ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表キーパー!“テア・ステーガンの方が優れている!”どうなるドイツ正GK?《ドイツの反応》

【ビルト】


元ドイツ代表キーパー、ゴールキーパー議論に参戦!

“テア・ステーガンの方が優れている!”


neuer78.jpg



スポーツビルトが6人の元ドイツ代表キーパーに、マニュエル・ノイアーとマーク・アンドレ・テア・ステーガンの対決について意見を聞いている。


その結果:バイエルンキーパーへの信頼は少なくなってきている。



イェンス・レーマン:代表61試合 2006年ワールドカップ3位


“新たな始まりを強調するのであれば、すべてのポジションで競争が行われるべきだ。ゴールキーパーのポジションでもね。2006年のワールドカップで私とカーンの間で起こった事のように。このようなライバル争いはすべての選手にとって良いことだよ。現在ではノイアーの方が有利だけれど、彼はもっと良くならなければならないね。テア・ステーガンはノイアーと違ってチャンピオンズリーグでもプレーしているし、強力なライバルだね。”



スポンサーリンク



ボド・イルグナー:代表54試合 1990年ワールドカップ優勝


“ノイアーは残念ながら2014年ほど良くないね。テア・ステーガンはバルセロナという素晴らしいチームで頭角を現している。もうノイアーが代えがきかない存在ではないね。私にとっては両方とも互角だね。年齢的にはテア・ステーガンのほうが有利だ。私だったら二人を交互に起用するだろうね。それで二人がそれぞれの状況にどのように対処するか見るだろう。”



ゼップ・マイアー:代表95試合 1972年ユーロ、1974年ワールドカップ優勝



“テア・ステーガンはバルセロナという目の届きにくいところにいる。ドイツにいたらまた違うだろうね。正ゴールキーパーは必要だよ。このような重要なポジションを頻繁に変えることは良くないね。現時点ではテア・ステーガンのほうが良いかもしれないが、このポジションはノイアーにやらせるべきだね。”



ティム・ヴィ―ゼ:代表6試合:2010年ワールドカップ3位


“基本的にはテア・ステーガンがプレーするべきだね。現時点では彼の方が優れており、ノイアーはここ2,3年の安定性がないからね。でも代表監督がノイアーを起用したとしても理解できるよ。ゴールキーパーはフィールドプレーヤーのように簡単に変えられるものではないからね。それにノイアーはキャプテンでもあるからね。”



ウリ・シュタイン:代表6試合、1986年ワールドカップ準優勝


“パフォーマンスで決めるならテア・ステーガンが相応しいだろう。彼はバルセロナでここ2年間ほとんどノーミスでプレーしている。現時点では彼の方が優れているよ。ノイアーは基本的には今でも高いレベルでプレーしているが、負傷前ほどではない。それは2018年のワールドカップ前にも予想していたことだ。”





以上です。


世代交代が大きな話題となっているドイツ代表ですが、キーパーのポジションでレーヴがどのような措置をとるのかも大きな注目を集めています。

キーパーのプレースタイルと言うのは戦術にも大きく関係しますし、頻繁に変える事が良いとは言えないのも確かですね。



[ 2019/03/20 18:50 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(7)
お笑いGKになる可能性もあるけど、世代交代をするなら良いんじゃないの
[ 2019/03/20 20:33 ] [ 編集 ]
なんとも贅沢な悩みですね。日本からしたら羨まし過ぎる
[ 2019/03/20 23:57 ] [ 編集 ]
いいなぁ
[ 2019/03/21 00:16 ] [ 編集 ]
ノイアーかシュテーゲン使わないならどっちか日本にください ケルンのGKやシャルケフランクフルトのGKもください
[ 2019/03/21 03:12 ] [ 編集 ]
ノイアーみたいなスイーパータイプは怪我で離脱すると勘が鈍るんだと思う。本調子に戻ればノイアー以上のGKは存在しないけど
[ 2019/03/21 09:28 ] [ 編集 ]
両方とも使えるようにするべきだろ
せっかく層が厚いんだからローテするための戦術でも創り出せよ
[ 2019/03/21 13:32 ] [ 編集 ]
6人のレジェンドがそれぞれ自分の意見を述べていて、同じGKの専門家でもものの見方が違うんだなと感心しました。しかし、ドイツのGkのレベルって本当に高いんだなあと改めて思いましたよ笑


ノイアーも何とか盛り返して欲しいですね。

[ 2019/03/21 14:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。