ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント幹部!クラブの目標が優勝である事をファヴレ監督に伝える!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

ドルトムント幹部!クラブの目標が優勝である事をファヴレ監督に伝える!

ZORC-BVB.jpg

ドルトムントのSD、ミヒャエル・ツォルクと会長のハンス・ヨアヒム・ヴァツケが3月に入ってからいきなり優勝に関して話をしたのは少々驚きだった。それまでこの二人は優勝に関する発言を避けていたのだ。

スポンサーリンク



しかし3月の初め、アウグスブルクに1:2で敗れた後で、ツォルクはいきなり優勝という言葉を口にしている。“あくまで義務ではないが、優勝したいのであれば、アウグスブルク戦のような負け方をしてはならない。”と語ったのだ。そしてその後で、“24試合が終わった段階で1位なのだから、それで負けて満足することはできないよ。”と語っている。


最近ではドルトムントは目標を優勝と定めている。しかし一人だけ、それとは距離を置いてい人物がいる。ルシアン・ファヴレだ。ファヴレは記者会見において、クラブが目標を優勝と定めた事に関して腹を立てていないかという質問を受けている。



それに関して、“全然怒っていないよ。我々は民主主義だ。そして目標もある。我々は全試合で勝利したいね。”とひとまず控えめな発言をしている。しかしツォルクがそこでファヴレとの秘密の話し合いがあったことを明かしたのだ。“我々はすでにその事について監督と話し合ったと理解してもらってよいよ。”とツォルクは語っている。


どうやらツォルクとヴァツケは、クラブの目標が優勝であることをすでに監督には伝えていたようだ。それでもファヴレは一試合毎に集中している。



ファヴレはヘルタ戦に勝利したことで気が楽になったかという質問に対して、“ベルリン戦の後で3日休暇があった。それは良かったね。”とこ3日間でサッカーの試合を見なかった事を明かしている。そして“まあそもそも試合がなかったわけだけどね。”と付け加えた。






以上です。


どういう心境の変化かは分かりませんが、クラブはここに来て目標を優勝と定めたようですね。これは好ましいことです。すでに監督にも伝えてあるとのことですが、これから最後の試合まであきらめずに頑張ってもらいたいところです。とりあえず明日のヴォルフスブルク戦にはしっかり勝ってもらいたいですね。



[ 2019/03/29 20:10 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
もう3月やで
[ 2019/03/29 20:51 ] [ 編集 ]
ふーん、伝えたんか
まあUEFAクラブランキングでリーグ2位のチームのくせして、優勝を「最初からは」目指してないこと自体が異常なんだが
[ 2019/03/29 21:00 ] [ 編集 ]
つまり優勝出来なければ、責任取るって事ですね。
[ 2019/03/29 22:19 ] [ 編集 ]
まぁとりあえず得失点差があるとはいえこの時期トップ争いしてんだから2位でいいですはないわな。
とはいえ、代表選明けは体だるそうにして毎度パフォーマンスよくない。苦手。今回11人召集されたみたいだし、相手は走ってくるチームなのでどうなるかな?
その次のバイエルンも例の3人がお休みだったからコンディションは上々。
勝つにこしたことないけど2試合ともドローで終われればいうことないよ。
[ 2019/03/30 00:35 ] [ 編集 ]
またまた~(笑)
優勝が目的なら主力バンバン売ったりしないでしょ
今年も何人売るんだろーね?
[ 2019/03/30 02:37 ] [ 編集 ]
どうせ口だけでしょ
[ 2019/03/30 05:05 ] [ 編集 ]
今頃伝えるのはおかしくないですか?
[ 2019/03/30 07:04 ] [ 編集 ]
と言った数ヶ月にサンチョ売ってるドルトフロント、風物詩やで
[ 2019/03/30 20:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。