ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マンチェスター・シティ!バイエルンのヘーネス会長に謝罪を要求!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


マンチェスター・シティ

ヘーネスに謝罪を要求!

hoenes.jpg


今から数日前、バイエルンの会長、ウリ・ヘーネスはミュンヘンの見本市でマンチェスター・シティの高額の補強がどのようにして行われるかを語っていた。どうやらその内容はマンチェスター・シティにとっては気に入らなかったらしい。“ミラー”が伝えたところによると、シティーはヘーネスに謝罪を要求しているようだ。


スポンサーリンク



そのきっかけとなったヘーネスの発言はこうだ。“私の友人ペップが、彼が選手を欲しいと思った選手が1億ユーロもしたらどうなるか説明してくれたよ。彼は選手のビデオをいくつか集めてアラブの富豪の下へ行くとのことだ。そこで豪華な料理を食べながらビデオを見るようだね。そして富豪がお金を振り込んでくれるようだ。その次の日にアラブの富豪はガスの栓を少しだけ開ければ、またお金が入ってくるというわけだ。”


ヘーネスはその際元バイエルンで監督を務めたペップ・グアルディオラについても語っている。


マンチェスター・シティはこの件について弁護士を雇い、バイエルンに謝罪を要求しているようだ。“ミラー”が報じたところによると、マンチェスター・シティはこれを侮辱と受け取ったようだ。


同紙においてはソースは不明だがある内部関係者の発言が引用されている。それによると、“この発言は傲慢そのものだ。ウリ・ヘーネスの発言には差別的な意味合いが含まれていないか心配しているよ。”とのことだ。


仮にヘーネスがマンチェスター・シティに謝罪しなかった場合、同紙の報道によると、バイエルンの会長に対して裁判を起こすとのことである。クラブの公式声明は今の所ない。







以上です。


アラブの富豪に対する皮肉的な発言はいかにもヘーネスらしいし、それほど外れてもいないような気がしますけれど、まあクラブのトップとしては軽率な発言でしたね。



わざわざ争う事でもないと思うので、ヘーネスも悪気はなかったとすんなり謝罪して終わりそうな気がしますね。



[ 2019/03/25 06:01 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
負け犬の遠吠えやでバイエルン
スカッド深くなくても優秀な監督がいれば昨シーズンのリバポみたいにシティを倒せるんだからな
皮肉ってないでいい加減ワールドクラスの監督つれて来いよヘーネス
[ 2019/03/25 07:45 ] [ 編集 ]
これが事実でもそうでなくても(いやホントにありそうですけど)、ペップが言ってたと言えば彼の信用も傷つくし、品のない発言ですね。
[ 2019/03/25 08:34 ] [ 編集 ]
公式には言っちゃいけませんが、たとえとしてはものすごく解りやすいですね。
[ 2019/03/25 10:59 ] [ 編集 ]
流石のシティも法を犯してまで金に執着した脱税犯にこんな事言われたくないのでは?
[ 2019/03/25 16:58 ] [ 編集 ]
お互いなにが悪いのかさっぱりわからん
[ 2019/03/25 18:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。