ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ギュンドガン、ザネー!ドイツ代表戦で観客から差別的な発言を受ける!!3人が自首する《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ドイツ代表戦で差別スキャンダル

sanee.jpg


“ニガー”、“トルコ人”、“ハイル・ヒットラー”:3人の観客が、ドイツ代表戦で差別的な発言をしたとして自首した。


水曜日に行われたドイツ代表戦でイルカイ・ギュンドガンとレロイ・ザネーに対して差別的な発言をしたとされる3人が、ヴォルフスブルクの警察において自首している。彼らは3人ともブラウンシュヴァイク地方の出身で、まだこのような件での前科はなかった。

スポンサーリンク



ヴォルフスブルクの警察によると、この3人はこの件で大きく報道されたことでプレッシャーを感じたために自首したようである。この3人はドイツ対セルビア戦で特にギュンドガンとザネーに対して、“ニガー”や“トルコ人”などと差別的な発言をしたとされている。この件に関してはジャーナリストのアンドレ・フォークトがフェイスブックにビデオ投稿している。フォークトが伝えたところによると、“ハイル・ヒットラー”とも叫んだようだ。



このビデオが瞬く間にメディアの間で広まり大きな反響となっていた。



警察は、民衆を扇動した疑いで捜査を進めている。来週頭には、ブラウンシュヴァイクの検察が動き出すようだ。



ドイツサッカー協会はこの件に関してもっとも厳しい措置を取る、と発言していたが、ドイツ代表のレオン・ゴレツカは、“僕もこのビデオを見たけれど、本当に心を動かされたね。僕はルール地方で育っている。そこではどこの国出身か、という質問に対しては、ドルトムント、シャルケ、ボーフムと答えるんだ。”と語っている。



ヴォルフスブルクの警察、オラーフ・グレースマンは差別的な発言に関して、“このような件を目撃したら警察に伝えるように”と呼びかけている。




以上です。


スタジアムで代表戦を観戦していたジャーナリストが、自身のFacebookで差別的な発言に関してビデオ投稿したことがきっかけで、ドイツでは大きな話題となっていました。たまたまこのジャーナリストの席に近かった人物がそのような発言をしていたようですね。


もちろんこのような差別的な発言はあってはならないですが、ジャーナリストの発言を元にした(ジャーナリストはそのエピソードを語っているだけで、証拠映像はなし)だけにしては騒ぎが大きくなりすぎだと思いました。ドイツのメディアはものすごく左寄りですからね・・・。きっかけがあれば差別と騒ぎたい人達がいるのも確かです。管理人はそっちの方も考えてしまいました。



[ 2019/03/23 09:45 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(13)
代表戦でこれは悲しいですね
日本でも特定の選手の悪口をSNSやサッカーサイトで
ずっと投稿し続けてるアンチと言われる人達が多勢いますが
何が楽しいんだろ?
レベルは違えどやってることは彼らと同じ。
[ 2019/03/23 10:24 ] [ 編集 ]
ドイツのメディアが左寄りなのではなく、日本メディアや私達が右寄りなのです。
[ 2019/03/23 10:41 ] [ 編集 ]
現在の左よりって大半の国が中国共産主義寄りって意味だよね
[ 2019/03/23 13:05 ] [ 編集 ]
ハイル・ヒットラーと発言したあたり、日本でもよくある左派が右派を演じる自作自演の可能性がありそう。
[ 2019/03/23 13:20 ] [ 編集 ]
トルコ人って呼ぶだけで差別になるんだ?
それとも侮辱的な呼び方があるのかな
[ 2019/03/23 14:05 ] [ 編集 ]
ドイツが人種差別に厳しいのは歴史的に当然ですね。日本はゆるすぎるくらいかもしれません。国家のために戦っている人間をルーツを元に差別するという考えは理解できません。
[ 2019/03/23 15:07 ] [ 編集 ]
結局ドイツとトルコ間の軋轢なんて十全に理解なんて出来ないが、エジルもこういった行為が積み重なっていって拗れたんだろうな
エルドアンがドイツに対して挑発的だろうが、ドイツに対して友好的だったトルコ系をもエルドアンに見せかけドイツ人自体が攻撃したらそりゃ反転する
でもまー保守的な人の主張は判るし、差別的に叫んだら警察に通報されるとか密告や秘密警察を連想するし、嫌な世の中になったね
[ 2019/03/23 15:11 ] [ 編集 ]
左よりって国として終わってる気がするが、まあ何処にでもあることだよね
ルーツ的な差別ってのは道徳的という面より利益的な面で批判されるべきだ
フランス代表が良い例だね
[ 2019/03/23 15:48 ] [ 編集 ]
日本もドイツも過去の反動でこの手の事に潔癖過ぎて左に寄り過ぎてるんだよね。他の欧州のスタンドじゃカメラ回してたらほぼ毎回こういうのが映るんじゃないか。

まるでお互いを監視しているみたいで息苦しいし、今回のもなんか密告みたいでやってる事が過去と同じな気がするが。やり過ぎると新たな歪を生み出すからね。
[ 2019/03/23 15:51 ] [ 編集 ]
リベラルは宗教ですね
[ 2019/03/23 16:04 ] [ 編集 ]
彼らにトルコ人と言ったら差別でしょ
ギュンドアンは国籍はドイツで代表もドイツとして戦ってるという偏見も憶測も入らない明らかなドイツ人という事が分かってるのだから。それを分かってていうのは明らかに悪意がある。
[ 2019/03/23 18:00 ] [ 編集 ]
ルーツがスラブ系とかラテンの血が混じってる人とかも多そうだけど、トルコ系のネガティブな話題が多い気がする。
問題起こしてばかりなのかね?いち個人の主観ですが、そんなイメージが定着してますね。
[ 2019/03/23 21:15 ] [ 編集 ]
ギュンドアンはトルコ国籍も持っているからトルコ人でも正しいけどな。ドイツ人だからトルコ人ではないとか明らかなドイツ人なんてのはもう考え方的に古い。ドイツ人でありトルコ人でもあるで問題ない。今回のは使われ方の問題だね。
[ 2019/03/24 01:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。