ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川ゴール!「まるでクロップに素晴らしい別れを贈ろうとしているようだ。」地元紙採点

ドルトムント、フランクフルトを相手に2:0で勝利し勝ち点を39に伸ばしました。これで残留はほぼ確実になり、ようやくヨーロッパに向けて本気で戦うことが出来るようになりました。


地元紙の採点が出ましたので早速紹介したいと思います。





【レヴィーア・スポーツ】


2015042602275000e.jpg

ランゲラク 3+


ほとんど何もすることがなかった。いくつかのクロスとフリーキックを摘み取るだけだった。だけどそれは全て彼の前の選手たちが、危険になる前にすでに全てを防いだからである。



ギンター 2


ヴァルデスに対して非常に注意深く、またフンメルスとともに中盤でボールを受けてカウンターにつなげていた。良いパフォーマンス。視野も広く、力を示し、フランクフルトの攻撃陣に対して正しく対処し、相手攻撃の芽を即座に潰していた。



フンメルス 3


良いポジショニングを発揮し、セフェロヴィッチをよく抑えていた。彼の組み立ては、今回はいくつかのパスミスが印象に残ったが、凄く安定しており、相手に何かをさせることは殆どなかった。



ドゥルム 2+


オバメヤンへのライン上の素晴らしいパス。クロップが暗示した通りに、2:0となるゴールをお膳立てした。とても自信に満ちた印象で、彼が後ろでボールを奪取した後で、常に彼のサイドから攻撃を仕掛けようとしていた。よく走り、インジョフスキーをペナルティーエリア内で交わしたシーンは良かったがシュートはトラップの腕の中に収まった(63)



ソクラティス 2-


彼の失敗から起こった、ヴァルデスのシュートが上にそれたのは幸運だった(39)。しかしその代わりに、フンメルスが目測を誤ったピアゾンに対しては、本当に力強く対処した。全てのボールに対して向かっていった。



シュメルツァー 3-


開始7分には対処するのが遅すぎ、ボールが中央のキッテルに渡ってしまった。しかし幸運にも彼はオフサイドだった。その代わりに彼は1:0へとつながるPKを貰った。これは彼が前へと攻めたからである。いくつかのパスミスは残念。



香川真司 3


中盤でよく、チームメートに合わせて走っており、オバメヤンが中へ入れたボールには足を出すだけでよかった。2:0(32.)。いずれにせよ、再び注意深く(訳注:素早い判断ができるような状態)素早い動きを中盤で見せてくれた。

201504260227525e5.jpg


ブラシコフスキー 3-


光と影のあるパフォーマンス。攻撃においては何度かボールを失い、そうかと思えばチームメートに素晴らしいパスを送った。ドゥルムとの右サイドでの連携は良かった。オバメヤンからパスを返してもらったが、彼がペナルティーエリア内で放ったシュートは残念ながら力が足りなかった(62.)。



ミキタリアン 3


フランクフルトの選手を二人かわし、ザンブラーノに止められるまで、ほぼフィールド半分に渡って見せた走りは良かった。良いアイデアもあったが、それを上手く表すことが出来なかった。沢山働きシュメルツァーを守備面でも支えていた。ディフェンスで空いた穴を埋めていた。終了間際に見せたロイスとのプレーでは3:0にしなければならなかった。今回も(注:点を決めて)完璧という事にはならなかった。



ベンダー 3+


二人の守備的な中盤のうち(注:原文はセンターバックとなっているが、間違いだと思われる。)で攻撃の役割を担っていた。でも彼は本来なら潰し屋である。その仕事も彼はいつもの様に確かにこなし、ギンターと共に中盤のスペースを埋めた。



オバメヤン 2


クバのクロスに対して素晴らしいヘディング。5メートルの距離から放ったシュートが入ってくれても良かった。その代わりハンドで得たPKでは彼はクールで落ち着いたループシュートを見せた。ドゥルムのパスからイニョフスキを交わして出したパスは、完璧なタイミングだった(32)。ついに相手ディフェンスに対して、力を見せつけ、相手を不穏な状態に陥れた。


スポンサーリンク


【ルーア・ナッハリヒテン】


香川真司 2.5

この繊細な日本人は、彼の支援者であるユルゲン・クロップと特別に親密な関係を保ってきた。そしてまるで香川がトレーナーに素晴らしい別れをプレゼントしたいと思っているかのようであった。(訳注:原語はbescherenでプレゼントを贈るという意味であるが、クリスマスプレゼントを贈る時に使われる特別な言葉。普通の贈るよりも特別な意味合いを持つ。)パダーボーン戦と同様に彼は自分の名前を得点者のリストに書き込んだ(32.)。それ以外でも堂々としており、ゴールへの動きもたくさん見せた。

201504260227546d1.jpg

ランゲラク 3
ドゥルム 3
シュメルツァー 3
フンメルス 2.5
ギンター 2.5
ソクラティス 2.5
ミキタリアン 3
ブラシコフスキー 4.5
ベンダー3
香川 2.5
オバメヤン 1.5



