ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!ベシクタシュで説得力のあるプレー!ベシクタシュは完全移籍目指してBVBと交渉開始か?ドイツ紙《ドイツの反応》

【Ruhr24】


香川真司、ベシクタシュで説得力のあるプレー!
クラブはこのように計画!

kk23.jpg


香川真司は現在ローン移籍でトルコリーグのベシクタシュ・イスタンブールでプレーしている。イスタンブールは経済的に問題を抱えているにもかかわらず、長期的にこの日本人選手を計画に入れたいとされている。さらに香川の完全移籍を目指してまもなくBVBと交渉が行われるとされている。


スポンサーリンク



香川真司は移籍市場が閉まる最終日に正しい選択をしたようだ。ベシクタシュ・イスタンブールにおいてこの選手は定期的にプレーし、ファンは彼を英雄と称えている。


この “ボスポラスのサムライ”はベシクタシュに移籍してから、チームに適用する時間を全く必要としなかった。彼はこれまでの6試合ですでに3ゴール1アシストを記録している。その中には、コンヤスポール戦でアディショナルタイム93分に挙げた3:2となるゴールも含まれている。



そのためトルコの幹部たちがこの日本人を絶賛するのも決して不思議ではない。“香川は期待に応えている。彼は非常に素晴らしいサッカー選手であり、素晴らしい人間性を備えている。”とベシクタシュの会長フィクレト・オルマンはMilliyet紙において語っている。



ベシクタシュ・イスタンブールは香川のローン移籍のために1月に120万ユーロを支払っている。しかしBVBはトルコのクラブに買取オプションを認めていない。一方ベシクタシュは経済面で問題を抱えているにも関わらず、香川を夏以降も留めたいとされている。オルマンは“シーズンが終わったら彼を正式に獲得したいし、さらに複数年契約を結びたい。”と語っている。



その経済面で助けとなるのが日本のスポンサーだ。すでにトルコ紙のSabahが報じているが、すでに日本のスポンサーがクラブのサポートに名乗りを上げたようだ。



ベシクタシュ夏に日本ツアー!香川がキープレーヤー


香川の獲得はベシクタシュにとってスポーツ面以外にも大きな意味を持つ。すでに3月中盤にはベシクタシュの代表団が日本を訪れている。さらにこのトルコのクラブはこの夏日本でキャンプを行い、テストマッチを企画している。長期的に日本の才能ある選手たちがイスタンブールにやってくることを目指しているのだ。そこでは香川真司の果たす役割は非常に大きいとみられている。


しかしこれが実現するためには、まずはベシクタシュはドルトムントと交渉しなければならない。


香川のドルトムントでの契約は2020年までとなっている。香川はドルトムントに大きく貢献した選手なので、クラブ幹部もその邪魔をするつもりはない。香川はルシアン・ファヴレ監督の下ではほとんどプレーする事がなかった。


Fanatikが報じたところによると、ベシクタシュは代表ウィークが終わってからBVBとの交渉に入るつもりのようである。



香川の移籍は日本代表を考えれば、すでに良い結果だったと言えるだろう。なぜなら香川はコロンビア戦で代表復帰を果たしたからだ。彼が日本代表でプレーしたのはロシアワールドカップが最後となっていた。実戦経験が不足していた香川は1月のアジアカップにはノミネートされていなかった。






以上です。




最近はトルコでもリャイッチよりも香川選手の獲得の方が大事、みたいな記事が出ていましたが、どうやら本気で交渉に乗り出すような流れですね。



この感じだと、ベシクタシュがドルトムントに打診する→ドルトムントが香川に完全移籍の意志があるか確認する→ドルトムントがその結果を踏まえて交渉に応じるかどうか決める、といった流れになるのでしょうかね。ドルトムントも香川選手もすぐに交渉に応じる利点はあまりないと思いますから、できるだけ先延ばしにするのが良いと思います。






[ 2019/03/24 19:02 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(13)
香川のスペインへ移籍に対する広告としては、ベジクタシュは良い広告してくれてるよ。
まぁそれだけだね。
[ 2019/03/24 19:20 ] [ 編集 ]
 ベシクタシュは、香川を完全移籍で獲得できるかのようなパフォーマンスをすることで、スポンサーの関心を引きたいのではないかと推測します。
[ 2019/03/24 19:23 ] [ 編集 ]
スペインが夢だという選手の意思を無視して、金もうけに走る手助けをする日本企業の存在をぜひ知りたいですね
日本サッカーの発展をも邪魔してる、という自覚がない
[ 2019/03/24 19:25 ] [ 編集 ]
トルコってぶっちゃけお隣の記事見てる気分になります
自分たちの都合ばかり押し出して既成事実を作った気になる
感情だけでヒステリックな結論だけ強調する

そして、日本のマスコミもお隣/トルコの記事を引用して後押しにかかる、と
事実を知れば知るほどお隣とよく似てるなあ、と感心してしまいます
[ 2019/03/24 19:31 ] [ 編集 ]
クラブ側の選手に対する態度や財政、治安などを考えるとやめておいた方がいいだろう
あと、ベテランはともかく若手には行ってほしくないリーグだわ。
[ 2019/03/24 20:00 ] [ 編集 ]
香川のスペインへの夢がクラブやスポンサーの意向で閉ざされない事を願うよ
[ 2019/03/24 20:47 ] [ 編集 ]
まだ来たばかりで、そんな話は後でよくないか。試合に集中したいだろうし。
[ 2019/03/24 21:12 ] [ 編集 ]
スペインや他リーグで望むような移籍先が見つからなければドルトムントに戻るだけでしょ、CLが確実でもない上に給料未払いが多発してるベシクに残るメリットがないんだけど
[ 2019/03/24 23:09 ] [ 編集 ]
残る魅力がない
[ 2019/03/25 02:25 ] [ 編集 ]
なぜか残る前提で心配してる人が居るがまだ香川の所属はドルトなんだけどなあ?一体どういう理屈でそうなると思うのか疑問だわ
[ 2019/03/25 07:50 ] [ 編集 ]
なんかベシクタシュは先ずは解決しなければならない給料未払い問題おざなりにして、東京と大阪にショップ開店するとか、清武取り画策したりで本末転倒の気がする
香川フィーバーで味しめて完全にジャパンマネー狙いは目先の事しか考えてない証拠

ドルトムントは香川の意向次第だから当面のらくら返答しておけば良しだし、本人はハナから残るつもり無いからな
[ 2019/03/25 13:27 ] [ 編集 ]
管理人さんの想定する流れに完全同意です。
現状レンタルを完全移籍にしたい→交渉する
これは当然なので非難するに値しない。
この交渉は成立しないだろうと予想はしてますが。
飛ばし記事っぽいのが多く苦笑する事は多々ありますが、記事自体が香川選手の交渉に影響するかと言えばおそらく影響しないでしょう。
クラブ側が香川選手の気持ちや考えを変えられるか、説得できるかは割と重要だと思いますがまぁ変わらないと思います。
結局のところ熱い説得があったにしても魅力的なオファーがあればそれには敵わないんじゃないですかね。
当事者であるベシクタシュ以外が重要な要素なため必死になるのは理解できますし少し同情もします。
ただオファーが無いという可能性に賭けて選択の序列を上げておくのは大事です。
交渉でそれをアピールしておくのも良い布石だと思いますよ。
[ 2019/03/25 13:32 ] [ 編集 ]
いや影響はゼロではないだろ
少なくともあるならトップクラブには影響を及ぼすわ
というか日本人である香川に寄り添うなら分かるが何でベシクに沿った意見を述べてるのか分からん
[ 2019/03/25 22:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。