ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ツォルク!ロイスが引退までドルトムントでプレーする事を信じる!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


reus12.jpg

ツォルク!ロイスがBVBで引退することを信じる!


マルコ・ロイスのドルトムントにおける重要度は日に日に増している。そしてそれはツォルクも同感のようだ。彼は、“マルコは人間として成長した。彼はフィールド内外で以前よりも多くの責任を引き受けている。”とスポーツビルトに対して語っている。

スポンサーリンク




このドイツ代表選手はトッテナム戦で0:3で敗れた後、チームの前で非常に印象深い話をしたようだ。現在、バイエルンと同ポイントのドルトムントはチームを再び立て直した状態だ。ドルトムントはヘルタ戦に3:2で勝利しているが、決勝点を挙げたのはロイスとなっている。


ツォルクはこの代表選手を絶賛して、“彼には、無理に怒ったりすることもなく、本当に自然な権威が備わっているね。”と語っている。


さらに彼はこの29歳がBVBでキャリアを終えることを信じているようだ。“彼はみんなから尊敬されている。マルコはボルシア・ドルトムントを体現する存在だ。彼がこれから他のクラブでプレーする姿なんか考えられないし、想像したくもないね。”と語っている。


彼の契約は2023年までとなっている。




以上です。


2023年まで延長していますから、本人もこのままドルトムントで引退するつもりであると信じたいですね。すでにバイエルンは夏の大型補強を宣言していますから、なんとか今シーズン優勝してほしいですね。


[ 2019/03/21 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(9)
2023年とは、長いですね
引退までどうぞどうぞ!ゲッツェとペマでね。
目指せドルトムントのレジェンドですかね
それまでのドルトムントが選手の顔ぶれ含めてどうなっているのか楽しみではありますね
[ 2019/03/21 08:18 ] [ 編集 ]
 ロイスはゲッツェとは違いますから、BVBのエースであり続けてくれるでしょう。
[ 2019/03/21 09:52 ] [ 編集 ]
大怪我から復活し、そして立場が彼を成長させたと思う。彼もケールやバイデンから諌められたりして真面目キャラとは対極にいるようなやつだった。それと子供ができると皆かわるね。
とはいえ威厳があるのはプレーがあれだからだけど、やっぱりイケメンなのもかなりあるような。
[ 2019/03/21 09:52 ] [ 編集 ]
ロイスサンチョ頼りを決めた時点で優勝はなくなったと思ってる
そして優勝逃した時ロイスはどんな選択をするのか非常に興味深いね
[ 2019/03/21 13:36 ] [ 編集 ]
ロイスは今年絶対に優勝するつもりで、全てを掛けてシーズン入りましたが
フロントは違いました
免許証の件で借りがありますが既に返したと思い、優勝したければ移籍するでしょう
[ 2019/03/21 18:24 ] [ 編集 ]
ロイスはレジェンドになれるんだろうか。
獲得したタイトルがポカールだけで、CL決勝に辿り着いたとはいえレジェンド扱いされるんだろうか。甚だ疑問ではある。
[ 2019/03/21 19:38 ] [ 編集 ]
優勝する為のチームを作ってないしな。
GMが2位狙いですとか言っちゃうチームだしな。
ドルはフロントが本当にウンコ
[ 2019/03/22 00:18 ] [ 編集 ]
ロイスにはバイエルンに行って欲しいです。
リーガ、CLのタイトルをとってもらいたい。
そのチャンスは来シーズンかもしれない。
[ 2019/03/22 09:13 ] [ 編集 ]
いや
ロイスと言えどプレーが出来なくなる日はやってくるだろ
そうしたら得意の手のひら返しで移籍させようとするだろうね
そういうチームだよ
[ 2019/03/22 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。