ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル・ジダン監督!クロップ・リヴァプールの選手獲得に動く!!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


レアルから新たな攻撃!

ジダン!クロップのスター獲得に動く!



zidan.jpg


ユルゲン・クロップはスター選手を失ってしまうだろうか?



フランスのサッカー専門紙、“フランス・フットボール”が報じたところによると、ジダンが復帰したレアル・マドリッドは、再びリヴァプールのサディオ・マネの獲得に動くようだ。同紙が伝えたところによると、レアルとマネはすでに昨シーズンの移籍で合意に至っていたとのことだが、ジダンがマドリッドを辞任したことで交渉が破談になったようである

スポンサーリンク



このセネガル人は今シーズン素晴らしい状態だ。この26歳はこれまで公式戦38試合で20ゴールを挙げており、チャンピオンズリーグのバイエルン戦ではドッペルパックを達成している。



しかしクロップが彼の選手を流出させる可能性は低い。クロップは先週、選手の流出の可能性を否定している。さらにマネは2018年の11月に契約を2023年まで延長したばかりだ。彼の現在の市場価格は8500万ユーロとなっている。


一方、レアルでプレーするワールドカップ優勝者が移籍間近となっている。“レキップ”が伝えたところによると、ラファエル・ヴァランが移籍を考えているとのことである。この25歳のセンターバックは2016年にも移籍を考えていたが、その当時は残留を選択している。彼の契約は2022年までとなっている。



しかしヴァランを獲得したければ、大金を用意しなければならない。なぜなら彼の契約解除金は2億ユーロに設定されているからだ。ヴァランの移籍はレアルにとっては痛手となるが、大金を獲得することは間違いない。






以上です。


再びマネのレアル移籍が噂になってきましたが、ついこの間契約を延長したばかりですから、さすがに次の夏に移籍する可能性はなさそうですね。レアルはジダンが監督に復帰した事で、すでに来シーズンに向けて積極的に補強に動いているようですが、選手の獲得において監督の名前というのは非常に重要ですね。




[ 2019/03/20 10:36 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
レアル移籍よりリバプールでタイトルとる方が偉業だと思うから行かないでほしいな
[ 2019/03/20 10:57 ] [ 編集 ]
ジタン的にはOKだろうけど会長的にはNO
thank youだろ。
誰だか忘れたけど、マドリーのプレーヤーがいうには、会長さんは黒人は嫌いじゃないけど好きになることも絶対ないんだと。
まぁ、オーバもネイマールもムバッペも取ろうと思えば取れたはずなのに取らんかったしな。
[ 2019/03/20 11:25 ] [ 編集 ]
自分たちで伝説を紡ぎ上げていくのか、他人の栄光と拝金主義に背乗りするのかと問われたら今時の選手は後者が多いですしね
[ 2019/03/20 11:52 ] [ 編集 ]
2019/03/20 11:25
それ聞いた事有りますね。そして顔(イケメン)が大切だとも。特にFWの様な華のポジションはイケメンでヨーロピアンが必須だとも。だからディ・マリア出されたと、本人談。まぁ真偽はともかく、ユニ売上はその方が良いだろうな。
[ 2019/03/20 19:05 ] [ 編集 ]
03/20 11:25
まあ好んではないだろうが黒人と言えるかはさて置きマルセロとかぺぺがいたくらいだからムバッペはこれから狙うと思うけどね、特にクリロナメッシに次ぐ世代のバロンドール候補筆頭だし

というか偉業云々の人たちは確かにクロップは素晴らしいしレアルでCL取るよりリバポで成した方が価値あることは同意するが、同じくらいジダンの元でやれることも選手として成長できるし栄誉あることでしょ、一概にどちらがプラスかは断言できないよ
[ 2019/03/21 13:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。