ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ!香川かリャイッチ?どちらを残すか決断しなければならない!リャイッチの買取条件が明らかに《トルコメディアの反応》

【Turkiye】


香川?それともリャイッチか?

kagawaw85.jpg



来シーズンに向けて、クラブ幹部たちはどちらのスターを残すか決断しなければならない。これらの選手の獲得には3500万ユーロから4000万ユーロのお金がかかるとみられており、いずれにせよ沢山のお金が必要だ。


スポンサーリンク



ベシクタシュの来シーズンの補強額は3000万から3500万ユーロ程度まで削減されるとみられているが、10番の補強に関してはすでに問題が出ている。この金額だと香川かリャイッチのどちらかしか獲得できないのだ。しかしこれらの選手の長所と短所を考えると、その決断は決して簡単ではない。


香川の残留を望むのであれば、400万から500万ユーロはかかるとみられている。仮にもう一年ドルトムントからローン移籍した場合でもその移籍金が150万ユーロ、そして年俸が220万ユーロとみられている。


そしてリャイッチの件も複雑だ。



ベシクタシュはリャイッチを獲得するためには650万ユーロの移籍金を支払わなければならない。その条件としては17試合以上でプレーする事が挙げられていたが、この数字はすでにクリアしている。そしてもう一つの条件はベシクタシュが3位以上でフィニッシュするというものだ。



しかしリャイッチの獲得にはイタリアのミラノのチームが興味を示しているため、リャイッチを放出する可能性もある。



ベシクタシュの幹部たちは、最終的には経済的な状況を考慮したうえで、決断を下すと考えられている。リャイッチの方が4歳も若いが、総合的には香川獲得の方が利点が多いとみられている。







以上です。

香川選手とリャイッチはやはりスター選手なだけに、このような話題は絶えませんね。香川選手の移籍金や、ローンを延長した場合の金額の根拠は不明ですが、カリウスの年俸は500万ユーロとみられていますので、220万ユーロは安すぎますね。しかし香川選手はドルトムントの契約が2020年で切れますから、もう一年ローン移籍はまずないでしょう。


リャイッチの買取オプションの条件が、今まで良く分かっていませんでしたが、今回の情報でいくらか明らかになりましたね。それによると試合数と最終順位が条件となっていたようです。3位以上が条件に入っているのは、ヨーロッパの大会を重視しての事だと思いますが、FIFAが通達したようにクラブが給料を支払う事ができず、ヨーロッパ大会参加が取り消しになった場合にどうなるのか興味深い所でもあります。





[ 2019/03/23 20:12 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(17)
ベシクタシュはあまりいい話を聞かないので他の所で、できれば希望のリーガなら尚更いいのですが高額年俸がネックらしいのでどうなるか
まだまだやれるところが見たいし、もう一花咲かせて欲しいですね
[ 2019/03/23 20:30 ] [ 編集 ]
カリウスの件を見ると監督、クラブ共に選手に対する対応が気に食わないので両選手共に残らないでほしい
[ 2019/03/23 20:39 ] [ 編集 ]
いやいや、どちらを残すも何も香川は買い取りOPないからさ
しかも本人も完全移籍希望してないから
リャイッチは付いてるから議論になるのはわかるけどね
前からだけど、なんでトルコは自分たちに選択権があるように書くのかな
そういうところ好きじゃないわ
[ 2019/03/23 20:51 ] [ 編集 ]
確か1月ごろにリャイッチの買取額についてトリノとベシクタシュが交渉しているような記事を見ましたよ

