ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSG!ムバッペとディ・マリアがPKをめぐって争い!トゥヘルは基本的に選手任せ!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マルセイユ戦で

ムバッペ対ディ・マリア!

PSGでPKをめぐって新たな騒動!

tuchel21.jpg



PSGはフランスでの首位の座をより確実なものとしている。トーマス・トゥヘルのチームはマルセイユに3:1と勝利したことで2位のリーユに20ポイント差をつけているのだ。



スポンサーリンク



この試合ではキリヤン・ムバッペが45+2分に先制点をあげているが、46分にヴァレール・ジェルマンに同点ゴールを決められている。56分と66分にはディ・マリアが得点をあげ、PSGの勝利が決まっている。


このアルゼンチン人は、アディショナルタイムにもう一度得点するチャンスがあったが、ムバッペがディ・マリアとの議論の末にPKを蹴っている。皮肉なことに、ムバッペはこのPKをマルセイユのキーパー、ペレに止められている。



PSGとPKと言えば、すでにネイマールとカヴァーニが一度争っている。


トーマス・トゥヘルはそれでも、PKは今後も選手任せとしたいようだ。それについて、“選手と一緒に解決策を見つけることができると思っている。”と語っている。試合前にPK選手を決めるのは彼のやり方ではないようだ。“(決めたら決めたで)不満が出てくるからね。”とトゥヘルは語っているが、実際、ネイマールとカヴァーニの争いも今では収まっている。


ムバッペとディ・マリアのこの件に関しては、“これは普通の事だよ。彼らが自分たちで決めるべきことだね。彼らは今ドーピング検査中だけど、それについて議論する時間があるよ。その後はもうこの件は忘れられているよ。”と語っている。






以上です。



PKもそうですが、トゥヘルは細かい部分もあるようで、選手任せの部分も結構ありますよね。トゥヘルに関してはこの辺が結構おもしろいなあと思ってみています。


[ 2019/03/18 20:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
ディマリア選手がハットトリックできそうだったからなんでしょうかPKで揉めるとか珍しいですね。ムバッペは…。ハァ(笑)
[ 2019/03/18 21:03 ] [ 編集 ]
 誰かに決めなくても、希望者が複数いたらキャプテンが指名とかジャンケンするとか、何かしら決める方法を監督が示しておくほうがいいと私は思いますけどね。
[ 2019/03/18 22:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。