【西ドイツアルゲマイネ】


香川真司 3.5


彼の最高の見せ場は32分にオバメヤンのクロスに対してスライディングを見せた場面であった。ボールを良く持っていたが彼は大抵の場合においてフランクフルトの選手に対してあっさりとやられてしまった。多くの場面で運がなかった。

201504260227518cb.jpg

ランゲラク 3
ドゥルム 2.5
ソクラティス 3.5
フンメルス 3
シュメルツァー 3
ベンダー 3.5
ギンター 3
ミキタリアン 2.5
香川 3.5
オバメヤン 1.5





以上です。


ルーア・ナッハリヒテンの寸評はなかなか詩的な感じがして個人的にとても気に入りました。“特別に親密な関係”や“プレゼントする”などはとてもきれいなドイツ語が使われています。訳注でニュアンスを追加しました。上手く伝えられていれば良いのですが。

西ドイツアルゲマイネの点が厳しいのはいつものことですね。人によって期待している物が違うのはしょうがないかなと思います。


個人的には先週の試合よりも今日の香川選手のほうが良かったように思えました。2度ほど素晴らしいサイドチェンジのパスがありましたが、スカイの実況はそのたびに「これはまるで目の保養」と絶賛していました。オバメヤンに出した(たぶんアウトサイドだったと思いますが・・)パスも素晴らしかったですね。上から見ている観客にも予測がつかない所にパスが出されるとやっぱりしびれますね。

あと残り4試合になりましたが、2,3ゴールあげて批評家を黙らせてもらいたいですね!

ちなみにフランクフルトは負けてしまいましたが、長谷部選手のプレーは良かったですね。香川選手にペナルティーエリア内で食らわした肘打ちは、結構ギリギリのプレーだったと思いますが気合充分でした。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/04/26 02:38 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(26)
No title
あの肘はレフェリーに見られてたらカードもんだったろう。
[ 2015/04/26 02:54 ] [ 編集 ]
西ドイツ新聞わろたw
[ 2015/04/26 03:05 ] [ 編集 ]
No title
西ドイツアルゲマイネ ”大抵の場合においてフランクフルトの選手に対してあっさりとやられてしまった”
→どうやら幻覚の症状が出ているようですね。

西ドイツアルゲマイネ ”多くの場面で運がなかった”
→やられていたのか運がなかっただけなのかどっちなんでしょうか?

この記者はたぶん香川にサインを断られたんでしょう。
あれだけやってチーム最低点って憎しみがこもってないと付けられるものじゃないです。
[ 2015/04/26 03:05 ] [ 編集 ]
No title
>オバメヤンが中へ入れたボールには足を出すだけでよかった。

いえ、かなり難しいシュートでした。
[ 2015/04/26 03:08 ] [ 編集 ]
No title
アルゲマイネは採点者がプレミア脳だからしゃーない
[ 2015/04/26 03:42 ] [ 編集 ]
今日の香川はかつてのようにわくわくするプレイをしてた
[ 2015/04/26 03:44 ] [ 編集 ]
No title
個人的にはルール・ナハリヒテンの採点がしっくりくる。
今回はディフェンス陣がすごくよかったと思う。ランゲの仕事がほとんどなかったのはDFとDMFのおかげだね。
香川は点を決めれてよかった!徐々にいい方向に向いている!
[ 2015/04/26 03:52 ] [ 編集 ]
No title
上の人、
俺も西ドイツアルゲマイネは個人的な感情で採点してると思うw
[ 2015/04/26 03:55 ] [ 編集 ]
No title
足を出すだけではキーパーに止められてた
浮かす必要があったのでそれなりに難しいシュートだったはず
[ 2015/04/26 04:03 ] [ 編集 ]
No title
またまたキーパーがヒマしてる試合しちゃいましたねw
次のバイエルン戦もこうであることを望みます
[ 2015/04/26 04:16 ] [ 編集 ]
No title
アルゲマイネ・・・どこを見ていたんだというような評価にビックリです。

香川の今日の活躍はすごかったですね!スタジオの香川コールもすごかったですが、スカイのマルクスさんが香川のプレーを称賛してくれているのが嬉しかったです。 
守備のフンメルスもキレキレでしたし、何よりもロイスが復帰したということはバイエルン戦は確実にロイスがスタメンに来るはずと胸が躍ります。 
最後にはカンプルも出てきていたので、バイエルン戦でまたロイス、香川、カンプルも見てみたいです。
ミキと香川の連携も今まで以上に良くなってきている気がしますし、オバメと香川は中々のコンビネーションで見ていて楽しいですね。

試合後にクロップが香川にハグをしていたのが、感慨深げでグッときました・・・去ってほしくないですね。
バイエルン戦のことを考えると心が躍ります!
[ 2015/04/26 04:21 ] [ 編集 ]
No title
ちなみに長谷部のひじ打ち、ちょっと危なかったですよね・・・ でも故意ではないのは明らかですし、御咎めがなくて良かったのですが。

