ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

イギリス人は酔っぱらうためにミュンヘンへ!選手を買うためにドルトムントへ!《ドイツの反応》

【ビルト】

オバ、ミキ、ギュンドガン!


イングランドがドルトムントを豊かにした!


sancho44.jpg


イギリス人は酔っぱらうためにミュンヘンのオクトーバーフェストにやってくる。しかし新たなスター選手を買うためにはドルトムントにやってくるのだ!!


スポンサーリンク



マンチェスター・ユナイテッドは現在ジェイドン・サンチョの獲得に動き出したところだ。すでにクラブはサンチョの代理人と接触したとみられている。次にイングランドに移籍するのはサンチョになるだろうか。


イングランドはドルトムントを豊かにしている。



はっきりしているのが、サンチョが輸出品としては最初ではないという事だ。ここ2年だけでもドルトムントからは7人もの選手がイングランドへと行っている・・・。


▶プリシチ、オバメヤン、ミキタリアン、ギュンドガン、ヤルモレンコ、ソクラティス、メリーノの移籍金の合計は2億4375万ユーロになっている。



お金、お金、お金。イギリス人がやってくるとBVBの懐が温かくなる。



サンチョが将来的に自分の故郷に戻る事はほぼ決定的とみられている。しかしこの夏のサンチョの放出をドルトムントの幹部は否定している。



ドルトムントにとって有利な点は、サンチョが2018年の10月に契約を2022年まで延長したことだ。契約解除条項はついていない。



いずれにせよクラブがこのスーパータレントを獲得したければ、デンベレーの移籍金1億4800万ユーロ以上を支払わなければならないとみられている。

サンチョの獲得にはこの金額では足りな過ぎる!





以上です。


イギリス人はビールを飲みにミュンヘンに。そして選手を買いにドルトムントに。ドルトムントファンとしては笑えない状況ですが、この表現は面白いですね。本当にここ数年で選手を売るイメージが定着してしまいましたからね。しかもビジネス面だけ見れば成功しているという・・・。イングランドの移籍した選手にデンベレーを加えれば4億ユーロを超えてしまいますからね。



これで将来有望な若手選手がドルトムントを積極的に選んでくれたら、まあ面白くはなりそうですが、そうなると選手の入れ替わりは激しくなるでしょうし、獲得する選手はビッグクラブの補欠が多いですし・・。長期的なクラブの成長は中々難しそうですね。

[ 2019/03/26 19:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
選手転がしが上手く行ってるだけで、本業のタイトルは何も取れない、何も勝ち取れないという有様
[ 2019/03/26 19:42 ] [ 編集 ]
あえてそうするのが今のドルトムント
フランスならモナコ、イングランドならスパーズポジション
まあタイトル狙えたのは野心と情熱があったクロップのおかげということだな
[ 2019/03/27 00:02 ] [ 編集 ]
若手を育てて、巨額な移籍金を手にして経営陣は満足だろうし、若手選手もステップアップのためのクラブと思えばドルトムントは最高だと思う。実際、有望な選手がメキメキ頭角をあらわして、活躍するのは見ていても楽しい。

でもやっぱり、タイトルを狙って、熱い戦いをして欲しいですね。前の方がコメントされていたように、クロップだったから、タイトル狙えたのかなと思います。選手の育成や、選手、チームに対して情熱や愛情が感じられました。
[ 2019/03/27 14:24 ] [ 編集 ]
転売もいいですが、若い選手から見て勝ちにこだわらない優勝は二の次のクラブに来たいと思いますかね?クロップやトゥヘル以降は若手をチームで育てているのではなく、それなりの実力を発揮しているようにしか見えないんですが、もうクロップもいないしあの頃のメンバーも数名しかいないし寂しいですね
[ 2019/03/27 19:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。