ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ジェロム・ボアテン!夏にバイエルンとお別れか?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】


ボアテン!夏にFCバイエルンとお別れか!

boa3.jpg


FCバイエルンはすでにベンジャミン・パヴァールとリュカ・エルナンデスという有名なディフェンダーを獲得している。“南ドイツ新聞”が報じたところによると、どうやらこのワールドカップ優勝者はクラブを去る事になりそうだ。ボアテンとバイエルンが分れることはほぼ決まっているとされている。


スポンサーリンク



このワールドカップ優勝者はミュンヘンを去るだろうか?南ドイツ新聞が報じたところによると、ジェロム・ボアテンはこの夏クラブを去るとされている。この30歳は2011年からバイエルンでプレーしており、すでに173試合に出場している。2014年のワールドカップの決勝戦ではリオネル・メッシを相手に素晴らしいパフォーマンスを見せていたが、バイエルンの補強の犠牲者となりそうだ。


バイエルンはすでにシュトゥットガルトからベンジャミン・パヴァール(3500万ユーロ)、そしてアトレティコ・マドリッドからリュカ・エルナンデス(8000万ユーロ)と二人のディフェンダーを補強している。


シーズン末にボアテンがどこに行くかはまだ定かではない。昨年夏にはマンチェスター・ユナイテッドやPSGへの移籍が噂されていた。今シーズンはボアテンにとってはあまりぱっとしないシーズンとなっている。これまでのリーガ26試合のうち17試合でしかプレーしておらず、最近ではチームメートのマッツ・フンメルスとニコラス・ズィーレにポジションを奪われてベンチに座る事が多いのだ。


またスペインの“ムンド・デポルティーボ”が報じたところによると、バイエルンはアヤックスの19歳マタイス・デ・リフトの獲得も目指しているようだ。デ・リフトはすでにバルセロナと合意に達しているとも報道されているが、仮に彼を獲得する事になったとしたら、それはボアテンとフンメルスに対するクラブからの明らかなメッセージとなるだろう。





以上です。


どうやらボアテンの放出は間違いなさそうですね。本人はすでに昨年夏に移籍を希望してましたし・・。



しかしバイエルンは宣言した通り、大型補強に踏み切りましたね。前も書きましたが、ディフェンダーにこれだけ金をかけるあたり、本気度がうかがえますね。







[ 2019/03/30 10:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
バイエルンは噂通り大補強を敢行しそうですね
今シーズンはドルトムントにとって乾坤一擲のチャンスでしょう
[ 2019/03/30 18:53 ] [ 編集 ]
BVBのヴァイグルも含めてケライフィ直々の交渉に期待させてもらいますわ
クリホビアクへのクラブ関係者上層部やチームメイトからの謝罪と残留への説得も
[ 2019/03/30 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。