長谷部のひじ打ちを受けても、香川が抗議リアクションすることなく、苦笑で済ましているのを見て、ドイツに居る日本代表は仲がいいんだなとホッコリな気分にもなりますね。
[ 2015/04/26 04:24 ] [ 編集 ]
No title
西ドイツアルゲマイネ
>大抵の場合においてフランクフルトの選手に対してあっさりとやられてしまった

そんなにツヴァイカンプフやられてたっけ、空中戦はそりゃ負けてたけど、ドリブルで抜いてたし
得点でもパスでも(9割近い成功率)貢献してるのに最低点ってレイシストを疑うレベル
[ 2015/04/26 04:33 ] [ 編集 ]
No title
後半はクバ、ドゥルム、ロイス、ムヒに
得点チャンスが回ってきた。1人でも決めることが出来たら、ELを狙うチームのコンディションとしてふさわしくなるのだが。ロイスの復帰に期待しよう。
[ 2015/04/26 05:15 ] [ 編集 ]
No title
香川のゴールはなかなか難しいゴールだったのでは?アシストのパスも上手かったけど。長谷部の守備の評価も高かったようで、日本人として嬉しいです。高い評価をされることは。
[ 2015/04/26 05:57 ] [ 編集 ]
No title
いつもありがとうございます。香川が点取ってましたし、ドルが押してていざとなったらロイスもベンチにいたという安心感があったので、長谷部の肘を見たときは逆に笑ってしまいました。

代表キャプテンで何度も審判から相手チームからカード引き出してますし、ドイツでもいろいろ苦労してるから、敵としてさすがだなあ、と。
[ 2015/04/26 08:23 ] [ 編集 ]
香川選手、2試合連続のゴールおめでとう!
今日はゴール以外にも香川選手らしいプレイが随所に見られましたね。
特に後半ドゥルムに出したパスは一瞬「えっ?」と思ったらドゥルムが走ってた!思わず「おぉー」と声をあげてしまいました。
ポカールも勝ってクロップに最高のプレゼントを贈ってほしいですね。
敵ながら長谷部選手も素晴らしかったですね。
しかし、アルゲマイネは・・・何を見てたのでしょうかね。
[ 2015/04/26 08:42 ] [ 編集 ]
No title
管理人様いつも翻訳ありがとうございます。
横からの角度だと分かりづらかったが、
正面から見ると、倒れながらも角度変えて打っていて、凄く巧いゴールだなって思った。
けっして、ボールに足を出しただけでは無い事は確かですよね。
[ 2015/04/26 09:58 ] [ 編集 ]
No title
ルーアナハリヒテンの寸評が詩的とおっしゃっているのわかる気がします、
訳文もとても素敵です。たった数行ですが胸に残るような文章ですね。
クロップのこと、最後はたくさん笑って送り出せたらいいですね。
[ 2015/04/26 11:10 ] [ 編集 ]
No title
西ドイツ新聞は香川さんに何を求めているのでしょうねぇ。
あのゴール、よく決めてくれたと思います!

香川さんのサイドチェンジのパスは、見た瞬間、「えっ!?」と驚きました。
近い距離だけでなく、離れたところにも予測のつかないパスを出せるのはすごいなぁぁぁ。
[ 2015/04/26 11:11 ] [ 編集 ]
No title
香川がオバメヤンからのクロス受ける前、トップスピードのままゴールインサイドにフェイント入れてるの見えてない記者が居るな・・アレに騙されてキーパーはインに倒れた。  難しい合わせだったと思うぜ。
[ 2015/04/26 12:12 ] [ 編集 ]
No title
ずっと応援してて、復活した時の爽快感ったら
ないですね。まだまだ もっともっと
期待してますが。
[ 2015/04/26 16:18 ] [ 編集 ]
ドイツでも香川がクロップにとって特別な存在って思われてるのが嬉しいですね。それにユナイテッド時代を含めすごい人脈を持っていますよね。将来財産になるだろうなあ。
[ 2015/04/26 19:16 ] [ 編集 ]
管理さんもビックリな小粋なパスが出来てるときは余裕があって周りがよく見えてる
そしてチームが機能しだせばゴールへ繋がるんだよね
今季前半のドルはあまりに個人プレーに走りすぎ(レギュラー争い含め)俺が俺がでチームとしてはバラバラだったのかな
クロップ退任の劇薬がチームをひとつにできるなんて皮肉ですね
[ 2015/04/26 22:55 ] [ 編集 ]
No title
俺だけか?オバメからクロスを香川が決めたシュート・・・スピードを落として、接触を避けているように見えたのは・・
[ 2015/04/27 06:03 ] [ 編集 ]
No title
オバメは成長しましたね。BVBが来期にタイトルを争うには彼がより成長する必要があります。
AMFが得点するにはCFが周りを使えないと難しいですから、この連戦の香川のゴールは、オバメの成長を証明していると思います。


↑>俺だけか?
はい。
[ 2015/04/27 08:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。