ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ルーニーが明かす!「戦術的に最高だったのはファーガソンではなくファン・ハール監督!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


ルーニー!
ファーガソンじゃないよ!彼こそが戦術的には最高の監督だね。

roonee.jpg

サー・アレックス・ファーガソンはマンチェスター・ユナイテッドでの27年間で2度チャンピオンズリーグで優勝し、さらにリーガで13回、そしてポカールで5回優勝している。



それだけに、9年間ファーガソンの下でプレーしたウェイン・ルーニーが、自分にとって戦術的に最高だった監督のとして彼の名前を挙げなかったのは驚きだ。彼が選んだのはファン・ハール監督だ!

スポンサーリンク



“僕が一緒に働いた監督では、戦術的に最高だったのはファン・ハールだね。彼は何よりも守備においてチームを作り上げ、選手一人一人が何をするべきかわかっていたよ。”とDCユナイテッドのストライカーは“TalkSport”において語っている。



“大事だったのは攻撃でも守備でもしっかりと戦術を物にすることだった。”とルーニーは説明する。“彼はタイトルを獲得したけれど、最終的にはみんなが望んでいるような成長を起こすことができなかったね。”と語っている。


このオランダ人監督はマンチェスター・ユナイテッドの監督を2年間務めた後で、クラブを去らなければならなかったが、ポカールで一つタイトルを獲得しただけだ。その前はデイビッド・モイーズがファーガソンの後を引き継いで監督に就任していたが、たった10か月で解任となっていた。


最近ではバイエルンのウリ・ヘーネスも“専門性だけをみれば”ファン・ハールは世界最高の監督の一人だと発言している。彼はミュンヘンで2009年から2011年まで監督を務め、チームをチャンピオンズリーグ決勝まで導き、さらにダブルを達成している。


ファン・ハールは最近監督からの引退を表明していた。





以上です。


そこはモイーズと言って欲しかったですが、ルーニーが選んだのはファン・ハールでしたか。ファン・ハールはバイエルンでは当時若手だったミュラー、シュヴァインシュタイガー、ラームを積極的にを積極的に起用しましたよね。確か宇佐美選手を欲しがったのもファン・ハールだったので、あのまま監督が代わっていなければという思いはありますね。


ファン・ハールは、ヘーネスも“専門性では”と条件を付けなければならない程気難しい性格で有名でしたが、あの記者の質問に怒る姿が見られなくなるのは寂しいですね。

[ 2019/03/24 10:09 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
まあファギーよりファンハールの方がルニキ聖域にしてくれたからね、こう言うのも当然だな
だが監督としての器量と実績はファギーのが上だと思ってるからこそ、戦術的にはと限定しているのだろう
というか後せめて一年ファギーが続けてくれてファンハールに渡してたらマンユも落ちぶれずに済んだだろうにね
[ 2019/03/24 12:51 ] [ 編集 ]
ファーガソンとルーニーは最後は揉めてたからな。よくいうことはないだろな。
CLのマドリー戦だったか懲罰で出さなかったこともあったし、しまいにはポジションたらいまわしだったからな。セカンドフォワードに香川、ボランチにルーニーとかやってキレそうになってたよ笑
[ 2019/03/24 14:12 ] [ 編集 ]
実績を見れば本当に素晴らしい監督なんだよなぁ
性格がなぁ
[ 2019/03/24 14:18 ] [ 編集 ]
これはファンハール引退に際してのリップサービスを加味したコメントでしょう。
[ 2019/03/24 16:18 ] [ 編集 ]
でもファンハールじゃ勝てなかったからね
[ 2019/03/24 22:31 ] [ 編集 ]
攻撃は自由にやらせるけど守備はガチガチにシステム組んで強制させる監督として有名だったしね
[ 2019/03/24 23:13 ] [ 編集 ]
ファーガソンは殆ど練習はコーチ任せで滅多に練習場には来なかったって、香川言ってたから…まぁ戦術練習等は、ファンハールに軍配だろうな。
[ 2019/03/24 23:17 ] [ 編集 ]
ファーガソンが転換期を感じで香川獲得したのに比べて、使いこなせなかったり、大金掛けたのにまるでダメだった監督らの戦術が素晴らしい言われても
戦略も戦術もファーガソンの方が上に見えるけど、ルーニーからしてみたら自身を見限りそうだったファーガソンに辛辣なのかもね
[ 2019/03/25 00:41 ] [ 編集 ]
ファーガソンを推してた奴w
[ 2019/03/25 12:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。