする選手は判断力のなさで正直見下しているのですが、さらに他国の政治家となるとどうなんでしょうね。政治家を利用しているつもりで利用されてるだけなんですが、後になってわかってなかった、とか通用しないでしょうがそれでもエジルは幸せなんでしょうね


[ 2019/03/16 23:22 ] [ 編集 ]
がっかりしたな正直
スボティッチの爪の垢を飲ませてやりたくなるような豪邸に住んでる時点で期待はしていませんでしたけどね
[ 2019/03/17 01:21 ] [ 編集 ]
ここまで来ると流石に笑って流すが出来ないわな
そもそもエジルがここまで拗れたのは何が原因なんだよ
[ 2019/03/17 01:53 ] [ 編集 ]
気になるのは、元々のドイツ人の不満が爆発したときですね、まだかなり先の話だと思いますが、
この流れが今の所緩まるようにも見えません。

今後もトルコ側は移民をどんどん政治的に利用してくると思いますので、
最終的に民族紛争にならないことを祈ります。

いくらなんでもここ数年では起きないと思いますが・・・
[ 2019/03/17 02:23 ] [ 編集 ]
他国の大統領を私の大統領と呼ぶ選手たちを
ドイツ人の人たちは自分たちを代表しているとは思えないでしょう。

もともとドイツ人とトルコ系の移民はお互いを他者と認識して統合していませんでしたし
ドイツ社会の分裂がひどくなりそうですね。
[ 2019/03/17 02:25 ] [ 編集 ]
まあエジル自身についてはどうでも良いが、代表引退してるんだからドイツ人もほっときゃ良いのにとは思うね、スポーツを政治利用してる奴を取り上げてる側もまた然りで、はっきり言ってどっちもどっちだろ
[ 2019/03/17 05:22 ] [ 編集 ]
もう代表じゃないのなら別に問題ないでしょう、そもそもドイツがエジルに対してろくにフォローもしないからこうなるんじゃ?
見下してるとかいう人もいるが正直何様なのかと、何も成し遂げてない人間が成し遂げた人間に言うセリフではない
[ 2019/03/17 07:32 ] [ 編集 ]
エジルはサッカー選手としてドイツ代表を選んだだけで、心はトルコ人のままでしょう
祖国の独裁者と会談するのが悪い事とは全く思っていないのでは?
[ 2019/03/17 11:39 ] [ 編集 ]
代表引退したから関係ないという人もいるけど
何かの行き違いと思いたかったドイツ人にはショックだったんじゃないのかな
[ 2019/03/17 21:09 ] [ 編集 ]
行き違いも何も管理人も毎回いちいちエルドガンへの注釈入れてるし、エジルに対しては始めからタコ殴りだったじゃん
多様性とか寛容性とか言うけど、多重国籍者や外国人に参政権を与えちゃダメだってこったな
まーエジルの件を見るに、EU内にいがみ合う国が生まれた際、その理念ってのは儚いものになりそうだなって感じ
[ 2019/03/18 03:51 ] [ 編集 ]
経済的、その他の理由でドイツに移民して、でも自分達のルーツは忘れたくないというのは分かる。だったら、ドイツではなくトルコ代表を選べばいい。簡単な話。なぜドイツ代表を選んだのか。シャヒンは当時ドイツでもスーパースターで充分ドイツ代表に入れる実力があったけどトルコを選んでる。ドイツを選んだからにはこういう批判を受けることも覚悟しなくては。外野からやんや言われ、プライドあるから引くに引けない感じでかえって行動が大胆になった気がする。擁護してたチームメートも、ここまでくるとちょっと引くって感じじゃないかな。硬化せず正直な気持ちを上手に吐露すればいいのに。
[ 2019/03/18 14:48 ] [ 編集 ]
こんなことまでしてドイツ国籍にこだわる理由はなんなの? スッパリトルコ国籍に変えれば批判は収まるよ。あまりドイツ人を怒らせない方がいいと思うけどね。
[ 2019/03/19 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。