ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ロイスのアディショナルタイム・ゴールでヘルタに逆転勝ち!《ドイツの反応》

【ビルト】


アディショナルタイムに決勝点!

ロイスが優勝の夢を守る!

reus32.jpg


オリンピア・シュタディオンでクレイジーなフィナーレが!!アディショナルタイム2分にマルコ・ロイスが決勝点を挙げたのだ。逆転だ。そして優勝の夢が続く!


しかしそうなるまで長い間彼らは相手を追いかけなければならなかった。なぜならブンデスリーガにはドルトムント戦で力を発揮する選手がいるからだ。


スポンサーリンク



その名もヘルタのストライカー、サロモン・カルーだ。


カルーは2:2の引きわけに終わった前半戦と同様に、この日も2ゴールを挙げている。彼がドルトムントの優勝を奪う事にならなかったのはロイスのおかげだ。


これによってファヴレのチームはまた首位になり、バイエルンにプレッシャーを与えている。バイエルンは首位になるためにマインツ戦で勝利が必要となっている。スタンドではヨーギ・レーヴ、そしてユルゲン・クリンスマン、そしてベルティ・フォークツがこの試合を見ていた。


フォークツは試合前に、“優勝争いにおいて、ドルトムントの芯が少しなくなってしまったように感じるね。彼らの前半戦は素晴らしかっただけに残念だよ。今はすこし軽やかさが無くなっているね。バイエルンの優勝を阻止するのは難しいと思うね。”と語っている。



ボルシアはこの日、ゲッツェ、アルカセル、ヴィッツェル、ピスチェク、そしてフィリップを負傷で欠いていた。この日はヘルタのダルダイ監督の43歳の誕生日でもあり、ヘルタは開始直後から力強いプレーを見せる。



▶開始4分にミッテルシュテートが放ったシュートをビュルキはキャッチできなかった。そのボールをカルーがゴールに押し込んでヘルタの先制だ。


しかしBVBもすぐにこれに追いつく。


開始14分にはラザロのパスミスからディレイニーがヘルタゴールまで行進し、17メートルの距離からシュートを放ったのだ。レキクがこのボールに触った事でシュートコースが変わり、キーパーには止めることが不可能となっている。これは公式にはオウンゴールにはならなかったが、ベルリンにとっては実質3度目のオウンゴールだ。ダルダイはこれについて、“我々はもしかしたら教会に行くべきかもしれない。このような失点は信じられないね。”と語っている。



しかし今度はBVBがゴールをプレゼントだ。ヴァイグルがドゥダのシュートを手で止めてしまったのだ。手は体の前にあり、自分を守るものであったが、PKとなってしまっている。


これをカルーが決めて2:1だ。前半戦と同様にドッペルパック達成だ。これは彼のシーズン5ゴール目だが、その内4ゴールはドルトムント戦で決めたものとなっている。


後半に入ってからはドルトムントも攻めだす。2本のシュートがゴールの外側のネットを揺らし、47分にはサンチョのコーナーからザガドゥーがヘディングシュートを決めたのだ。



両チームとも攻撃に重点を置いていたが、ベルリンはPKがもらえないという不運もあった。



試合終盤はクレイジーな展開となっている。BVBは試合をひっくり返すチャンスを決めきれず、トルナリガはイエローカード2枚で退場となっている。


そしてアディショナルタイムにサンチョが低いパスをペナルティー内に送ると、それをロイスが直接決めて逆転に成功している。


それにフラストレーションを溜めたイビゼヴィチはビュルキの頭めがけてボールを投げたためにレッドカードで退場となっている。これが5度目の一発退場となっており、ブンデスリーガ記録更新だ。



ib.jpg





以上です。

勝てなそうな展開でしたが、なんとか優勝争いから落ちなくて済みましたね。苦手なヘルタに勝てたのは大きいですね。これで少し前半戦の勢いを取り戻してくれることを期待したいところです。それにしてもイビゼヴィッチはひどいですね・・・。





[ 2019/03/17 09:15 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(8)
香川のバースデイインスタにロイスからメッセージが入り、それに香川がゴールを祝う返信をしてますね。
[ 2019/03/17 09:57 ] [ 編集 ]
前半戦ならこういった試合で勝ち切れる強さがあると言えましたが、今では危なっかしいという表現が適切になってきた気がします
[ 2019/03/17 10:59 ] [ 編集 ]
4-1-4-1でデラネイ、ダフード並べて底にヴァイグルだと思ったらこれですわ
ヴァイグルのPK判定はちょっと酷いような気がする
シュメがベンチでカード貰った見たいだけどビュルキにボール投げつけられた事に関してなんかね
[ 2019/03/17 12:31 ] [ 編集 ]
あとは直接対決とBMG戦が鬼門だね
まあその前に変なとこで負けそうなのが今のドルトムントだけど
[ 2019/03/17 13:24 ] [ 編集 ]
 ロイス神がいればなんとかなる。シーズン終了までガラスの足が割れない事を願うのみ。
[ 2019/03/17 14:26 ] [ 編集 ]
前スレで書いた通り、またまたカルーに暴れられたけど、ハチャメチャなゲームだったな。
両チームとも決勝点以外の失点はミスといっていい。特に、ドルの最初の失点は、ゴール前に誰もカバーリング行かん。センターバック2人ともボールウォチャーしてカルーに裏取られた。ちょっとお粗末だったね。
サンチョが1人で頑張ったよ。コーナーとロイスにアウトで合わせたとこはどちらもピンポイントだった。いい目してるよな。
[ 2019/03/18 01:08 ] [ 編集 ]
前半戦勢いがあったときから正直不安でした。後半戦は予想通り失速しましたがまだ優勝争いの中にいるので今シーズンこそは優勝して欲しいです。トップ下はサイドよりマークがキツくなり削られ易いのでロイスが壊されないか冷や冷やです…。
[ 2019/03/18 09:55 ] [ 編集 ]
ロイスがいてもサンチョがいなくなったら終わり、逆もまた然り
パコゲッツェは低調なパフォに一旦戻るだろうし、あと二、三試合が鍵だな
[ 2019/03/18 11:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。