ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ポカール】バイエルン!2部のハイデンハイムに5:4で勝利!準決勝進出!《ドイツの反応》

【ビルト】

ズィーレのレッドカードと9ゴール!

ミュンヘンでポカール・クレイジー!


bv.jpg


この試合は本当にすごかった!!


バイエルン・ミュンヘンはポカール準々決勝で二部のハイデンハイムを5:4で下したのだ。

非常に勇敢なハイデンハイム、そしてレッドカード、PKが二つ、ビデオ判定!もうこれ以上は望めないだろう。



しかし試合はすでに開始12分で決まったかのように思われた。キミッヒのコーナーからゴレツカがヘディングで決めてバイエルンが先制したのだ。


スポンサーリンク




しかしそれから試合は信じられない流れとなっている。



▶12分:ティアゴのありえないパスミスに反応したニコラス・ズィーレがアンドリッチにファールしてしまう。審判は最初イエローカードを出したが、ビデオ審判の介入により、レッドカードに訂正している。緊急ブレーキと判断し一発退場だ!


ビルト日曜版審判のキンヘーファー:“これは明らかなゴールチャンスをファールで阻止したことになるのでレッドカードは妥当だ。”


これに対してニコ・コヴァチは23分にリベリーを下げてボアテンを投入している。リベリーは腹を立てていたが、それでもベンチで選手たちと手を合わせていた。


そしてこの戦術的な交代はまったく意味をなさなかった。バイエルンのディフェンスはまるで2部リーガレベルで、試合はまったくクレイジーなものとなってしまう。


▶27分:シュナッテラーが193センチのストライカーロベルト・グラッツェルにクロスを送る・グラッツェルは176センチのキミッヒとの空中戦に余裕で勝ち、ヘディングで同点ゴールを挙げている。


そして39分にはシュナッテラーだ。2008年以来ハイデンハイムでプレーしている彼はグライスベックのパスからフリーでファーサイドに決めて逆転したのだ!


バイエルンは完全に落ち着きを失ってしまった。キミッヒはパスミスの後でボールを奪う事ができずに暴言を吐いていたぐらいだ。



監督は後半から体調が万全ではないレヴァンドフスキーを投入するが、それが成功する。


▶53分:レヴァンドフスキーがPエリア内でミュラーにヘディングでパスすると、ミュラーが決めて2:2だ。


▶56分:グナーブリーがミュラーに、そしてミュラーがレヴァンドフスキーに!これで3:2!






さらに65分にはグナーブリーが4:2と点差を広げる。


しかし74分にはグラッツェルが18メートルからのミドルキックを決めて4:3と一点を返している。


▶76分:そしてハイデンハイムにPKが与えられる。フンメルスが途中交代で出場していたムルトハウプにファールしてしまったのだ。それをグラッツェルが決めて4:4だ。グラッツェルは試合前にビルトに対して、“もしゴールできたら素晴らしいだろうね。”と語っていたが、ハットトリックだ。

gula.jpg


しかしこれで終わりではなかった。


▶83分にハイデンハイムのブッシュがPエリア内でハンドしてしまう。レヴァンドフスキーがこのPKを決めて5:4だ。


2:2となるゴールを挙げたトーマス・ミュラーは試合後スカイに対して、“どう整理したらよいのか全く分からないね。4:2から4:4にされてしまったけれど、これは受け入れることが難しいね。クレイジーだったけれど、後半はポジティブだったと思うよ。1:0とした後で、まったく違った流れにしなければならなかったと思う。妻と家族がこの試合をうまく整理してくれると思うので、後で質問してみるつもりだ。”と語った。




以上です。


もうドルトムントも残っていませんので、ポカールの試合がある事をチェックしていませんでしたが、バイエルンが2部リーガに4点も取られて勝利したようですね。まあ13分に10人になってしまったのはかなり痛手でしたね。



10人とはいえバイエルン相手にハットトリックを挙げた選手はクラブの伝説となる事は間違いなさそうですね。


さて、バイエルンは中2日でドルトムントと対戦しますが、ドルトムントもディフェンスラインが崩壊していますから、ドルトムントが有利とも言えない感じですね。非常に楽しみです。




[ 2019/04/04 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
4-2にした後、コマンが足を痛めて出ていた時間があり、すでに交代枠も使い切っていたので一気に流れがおかしくなって4-4にされてしまいましたね。
最初の退場といい、とにかくバイエルンは不安定だなという印象です。
とんでもない試合を見れました。
[ 2019/04/04 06:05 ] [ 編集 ]
私も遅れて試合見ましたが、ズーレが試合早々に未熟なプレイでレッド受けたからこのような展開は仕方ないですね。またジャッジがバイエルンに厳しい判定でしたし、とはいえバイエルンは攻撃的にシステムを変えて面白い展開でしたから楽しめました。この試合でわかった事はボアテン、フンメルスはスタメンには厳しくなってきたということ、守備の選手が酷すぎて補強が必要と言うことがわかった事ですね。最近の対戦クラブは引きこもらず、得点とろうと向かってくるのでバイエルンの選手も楽しそうにプレイしてるのがいいですね。
[ 2019/04/08 07:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。