答えは「どちらも無理」なんじゃないですか
自分の意思で決められる香川の方が可能性はありそうですけど
香川が大減俸を受け入れる前提でね
[ 2019/03/23 21:40 ] [ 編集 ]
そもそも香川は買取OP持ってないのに、どちらを残すかって日本人には理解できません
トルコ人ならわかるんでしょうか?
[ 2019/03/23 21:46 ] [ 編集 ]
相変わらずトルコらしい、希望的観測記事ですね。仮に香川に決めたって本人は拒否でしょうし、条件もめちゃくちゃで話になりません。
リャイッチの買い取り義務と言うのは、トリノ的には売り払いたいからでしょう。インモビーレ時も確か5試合で発生するという条件で、ドルトムントファンはインモビーレが条件クリアした時大喜びしていたのを思い出します。買い取りたくない(お金無い)からって、ミラノの噂出したり…買い取り能力無いなら、いい加減な契約しないで欲しいですよね。
[ 2019/03/23 22:06 ] [ 編集 ]
自分で決められる香川の方がないでしょ
移籍するメリットがない
完全移籍する可能性あるのならそもそも、それこそモナコでも、ドイツの他のチームでもよかったわけで
[ 2019/03/23 22:20 ] [ 編集 ]
香川の買取りOPの権利ないですよね?なのに何でそんなに自信満々なんでしょうか?カリウス筆頭に未払いやらかしてるように、トルコには契約とか意味がないのでしょうか?

日本人は基本的に潔癖でフェアであることにこだわってるので、知れば知るほど日本とは真逆の国だと思い知らされます
[ 2019/03/23 22:46 ] [ 編集 ]
スポンサーを運んでくれる香川とリャイッチじゃ、そりゃあ香川にいてほしいでしょう。でも多分無理だろうから、こんな記事が出てくるのでしょう。香川の動向に興味がある人は、メディアの言うことを額面どおりに絶対取っちゃいけないと分かっている。
[ 2019/03/24 00:19 ] [ 編集 ]
香川が残ると、日本のスポンサーから多額のお金が入るでしょうし、意外と支払いのメドは立つのでは?
でもまぁ、香川にはステップアップしてほしいですけどね。
[ 2019/03/24 02:11 ] [ 編集 ]
倒産寸前なようなので人件費かかるプレーヤー使うより、若手使ってしっかり成績出せる監督呼んでくる方が大事でしょ。
[ 2019/03/24 02:13 ] [ 編集 ]
香川選手の意思は無関係ですか(笑)。
トルコメディアって面白い記事を書きますね。
わざわざ買取OP無しに拘っていた香川選手が残留を選ぶとは思えません。
スペイン移籍が叶わなかったとしても、恐らく4大リーグのどこかを選ぶでしょう。
[ 2019/03/24 03:09 ] [ 編集 ]
トルコ国内の記事に対して、本気で怒るのはどうかと思います。別に記事が香川の移籍をきめるわけではありませんし
それだけトルコでは香川のことは話題になってて、記事が売れるということなので名誉なことです
残留かどうかは、香川の納得がいく移籍先が見つかるかどうかでしょう
[ 2019/03/24 13:13 ] [ 編集 ]
トルコの記事に対して本気で怒ってるというより呆れてるんですよ。
[ 2019/03/24 21:19 ] [ 編集 ]
残留かどうかって笑える、もしかして所属先クラブを忘れてるの?
納得できる移籍先が見つからなければ残留ではなくレンタルバックされるだけでしょ、なんで給料未払いCL出場不確定なベシクに残る可能性もあるていで話してるのか笑
[ 2019/03/24 23:16 ] [ 編集 ]
贔屓目抜きで言うなら夏にどこからもオファーが無ければ可能性自体はあると思う。
しかし現時点での契約状況や香川選手の言動から推測するに、完全移籍先としてのベシクタシュは優先順位的に低いだろうということ。
個人的にはどこかしら希望に近いオファーあるでしょと楽観視してますが。
加えて言うならBVBに戻るという選択はベシクタシュ完全移籍よりも序列は低いんじゃないかと勝手に思ってる。
選手として円熟期を迎えてるならとにかくプレーたいでしょうから。
まぁでも結局、どこに行こうが試合観るんですけどね。
なので視聴が困難なリーグへ行って欲しくないという願いだけはある。
[ 2019/03/25 12:54 ] [ 編集 ]
プレーしたいからベシク残る可能性があるとかドルトムントに戻ったらプレー出来ないってことですかね?
ならば希望に近いオファーなんてないと思いますけど?スペインなり五大で香川のサラリー払えるクラブは上位限定で殆どがドルトムントより上ですから
そもそも円熟期と予防線張ってますが勝手に戦力外扱いしてる時点で軽視にも程があると思います
[ 2019/03/26 11:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。