ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マンチェスター・ユナイテッド!ルカク!「イブラヒモビッチが僕を変えてくれた!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

“この行動が僕の目を開いてくれた!”

ルカク!:イブラヒモビッチが僕を変えた!


lukaku.jpg


ロメル・ルカクとズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッドで一緒にプレーしたのは一年にも満たない。それでもルカクが伝えたところによると、この時期にこのベルギー人はより良い選手へと成長している。

スポンサーリンク



“僕がズラタンから学んだすべての事が素晴らしかったね。彼のミラン、バルセロナ、インテル、アヤックス時代の話は素晴らしかったし、それに彼が仕事に向かう姿、フィールド上での野心的な姿などを見るのもすごく大きなことだった。”とルカクはクラブホームページ上で語っている。



この25歳は2017年の7月にエバートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍してきた。その当時、イブラヒモビッチはちょうど膝の負傷から回復したばかりだった。彼は2018年の3月にはロサンジェルス・ギャラクシーへと移籍している。



この二人のストライカーが一緒に過ごした時期は非常に短いが、ルカクが明かしたところによると、イブラヒモビッチはルカクに大きな影響を与えたようだ。



“トレーニングを良く覚えているよ。僕たちは二人ともストライカーだから同じチームになったことは一度もないんだ。そこでは一対一の練習もあったけれど、彼は全力で僕にぶつかってきたんだ。その時に彼が、戦いを好んでいること、そして自分のポジションのために戦っていることが分ったんだ。それが僕を変えることになったね。それが僕の目を開いてくれたんだ。”とルカクは語る。そして“彼は自分の地位を獲得するために戦わなければならなかったんだ。その時に僕はよりハードワークに集中する事、そしてそれを楽しむことを学んだよ。なぜなら彼もたくさん楽しみを見出すことができるタイプだからね。”と続けた。




以上です。


イブラヒモビッチはギャラクシーでは2018年に27試合に出場して22ゴール7アシストを記録していますね。37歳でこの数字ですから、やはりすごいですね。ユナイテッドにいた16/17シーズンは負傷するまで46試合に出場して28ゴール10アシストを記録していました。


今シーズンのルカクは昨シーズンは51試合に出場し27ゴール9アシスト、そして今シーズンは38試合に出場し15ゴール4アシストとなっています。

[ 2019/03/23 18:10 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
もちろんイブラとの時間で学んだことは多いだろうが、エバートン時代からルカクはプレミア屈指の選手だったと思うな、それこそイングランド代表ならルニキの後継者になっただろう
[ 2019/03/24 12:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。