ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ポドルスキー!別な道へ??相撲に挑戦!!ドイツ紙《ドイツの反応》

【エクスプレス】

ポドルスキー!日本で別な方向に行ってしまう・・・

poldi8.jpg



ポドルスキーがこの週末に経験したことは、本当に特別だ。このヴィッセル神戸の選手は新たなスポーツに挑戦したのだ。そしてそのスポーツは日本で1000年以上の伝統を誇っている。


彼はそのために、ほぼ裸にならなければならなかった。下着を思い出させる、“まわし”と呼ばれるものだけを着けてカメラの前でポーズをとったのだ。

スポンサーリンク


ポドルスキー!相撲に挑戦


なぜならポドルスキーは相撲に挑戦したからだ。相撲は日本で非常に人気があり、さらにポドルスキーもそのスター達を知っている。

Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an

P O W E R 💪🏻 #NewChallenge #PoldiPower

Ein Beitrag geteilt von Lukas Podolski (@poldi_official) am



そして彼は相撲界の大スター!白鵬とともに稽古に挑戦している。193センチで160キロの白鵬と比べると当然ながらポドルスキーは細くてはかなく見える。



そしてどうやらその稽古をポドルスキーは大いに気に行ったようだ。彼は相撲取りを押し出そうと挑戦する稽古の様子を何度もSNSに投稿している。




彼がそれに成功しないだろうという事は明らかだ。しかしその後彼はすでに1000勝以上を記録している、相撲界で最も成功した関取とセルフィ―を撮っているのだ。


それに加えてポドルスキーは、“二人のチャンピオンのセルフィ―”とコメントしている。しかしながら相撲取りとしてこの元ケルンの選手が成功する事はないだろう。

Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an

Who wins? 💪🏻😉 #Sumo #Poldi

Ein Beitrag geteilt von Lukas Podolski (@poldi_official) am




このストライカーはケルン時代もいろいろな楽しみ方で知られていたが、この行動は日本のファンにも良く受け入れられているようだ。




以上です。


ポドルスキーは以前も相撲観戦をしていましたが、今度は自ら挑戦しましたか。まわし姿も結構に合っていますね。この姿に抵抗のあるドイツ人は結構多いと思いますが、それに挑戦するのはさすがですね。相撲にとっても良い宣伝になりそうですね。



[ 2019/03/26 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
サッカー選手とは思えぬマッスルボディ
[ 2019/03/26 06:32 ] [ 編集 ]
日本の国技に親しみを持ってくれて嬉しいです。
昔はどこの学校にも土俵があったそうです。気軽にできるスポーツ、遊びって感覚だったのでしょう。ボール一つで楽しめるサッカーと少しその感覚は似ているかなと思ってます。
[ 2019/03/26 09:58 ] [ 編集 ]
その国の文化を経験しようとしてる人に悪い人はいない
これ日本人が外国行っても同じ
[ 2019/03/26 10:04 ] [ 編集 ]
白鳳の優勝祝賀会にも参加してましたし、ポドルスキーは本当に相撲が好きなんですね
[ 2019/03/26 11:04 ] [ 編集 ]
ポドルスキって好奇心旺盛なんですね。そういえば一昔前にヴェンゲルも相撲を結構気に入った感じのコメントをしてました。
[ 2019/03/26 11:38 ] [ 編集 ]
足の太さが相撲さんとおなじくらい!!
すっげーーー!
[ 2019/03/26 11:43 ] [ 編集 ]
やってみるのがすごいですね。
ポルディはSNSの使い方が素晴らしい
[ 2019/03/26 14:20 ] [ 編集 ]
観戦、パフォーマンス、挑戦ってよっぽど気に入ったんですね。
[ 2019/03/26 17:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。