ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

FCバイエルン、ボアテン!ドルトムントとの頂上決戦後にパーティーを主催し幹部から批判される!《ドイツの反応》

【ビルト】

BVBとの試合から3時間後!

バイエルン幹部がボアテンのパーティーを批判!


boateng456.jpg


バイエルン幹部からパーティーに対する批判が・・。




土曜日の夕方、ミュンヘンで頂上決戦が行われるが、そのわずか3時間後にボアテンが、ミュンヘンのクラブP1でパーティーを主催している。ボアテンは、“僕をサポートしてくれるすべての人のために”としてゲストを招待している。しかしこの日程は少々強引だったようだ。バイエルンのスポーツディレクター、サリハミジッチもそのように思っているようだ。


スポンサーリンク



サリハミジッチ:“私生活に首を突っ込みたくはない。しかし今はサッカーに集中するべき時だ。私だったら選手としてそのような事はしないだろうね。特にこのような試合のときは。試合がどうなるかわからないからね。良い試合になる事を望んでいる。彼が私に聞いていれば、そうしないように助言しただろうが・・。”



そしてそれはバイエルンの監督ニコ・コヴァチも同様だ。“私個人的にはその日にパーティーは企画しなかっただろうね。”とコヴァチは語っている。



バイエルンにとっては次の試合は最も重要な試合だ。先週フライブルクに引き分けたことでドルトムントとのポイント差は2ポイントとなっている。



ミュンヘンはドルトムントに勝利しなければならないのだ。そうしないと優勝はほぼ不可能となってしまう。そうなったらパーティーでお祝いをする意味がなくなっていまう・・。


そのためボアテンのチームメートであるマッツ・フンメルスはまだパーティー参加を保留にしている。“行くかどうかは試合後に決めるよ。負けたらそこで僕をみる人はいないだろうね。”とフンメルスは語る。



一方ボアテンはチームが敗れた後でもパーティーに顔を出すだろう。そのパーティーは彼のBOA(ボアテンの雑誌)の最新刊を祝っての事なのだから。



その前に彼は彼のチームメートたちがパーティーでお祝いできるようにしなければならない・・。





以上です。



最初はこのボアテンのパーティーがドルトムントを挑発するためのものとして報道されていたんですが、先週敗れた事で事態が深刻になってしまいましたので、ついには内部からも批判が起こってしまいましたね。


バイエルン戦に勝てばドルトムントは5ポイント差まで広げることが優勝が現実的になってきますね。

[ 2019/04/05 18:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
次のゲーム、バイエルンは負けられないね。負けたらポイントが5になるから残り6節で逆転はちょっと厳しくなる。だから最悪ドローだね。
ドルトムントは負けてもポイント差は1で2位だから楽だよな。とはいえ、バックはこれからでは直しようがないほど壊れてるから最終的な結果はどうなるかは知らんけどね。
[ 2019/04/05 18:33 ] [ 編集 ]
寧ろここを逃し追い抜かれるとドルトムントの方が圧倒的に不利
残り全勝とか絶対に無理な気がするし
そういう意味に気づいてればバイエルンのが精神的余裕があると思うけど
[ 2019/04/06 04:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。