ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

イングランドでファン投票!プレミアリーグで最も過大評価されている選手は?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

イングランドでファン投票!

これがプレミアリーグで最も過大評価されている選手だ!



pogba7.jpg



彼はワールドカップ優勝者であり、さらにイタリアで4度優勝、そしてマンチェスター・ユナイテッド史上最も高額な選手だ。しかしイングランドのファンから尊敬を勝ち取るために、ポール・ポクバはもっと説得力のあるプレーをする必要があるようだ。なぜならこの26歳のフランス人は“ザ・サン”のアンケートでプレミアリーグで最も過大評価されている選手に選ばれているからだ


スポンサーリンク



このミッドフィルダーは22%の票を獲得している。彼は2016年に1億500万ユーロでユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍している。最近ではモウリーニョ監督によりベンチに座らせられることが増えていたが、その後継のスルシャール監督の下では再び開花している。





ポグバの次には19%でリヴァプールのモハメド・サラーがランクインしている。そしてその次は17%でドイツ人でアーセナルでプレーするメスート・エジルがランクインしている。



サラーは2017年に4200万ユーロでローマからリヴァプールに移籍してきた。そして最初のシーズンで44ゴールも上げている。彼はリヴァプールでチャンピオンズリーグ決勝に出場している。今シーズンの得点は昨年には及ばないものの41試合で20ゴールを挙げており、決して不調とは言えない。



メスート・エジルは最近ではエメリ監督によりほぼ戦力外とされていたが、最近では戦いの末再びチームで居場所をつかみつつある。





以上です。


ポグバは今レアル・マドリッド移籍でが噂されていますね。本人も移籍する気のようですが、彼が移籍して以来マンチェスター・ユナイテッドは優勝争いができていませんから、そういう点でも評価が難しいですね。

エジルが過大評価と言われるのは割とおなじみな感じがします。





[ 2019/03/31 10:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
サンチェスが入ってないのが不思議。
アーセナル時代からあそこまで評価が変わるかってくらい絶不調になってるので…
[ 2019/03/31 10:19 ] [ 編集 ]
サラーが過大評価ってことないだろ?
どっちかっていうとケインの方が内弁慶だと思うが投票したのはイングランド人だからしょうがないのか?
[ 2019/03/31 12:19 ] [ 編集 ]
 ポグバは才能に満ちた若者のまま大人になった感じ。状況問わず最低限のタスクとしたい事しかしない。同じフランス代表のカンテとは真逆だ。
 CMFよりAMFやFWのほうがポグバのしたい事を沢山させることが出来るかもしれない。
[ 2019/03/31 12:35 ] [ 編集 ]
期待値の反動だろうけど流石にサラーはないでしょ
昨季レアルとのCL決勝が彼のキャリアに傷をつけちゃったな
[ 2019/03/31 13:20 ] [ 編集 ]
ポグバいなかったら今のユナイテッドが成り立ってないのも分からんのだろうな
[ 2019/03/31 16:20 ] [ 編集 ]
エジルは毎度可哀想です。
最近は決定力が低くなったのかゴールできないとはいえ相変わらずプレーはあの小さな体で背負ったりとすごいし、前線で前残りは戦術上の都合ですし危ない時は守備もきっちり戻りますし性格も悪くないしあの給料と移籍金でサラーが二位ということに驚きです。
ポグバもライオラ案件で気分屋さんで印象悪いですが今はリーグ戦11G9Aと稼いでますし。モウリーニョとは相性悪かったので。二人ともフースコで高評価のレーティングなので意外です。
[ 2019/03/31 16:24 ] [ 編集 ]
アンチリバプール、アンチユナイテッド、アンチアーセナルが互いに票を入れ合えば、そんな感じになりそうですね。ザ・サンのアンケート結果をネタにするのもビルトらしいっちゃらしい、んでしょうか。
[ 2019/03/31 17:07 ] [ 編集 ]
スールシャール就任前だったら、ルカクらマンU勢で埋まってたんじゃないかと思っちゃいますね。。
サラーは別に不調ではないですよね。
マネ、フィルミーノ、3人とも同じくらいバケモノですよ。
マフレズはシティのキャラでは無いなと思いますが、スターリングのように化けてほしいですね。
[ 2019/03/31 19:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。