ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル!ソラーリの下でほぼ戦力外だったイスコ!ジダンのカムバックについてコメント!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

レアルの希望の星?


ソラーリの下でほぼ戦力外!
イスコ、ジダンのカムバックについて語る。


isco3.jpg


レアル・マドリッドにおいて、彼ほどジダンの復帰を喜んだ人はいないだろう。前任のサンティアゴ・ソラーリの下でこの26歳は32試合中、たった16試合しかプレーしておらず、それもほとんどが途中からの出場だった。そして彼は時にはスタンドから試合を観戦することになっていた。


スポンサーリンク



しかしジダンの最初の時代において、この中盤の選手はチームの重要な選手の一人だったのだ。彼がジダンの復帰を喜ぶのも無理はない。


“僕たちはみんな彼がどんな監督で、どんな選手だったか分かっている。彼の復帰は非常に良いニュースだね。彼はレアル・マドリッドを愛しており、今回監督を引き受けた事でそれを証明しているね。”とイスコは語っている。ジダンは2016年から2018年までレアルで監督を務めチャンピオンズリーグ3連覇を達成している。



このフランス人の下でイスコは再びチャンスを得るとみられている。“みんなを評価しているが、イスコもその一人だ。”とジダンはすでに語っており、彼はその言葉を実行に移している。セルタ・ビーゴとの試合でレアルは2:0で勝利しているが、得点を挙げたのがイスコとベイルだ。


ポカールとチャンピオンズリーグで敗退したレアルにとって、今シーズンはこれ以上悪くならないようにすることが目標だ。現在レアルはリーガで3位に位置している。



イスコは新監督の下で昨シーズンまでの成功を続けたいと思っている。“期待はすごく高いね。僕たちはすべてのタイトル獲得に向けて戦わなければならない。今シーズンはすでに最高のシーズンではないけれど、クラブの歴史に相応しい位置に行けるようにすでに取り組みだしたところだ。”とイスコは語っている。彼は金曜日に発表されたスペイン代表には選ばれなかった。


“リーガでは残りすべての試合で勝てるようにトライするつもりだ。優勝は難しいけれど、できるだけ多くのポイントを獲得するように挑戦するよ。改革はもう始まっているんだ。”とイスコは続けている。




以上です。


イスコは前監督の下では不満を口にしていましたが、ジダンの復帰を非常に喜んでいるようですね。ジダンの最初の試合でいきなり得点するあたりは、ジダンもイスコも両方とも持っているなあと感じさせますね。


来シーズンに向けてジダンがレアルをどれだけ強くできるか楽しみですね。



[ 2019/03/17 21:04 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
Cロナが移籍したので居ないし、ベイルとイスコを中心で組むのが現実的だしね
その二人を入れて、二人ともゴールを決めて勝利でスタート出来たのは良かった
しかしイスコの置かれてた状況が香川より非常にマシに見えるのが、ドルトムントがどれだけ異常だったってのかが良く判る
[ 2019/03/17 22:08 ] [ 編集 ]
ジダンが復帰したとはいえ、優勝するには絶対的な点取り屋とボールロストしないバイタルの職人が必要。
ジダンは人事面でかなり権限もらったみたいだけど誰を呼んでくるんだろうな?
[ 2019/03/18 04:37 ] [ 編集 ]
ジダン戻ったら美味い安い早いの香川もワンチャンあるかなーなんて夢見たが現実とは非常なもんだ、良かったなイスコ
あとは中盤安定のためにカンテとクリロナの穴埋めチームの顔になれそうなサラームバッペ辺りが獲得候補だろうね
[ 2019/03/18 11:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。