ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!マテウス!ドイツ代表監督を激しく批判!《ドイツの反応》

【Sportzuzzer】


mattaus.jpg


マテウス!ドイツ代表監督レーヴを激しく批判!


“非常に難しい状況にしてしまった”


ローター・マテウスがドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴを激しく批判している。フンメルス、ミュラー、ボアテンをドイツ代表から除外したことがその原因だ。彼によると、発表の時期もやり方も受け入れがたい物のようで、さらに不公平で相応しいものではなかったとのことだ。


スポンサーリンク



3人のワールドカップ優勝者であるフンメルス、ボアテン、ミュラーがドイツ代表から除外されたことは2週間たった今でも大きな話題となっている。


ドイツ代表プレー記録保持者のローター・マテウスはスカイのコラムにおいてレーヴ監督を新たに批判している。彼はレーヴがこの件を発表した直後にも、チャンピオンズリーグ、リヴァプール戦前の発表の“時期がふさわしくない”と発言していたが、今回はさらにはっきりとした批判を口にしている。


レーヴは今回の措置は、選手を追放するものではなく、あくまでユーロ2020年大会において彼らを計画に入れていないという事を記者会見で語っていた。



しかしマテウスにとってはまったく理解不能だ。“レーヴはユーロ予選を彼ら抜きで戦うつもりのようだ。ではその後はどうなる?彼は自分が代表監督を務めている間は、この3人が代表でプレーすることはないと言うべきだったね。このほうがはっきりしていて分かりやすいよ“と1990年のワールドカップ優勝者は語っている。




“私にとってはこれは非常に受け入れがたいし、不公平で相応しくないね。”とマテウスは続けている。さらに彼は、“世代交代や新たな始まりが、大きな大会やその予選の前に行われた事なんて記憶にないね。たいていはそれらが終わってから行われるものだ”と続けている。



一方マテウスは、フンメルス、ミュラー、ボアテンがスポーツ面の理由で選ばれない事に関しては“理解できる”としている。なぜなら彼ら3人の代わりに若く野心的な選手を起用することができるからだ。しかし“発表した時期、世代後代に関するコミュニケーションは完全に失敗している。”とマテウスは語っている。彼によると、ワールドカップのロシア大会で敗れた直後が世代交代に最もふさわしかったとのことだ。



“ワールドカップの直後に、感謝の気持ちをもって、代表との別れを伝えられたら、どの選手でも理解してくれたのではないかと思うね。”とマテウスは語っている。






以上です。


もうすぐ代表戦がありますので、この話題は収まるどころかさらに盛り上がっていますね。今回の予選でドイツ代表が結果を出せなければレーヴ監督は更なる批判にさらされる事は間違いないでしょう。


結局ワールドカップの後でもしばらくうまくいかなかった事でようやく世代交代するしかない、みたいな流れですので、ドイツ代表はかなりグダグダになっていますね。


マテウスが主張する通り、ワールドカップ後に監督を変えるの、もしくは世代交代をする始めるのが一番すっきりしているでしょうが、ドイツサッカー協会はそのチャンスをすっかり逃してしまいました。



最近ではフンメルスたちにお別れ試合を企画する、みたいな噂もありますが、監督が代わればドイツ代表復帰の可能性もあるわけで、選手としても引退試合をすんなり受け入れるわけにもいかないような気がします。




[ 2019/03/20 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
監督交代ったって、新しい監督だってこのタイミングで代わるのは嫌でしょうよ、敗けを許さない態度というのはいただけませんね。クラブじゃないんですから時間もない中でまとめるのは大変ですよ。もう少し寛容さが必要ですね。
[ 2019/03/20 10:06 ] [ 編集 ]
お別れ試合の企画とか本当ならシニカルですね
[ 2019/03/20 11:58 ] [ 編集 ]
03/20 10:06
代表だから負けを許さないんでしょ?
試合数は少なくかつ大きい大会は基本2つ程度、勝てるメンツがいて負けたのだからそら批判されるでしょう
[ 2019/03/20 18:01 ] [ 編集 ]
03/20 10:06
寛容だからここまで先延ばしにしたんだけどね、寧ろロシア前に切るべきだったのにさ
フンメルス等の選手に対しては冷たいくせに監督には甘々なのがサポーターの悪いくせだと思うわ
[ 2019/03/21 13:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。