ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表のラームとシュヴァインシュタイガー!ロイスのバイエルン入りを希望しなかった!!?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ラームとシュヴァインシュタイガー!


ロイスのバイエルン入りを希望しなかった!

reus34.jpg


BVBのマルコ・ロイスはまだ一度もリーガで優勝していない。しかし彼がバイエルンに行っていればすでに6度優勝していたかもしれない。スポーツビルトの情報では、過去にバイエルンがロイスの獲得に動いていたとされている。そして何度も秘密の会談が行われたとのことだ。


スポンサーリンク



2011年の4月1日にバイエルンのボスはロイスの代理人に接触している。彼らも1750万ユーロでグラートバッハとの契約が解除できることを知っていたのだ。


当時のバイエルンの監督ユップ・ハインケスは2011年の12月にロイスを自宅に招待し、バイエルン移籍を説得しようとしていた。


しかしチーム内でロイスの獲得を希望する選手はあまりいなかったようだ。当時リーダーだったフィリップラームやバスティアン・シュヴァインシュタイガーはロイスのプレーを説得力があるとは思っておらず、彼の勝利の遺伝子に疑いを持っていたとのことだ。


結局移籍は実現せずロイスは2012年にドルトムントに移籍している。



今ロイスはバイエルンでなくても優勝できることを示すつもりだ。これが実現すれば彼にとって最初のリーガ優勝となる。





以上です。


バイエルンに行かなかったのはあくまでロイスが断ったからですが、これだとなんかバイエルンがロイスを断ったみたいな感じですね。頂上決戦の前にドルトムントに揺さぶりをかけるつもりでしょうかね。バイエルンは結構せこい事をやりますからね・・。


しかし勝利の遺伝子に疑問って、よくわかりませんね・・。





[ 2019/04/04 21:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
あの時ってリベリーとロッベンが不動でしたからね。行ってもロイスに出場チャンスがあったか解らないので選手としては結果オーライなのではないかと
[ 2019/04/04 21:34 ] [ 編集 ]
相変わらず狡いやり方ですね
こんな形でしか勝機を見出せないのか、見苦しい
[ 2019/04/04 21:58 ] [ 編集 ]
バイエルンが対戦前に揺さぶってくるのはいつものこと。
それにしても、勝者のメンタリティがないとはな。これ、ビビリといってるのと同じだからな。思い当たらない節がないわけではないけど、子供じみた論評だわな。
逆に爆発的に点取られたれたりして笑
[ 2019/04/04 23:42 ] [ 編集 ]
ロイスとゲッツェでは、ロイスの方が能力は上だと思いますけど、タイトル数では圧倒的にゲッツェに軍配が有る。ロイス程の能力なのに、タイトルに恵まれないのはやはり「勝利の遺伝子が無い」のかもしれません。勝利というのは最後は「運」も有ります。「大切な試合の前に怪我をしない運」「勢いの有るチームに恵まれる運」「名将に出会う運」…ロイスって運を持ってない。
[ 2019/04/05 00:05 ] [ 編集 ]
勝利の遺伝子ってのがよくわからないけど、ロイスはツキを持ってない選手に見えるってならちょっとわかる。
[ 2019/04/05 04:21 ] [ 編集 ]
バイエルン行ってたら試合出れなかったでしょうね。
ロベリ、そのあとコスタとかも入ってきてコスタですら出れないからチームを離れましたし。
ドルトムントで正解だと思います。
[ 2019/04/05 05:53 ] [ 編集 ]
勝利の遺伝子というか不運なのは誰もが思ってますよね。そもそもドルが2連覇した後に入団というのもね。ゲッツェは運を持ってますから対照的です。
[ 2019/04/05 08:17 ] [ 編集 ]
ロイスがバイエルン行ってたらミュラーのポジションで使われるか併用されただろうからロベリコスタを出すのは的外れだと思うね、というかまだバイエルンやドルトムントのドイツ人優遇がなかった前提で話してる人が居て驚きますね
[ 2019/04/05 17:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。