ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!シュルレ!ローン移籍先のフルハムで降格!ドルトムントに復帰《ドイツの反応》

【Sport.de】

フルハムへのローン移籍が予定よりも早く終了!


schurr.jpg


だからシュルレはこの夏にBVBに帰ってくる!


アンドレ・シュルレはこの夏フルハムとのローン移籍を終了してドルトムントに戻ってこなければならない。


“僕のローンは降格したら終わる事になっている。そのためドルトムントでの契約が有効になる。”とシュルレはキッカーのインタビューでその事を認めていた。


スポンサーリンク



そしてその話が火曜日に現実のものとなっている。フルハムはワトフォードに1:4で敗れたために、残留圏内まですでに16ポイント差となり、これによって残留が不可能となったのだ。本来であればシュルレのローン移籍は2020年までとなっていた。


ルシアン・ファヴレにとってシュルレは使い道がないとされていたが、この28歳間まだBVBでの将来については考えていなかったようだ。その当時(※2月)彼は、“それについて考えるのはまだ早すぎる。僕はここでの仕事に集中している。”と語っていた。


さらに降格争いするチームでモチベーションを維持する事が難しい点にも触れてた。“もちろんこれまでの自分のキャリアとクオリティーを考えれば、イングランドで降格争いをするのは僕の要求に合わないね。”と彼は発言している。


しかし彼は“それでもまたここに来るという決断をすると思うよ。定期的にプレーするのは良いという事に気が付いたからね。それにここではファンから評価されているとも感じている。”と説明している。






以上です。


フルハムが降格したことでローン移籍が1年で終了することになりましたが、この夏はまた移籍先を探すことになりそうですね。シュルレはプレミアリーグで24試合に出場して6ゴールを記録していますが、この数字で本人が希望する移籍先が見つかるかどうか、少々微妙なところな気がします。



[ 2019/04/03 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
セリエに行きましょう。
[ 2019/04/03 21:07 ] [ 編集 ]
ロイスとゲッツェと同じ代理人で優秀だから何とかなるでしょ
[ 2019/04/03 21:33 ] [ 編集 ]
移籍した時にドルサポが僕をサポートしてくれなかったとか言ってて、ドイツ人でまだレンタル中なのにそんなこと言っていいのかと思ってましたが、フルアムでの降格争いについても自分のレベルに見合ってないみたいなことを言ってたんですね。空気が読めないのか、ストレスが溜まっているのか…
デンベレ、オバメ、プリシッチと高値で売れて商売上手なイメージのあるドルトムントですが、インモービレ、ゲッツェ、シュールレ、ヤルモと実は同じくらい外しているんですよね。まぁトータル価格は黒字でしょうけど…
[ 2019/04/03 21:48 ] [ 編集 ]
シュールレについて年俸は全額BVB負担という話とそうではないという話がありますがどうなんですかね
[ 2019/04/03 23:10 ] [ 編集 ]
 シュールレはドイツ人ですし、香川のような扱いを受けることはない。来期BVBでプレーする可能性もあるだろう。
[ 2019/04/04 10:55 ] [ 編集 ]
クロップやトゥヘルの頃はまだ他国選手も上手く使い続けて頂点目指してたけど、今じゃ完全にドイツ人のための代表育成アンド転売クラブと化してるから好きにしてくれ感
[ 2019/04/04 16:07 ] [ 編集 ]
シュルレがドイツ人だとしても監督がアレだしなー
今のドルトムントのスタメンにドイツ人何人居るか知ってるかいな?
[ 2019/04/05 02:16 ] [ 編集 ]
人数の問題じゃないことは何時までも復活しないゲッツェに未だ期待してるだけで分かりそうなもんだけどなぁ
[ 2019/04/05 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。