ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール!一年でケイタを放出か?ドルトムントが獲得に動く?《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】



リヴァプール失敗!

元ブンデスリーガのスターがBVBに?


keita2.jpg


リヴァプールはナビー・ケイタの獲得に長い間務めていた。そして最終的に昨年の夏6000万ユーロで彼をRBライプツィヒから獲得している。しかしまだ一年もしないうちに、クロップは彼を放出したがっている。

スポンサーリンク



そしてそこにドルトムントが割って入ってきた。イングランドの“Teamtalk”が報じたところによると、ケイタはリヴァプールで期待に応えられていないとの事だ。しかしそれも理解できる。この24歳はこれまで公式戦27試合に出場し、0ゴール1アシストしか記録していないのだ。


そのためクロップはケイタを放出する用意が出来ているようだ。そしてその候補がドルトムントとされている。


すでにドルトムントはミュンヘンと同様にケイタの代理人とブンデスリーガ復帰について話し合いを持ったようだ。



リヴァプールは1000万ユーロの損失を受け入れているようだが、それでも移籍金は5000万ユーロとみられている。ボルシア・ドルトムントの懐はプリシチの移籍で潤っているが、ドルトムントの幹部はそのお金をケイタに使うか、それともPSGのカヴァーニに使うか決めなければならない。



ケイタはライプツィヒが姉妹クラブのザルツブルクから連れてきた選手の中の一人だ。このギニア人は2016年にフランスからザルツブルクに移籍している。そしてその後ライプツィヒでセントラルミッドフィルダーとしてプレーし、クラブの中心となっていた。







以上です。

まだ一年もたっていなのに放出の噂が出ていますね。しかし5000万ユーロを使うのであれば、ぜひともストライカーに使って欲しいですね。中盤はまだヴァイグルもいますし、昨年夏に補強したばかりですからね。



[ 2019/03/27 06:15 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(9)
ケイタに5000万?なら取るなだね。いい選手だけどレッドブルに移ってきた時もフィットするのに時間がかかったからね。
5000万も出すならあと1000万くらい付け足して、ギュン取り戻した方がいい。すぐ慣れるし、アンカーとしても使えるようになってプレーの幅が広がったしね。長谷部みたいにリベロやらすつ手も考えられるからそうなったら面白いことになると思うよ。
[ 2019/03/27 06:34 ] [ 編集 ]
カヴァーニ取れるならそっちのが全然良いよ
絶対的信頼の持てるFWがドルには必要
[ 2019/03/27 07:01 ] [ 編集 ]
ヴァイグル出すんでしょうか?なら納得ができます
[ 2019/03/27 07:35 ] [ 編集 ]
クロップだから1年で放出は薬物とか素行不良以外の理由ではありえないな。あのモレノを3年以上も我慢して使う男やぞ?
[ 2019/03/27 08:10 ] [ 編集 ]
韓国の嘘に騙されて旭日旗のタトゥー消しちゃった選手でしたっけ?

[ 2019/03/27 15:09 ] [ 編集 ]
この人って旭日旗ぽい入れ墨をあの国の連中にSNSで責められて、謝罪した上に入れ墨修正しちゃった人?
別のケイタならすまんが。
でももしあのケイタなら、SNSでの個人攻撃に耐えられないような奴はやめたほうがいいと思う。
[ 2019/03/27 15:12 ] [ 編集 ]
あまりレッズに詳しくないのでケイタがなぜ不調なのか原因は分かりませんが、ライプツィヒ時代は攻守ともに優れた選手という印象を持っていたしクロップのサッカーに合うと思ってたのでこのニュースは意外でした。
[ 2019/03/27 15:42 ] [ 編集 ]
そこまでフィットしてないわけでもないよ?ただ絶対的なワイナルドゥムファビーニョは兎も角ララーナヘンダーソンミルナーからすらポジション奪えないから仕方ない
でもドルトムントの補強ポジはそこじゃないと思うが?
[ 2019/03/27 19:24 ] [ 編集 ]
法則だよ
因みに武藤も法則だよ
[ 2019/03/28 02:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。