ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB!イサーク!ローン移籍先で活躍しスウェーデン代表復帰!BVB復帰もある?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

オランダを経て代表チームに!BVB復帰もある?

isak4.jpg


アレクサンダー・イサークはスウェーデンではズラタン・イブラヒモビッチ以来の逸材とされており、2017年にはドルトムントへの移籍が大きく称えられていた。しかし彼はBVBでその大きな期待に見合った活躍をすることができなかった。

スポンサーリンク



そのため1年半の時を経て、このストライカーは今から2か月前にオランダへと移籍している。そしてどうやらその決断は正しかったようだ。彼はヴィッレムⅡで開花したのだ。彼は定期的にスタメンでプレーし、ゴールを挙げ、さらに週末にはスェーデン代表に復帰している。これはドルトムント復帰するにあたって理想的な環境だろうか?


“我々は才能豊かなレックスに高いレベルで実戦経験を積むチャンスを与えたい。”とツォルクは1月のローン移籍の際に説明している。このスェーデン人はこのチャンスをものにしている。彼はこれまでの8試合で5ゴールを記録しているのだ。そして最近ではグラーフシャープ戦(3:2)とフェイエノールト戦(3:2)で共に決定的なゴールを決めている。その結果彼はスウェーデン代表にノミネートされる事になっている。今から2年前に史上最年少でスウェーデン代表デビューを飾ったイサークはユーロ予選のルーマニア戦で途中から出場している。



ドルトムントでは得点力の高いストライカーが必要とされている。現在ルシアン・ファヴレのチームでは本職のストライカーがパコ・アルカセルしかいないのだ。最近ではドルトムントは引いて守ってくる相手に対して大きな問題を抱えている。ドルトムントはニュルンベルクとアウグスブルク戦で大事なポイントを落としている。


いずれにせよこの夏イサークがBVBに戻って来る可能性はこれで上昇したと言えるだろう。オランダへのローン移籍に関してドルトムントはすでに一度良い経験をしている。かつては18歳のヌリ・シャヒンがオランダへローン移籍しているのだ。彼はフェイエノールからBVBに復帰した後で、ドルトムントにおいて決定的な選手となり2011年の優勝に大きく貢献している。


イサークは火曜日のユーロ予選でノルウェーと対戦する。その後オランダで残り8試合を戦う予定だ。




以上です。

イサークがスウェーデン代表にも復帰したようで、良かったですね。8試合で5ゴールも中々ですし、このままの活躍だったら、ドルトムントとしても二人目のストライカーとしてベンチに置いておきたいですね。いずれにせよドルトムントにはしっかりした1番目のストライカーが必要ですね。アルカセルもやはり今のままではジョーカーのイメージが強いですし・・。

[ 2019/03/26 17:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
イサク良かったですね。ドルに戻る事はないんじゃないかな?少なくとも今の監督がいる限りはせっかく試合に出てコンディション上がって来たのだからドルに戻って使う気あるのかないのか?なんてかわいそうですよ
[ 2019/03/26 18:08 ] [ 編集 ]
元々イサークは良いプレイしてましたから、きちんと正しく使ってあげていれば結果は出たはずと思ってました。
頑張ってほしいなぁ。
[ 2019/03/26 18:30 ] [ 編集 ]
イサクはとっととドルトムントを離れた方が良いですね
今シーズンもイサクを使っていくべきだった
[ 2019/03/26 19:43 ] [ 編集 ]
CF補強は必須だが、イサクも期待してる
来季はまだ難しくても実戦積んでいけば絶対化ける
[ 2019/03/27 00:05 ] [ 編集 ]
 イサクは戻らないほうがいい。また主力CF負傷しても二列目トップ起用でチャンス貰えない日々を送るだけでしょう。
[ 2019/03/27 13:36 ] [ 編集 ]
イサクのプレイを生で見た時はドルトムントの周りの選手に気を使いすぎていて
自分が出せないように見えました。
他選手の邪魔にならないようにプレイしてるような感じす、結果消える。
謙虚なところがアドリアンラモスと被る印象。
まだ19歳だしこれからその辺は改善されていくことでしょう。
[ 2019/03/28 10:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。