ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バイエルン戦でロイスとヴィッツェルが欠場の可能性!!《ドイツの反応》

【Sport.de】

BVB!!バイエルン戦でロイスとヴィッツェルが欠場の可能性!



reus12.jpg


ボルシア・ドルトムントは4月6日にFCバイエルンと対戦するが、アクセル・ヴィッツェルとマルコ・ロイスが欠場する可能性がある。


ヴィツェルは現在内転筋に問題を抱えており、同じような怪我でマルコ・ロイスは約3週間半離脱する事態となっていた。そのためバイエルン戦での復帰はぎりぎりとみられている。





スポンサーリンク



一方ビルトが報じたところによると、ロイスとガールフレンドのスカーレット・ガルトマンとの子供の出産予定日が約2週間後となっているようだ。そしてこれはまさにミュンヘン戦と重なっているとのことである。ロイスはバイエルンに行かずに出産に立ち会うだろうか?

ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長はこの件に関しては楽観的に、“もちろん出産は大ごとだね。でも子供が生まれるというのは幸福感とアドレナリンをもたらしてくれるだろう。これがマルコをさらに力付けてくれると思うよ。”と語っている。


BVB、ゲッツェ、アルカセル、ピスチェクの早期復帰に期待!


ゲッツェ、アルカセル、ピスチェクはまもなく復帰するとみられている。ゲッツェはろっ骨を骨折したためにヘルタ戦を欠場していた。


ファヴレとプロ部門部長のケ―ルはこの件に関しては楽観的で、代表ウィーク明けのヴォルフスブルク戦でゲッツェが復帰できるとみているようだ。骨折したろっ骨に関しては特別なガードを装着すれば大丈夫なようだ。



さらに筋肉を傷めてヘルタ戦を欠場したアルカセルも診断の結果早期復帰が予想されるようだ。ファヴレは、“彼がヴォルフスブルク戦で復帰することを願っている。”と語っている。



ピスチェクは足を負傷し6週間離脱しているが、今週からトレーニングに復帰している。しかしこれまでの遅れを取り戻す必要があるため3月中に復帰するのは厳しいとみられている。






以上です。


出産予定日とバイエルン戦が重なっているとのことで、ロイスがプレーしないのではないかと噂になっていますね。ドイツでは出産に関しては旦那も24時間休みを取る権利がありますので、重なった場合はロイスの決断次第となりますね。仮に次の試合でどちらかが負けたとしても3ポイント差しか開きませんから、4月6日は久々に文字通りの頂上決戦が見られそうですね。






[ 2019/03/19 19:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
今のドルトムントは、守備がかなりダメだからロイスがいてもいなくても、つか攻撃陣が戻ってきてもあまりかわらない。
高いプレーヤーを簡単にフリーにするしサイドバックは2人とも本職ではないからスペース開けてしまう。
点の取り合いするしかないけど、点取り屋がいないから攻撃も決め手が薄いな。
[ 2019/03/20 00:12 ] [ 編集 ]
ヴィツェルが居なくても試合結果にはなんら影響しないってのは判ったけど、ロイスが居ないのはダメだろう
[ 2019/03/20 00:29 ] [ 編集 ]
03/20 00:12
いやいやロイスだってスペース埋める潰すくらいの守備は他より出来るでしょ、まして彼くらいのネームバリューがいればDF数枚つけざるを得ないし、そうなれば相手の攻撃力は自動的に下がるようなもん、単にヴィツェルデレイニー以下守備陣の鍍金が剥がれてきたとも言えるが、ロイスいない時の失点率も無視は出来ないよ、まあこんなこと書いても当のロイスは居ないし代わりもみんな追い出したから無駄なんだけどね
[ 2019/03/20 09:32 ] [ 編集 ]
ヘルタ戦はヴィツェルいないのだいぶ響いてただろ
[ 2019/03/22 17:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。