ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ユーロ予選】ドイツ代表!オランダ代表に3:2で勝利!ロイス、ギュンドガンが活躍!《ドイツの反応》

【ビルト】

オランダに3:2

ヨギ、アムステルダムで魔法と不安の勝利!

gnabb.jpg


これで解放された!!


ドイツは前半素晴らしいプレーをし2:0とリードしたが、そのリードを守る事が出来なかった。しかし最後の最後でゴールを決めて3:2でオランダに勝利している。


ドイツ代表監督のレーヴは試合前、エモーショナルでスピードのあるプレーを要求していた。そしてチームはそれに成功している。何よりも最初の45分で。


スポンサーリンク


アムステルダム、魔法の夜!


ドイツ代表は45分に渡って相手を圧倒している。ドイツ代表は予想に反して自信に満ちたプレーをみせ、素晴らしかったのだ。そして2度も得点している。


15分:クロースが左サイドのシュルツにパスを送ると、シュルツがザネーへパスを送る。デ・リフトが滑ったために、ザネーはフリーとなり、そのままファーサイドにシュートを決めている。


34分:リュードガーからグナーブリーへロングボールだ。グナーブリーは中に入り、ファン・ダイクとダムフリースをかわしシュートだ。18メートルから放ったこのゴールはまさに夢のゴールだ。



これにはオランダ中がショックを受けている!そしてドイツの圧倒的なプレーに驚いていた。オランダのファン達はハーフタイムになると自国チームに対して容赦ないブーイングを浴びせていた。


それはノイアーのせいでもある。ノイアーは25分と27分にワールドクラスの反応を見せ、バベルのチャンスを阻止しているのだ。これはマーク・アンドレ・テア・ステーガンに向けた大きなメッセージとなるだろう。


解説者のユルゲン・クリンスマンはハーフタイム中に、“これ以上のプレーを望むことはできないぐらいだ。”と語っていた。



アムステルダムで不安の夜


問題:後半に入ってから世代交代のドイツ代表はいきなり揺らいでしまう。魔法の夜から不安の夜へと変わってしまったのだ。


48分:デ・リフトがコーナーからのボールを延長し、それをデパイがヘディングで決めて1:2としている。


63分:ドイツはボールをペナルティーエリアから出すも、デパイが2度目のチャンスをゲットする。彼が14メートルからニアサイドに決めて2:1だ。



クレイジー:しかしこれで終わりではなかった。


途中から出場したロイス(太ももに痛み)が中央のシュルツにパスを送り、シュルツがそれを決めて3:2だ。これはオランダ戦では2012年以来となる勝利だ。



ワールドカップ、ネイションズリーグを経て、ようやくドイツ代表が息を吹き返して来た。レーブは予想に反して352の戦術を採用したが、これが、将来進むべき道を示している。




以上です。


ドイツ代表、久々に勝利したことで盛り上がっていますね。後半に入ってから2点返されて、そのまま引き分けで終わるかと思いましたが、途中から出場したギュンドガン・ロイスの連携から決勝ゴールが生まれましたね。あのギュンドガンとロイスはうまかったですね。


ロイスが太ももに痛みを抱えたままプレーしていますので、ちょっと心配ですね。4月のバイエルン戦までには万全にしてもらわないと困ります・・。



[ 2019/03/25 07:02 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
やっぱり中盤のテクニシャンは重要だね、特にギュンはマンシーで程よく試合出てるしロイスより調子良かったじゃん、世代交代とかエルドアンに会ったからいらないとか言ってた奴らは反省してくれよな
[ 2019/03/25 07:37 ] [ 編集 ]
それよりロイス怪我なのに出場したの
怪我しててもやばいときは無理するからヤメテ
[ 2019/03/25 09:20 ] [ 編集 ]
 クロップに鍛えられた選手達は頼もしいですね。でもロイスを酷使するな。ガラス製なんだよ!
[ 2019/03/25 12:16 ] [ 編集 ]
勝ったのか
でもなんか今時のドイツって感じだね
[ 2019/03/25 13:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。