ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ゲレイロ!ファヴレ監督の控室での失敗談を明かしてしまう!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


ラファエル・ゲレイロ!


ファヴレの控室での失敗談を明かす!

favre67.jpg


BVBのスターたちの間で笑いが起こった!


ラファエロ・ゲレイロはルシアン・ファヴレの控室での失敗談を明かした。ドルトムントの選手たちは最初は混乱したようだが、その後すぐに大笑いとなったようだ。


スポンサーリンク



“シュトゥットガルト戦でのハーフタイム中に監督が僕たちに支持を出したんだ。しかもフランス語で。彼はすごく集中していて、次の選手にもフランス語で支持を出したんだ。そしてその相手はマルコ・ロイスだったんだよ。当然だけれど、彼は何を言っているのかさっぱり理解できなかった。控室は大笑いだったよ。”とこのミッドフィルダーはクラブホームページのインタビューで明かしている。



ドルトムントは3月9日に行われたこの試合で苦労した末に3:1で勝利している。マルコ・ロイスがハーフタイム後に先制ゴールを挙げ、試合終盤にアルカセルとプリシチがゴールして勝利したのだ。ドルトムントはそれまで8試合連続で勝つことができなかったが、この試合が大きな転換となっている。



ゲレイロによると、ファヴレは一部の例外を除いてはチームや選手とはドイツ語で会話するようだ。“彼はすでに何年もブンデスリーガにいるからね。彼は僕と二人の時もドイツ語で話しかけてきたけれど、‘今は僕たちだけだからフランス語で話しても良いですよ。’って言ったんだよ。”とゲレイロは語っている。



ゲレイロはフランスで生まれ、ドルトムントに移籍する前はフランスのロリアンでプレーしていた。





以上です。


ゲレイロはフランスとポルトガルの両方の国籍を持っているようですね。いろんな国の言葉を話す選手がいますから監督も選手も外国語の力というのは本当に重要ですね。


[ 2019/04/04 10:11 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
失敗で和やかになって勝てたのか
やはりツイてたな今季のドルトは
これがラストまで続くとは思えんが
[ 2019/04/04 16:09 ] [ 編集 ]
自分の生まれた国でずっとプレーするなら必要ないかもしれませんが移籍で何ヵ国もまわる選手も多いですよね。香川もドイツ語英語だけでなくスペイン語も勉強してるらしいし世界で活躍するには語学が大事。監督は指示を出すのでもっと大変そう。
[ 2019/04/04 18:53 ] [ 編集 ]
言語という意味で日本人て本当にディスアド抱えてますよねぇ
せめて文法だけでも英語と同じになればよかったのに
[ 2019/04/04 19:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。