ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!サンチェス!コヴァチにがっかり!「どうして僕がプレーしないか説明してくれない!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

サンチェス!コヴァチにがっかり!

“監督は僕がプレーしない理由を説明してくれない!”


sanche2.jpg



水曜日に行われたポカールのハイデンハイム戦(5:4)で、サンチェスは90分ベンチに座っていた。このポルトガル人はフラストレーションを溜めている。


スポンサーリンク



“もちろん僕はプレーしたいよ。”とこの21歳は試合後に語っている。しかし“でもチャンスを待っているよ。これからも練習に励みプレーする機会を待っている。”と好戦的に答えている。



しかし前半戦で説得力のあるプレーをしたにもかかわらず、ここ最近コヴァチの下でプレーしていない事が彼には理解でいないようだ。“監督は僕がどうしてプレーしないのか説明してくれない。”とこのポルトガル人は不満を口にしている。



コヴァチがバイエルンの監督に就任してから、サンチェスにとっては事態が好転していた。彼は前半戦で16試合に出場し、そこで説得力のあるプレーを見せたことで、チームメートや監督、幹部から褒められていたのだ。多くの人々は彼がようやくバイエルンでブレイクすると思っていたのだ。しかし2019年に入ってから、サンチェスはリーガとチャンピオンズリーグを合わせても50分しかプレーしていない。



“もちろんこの状況は難しいよ。だけどこれもサッカーだね。時々状況が変わってしまうんだ。”とサンチェスは今の状況を説明しようと試みた。そして、“僕はチャンスを待っているよ。でもそれを決めるのは僕ではない。”と再度語っている。




サンチェスは3月にその怒りをキッカーのインタビューで語っていた。彼はその中で現状に不満がある事、そして移籍を考えていることを口にしている。


サンチェスはその事に質問が及ぶと、“まだシーズンは終わっていない。あと2か月残っているし、2か月あればすべてにおいて可能性がある。”と語った。





以上です。


コヴァチはシーズン中に選手の起用法を変えていますね。前半戦は頻繁なローテーション不調に陥り、その後は好調メンバーを続けて起用するようになりました。


本来であれば2部相手のポカールではドルトムント戦を考慮して、サンチェスあたりにプレーさせるチャンスだったと思いますが、そうはならなかったようですね。


でもやはりバイエルンのようなクラブになると20歳ぐらいの選手がプレー時間を得るのは難しいですね。



[ 2019/04/05 20:15 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
いい監督は皆適度にターンオーバーがうまい
[ 2019/04/05 22:03 ] [ 編集 ]
そりゃビッククラブとか実力者が揃うクラブに若手は色々いて活躍しているけど大抵それまでに時間かかるしサンチェスみたいなタイプの場合いきなりバイエルンは流石にきついですね。ユーロで活躍したとはいえ。ベンフィカに一年二年いて、メガクラブか育成に定評のある監督のもとで修行してからの方がいいかもですね。
ビエルサの元に放り込んだらどうなるんだろう。
[ 2019/04/06 01:56 ] [ 編集 ]
単純にバイエルンのレベルにないからでしょう。実際スウォンジーでも目立った活躍はできなかった。レンタル修行したほうがいい。
[ 2019/04/06 06:19 ] [ 編集 ]
自分の出場した試合見てないのか? 見れば出られない理由がわかるよ。自分の役割を理解してない、プレーが雑、中盤じゃ危なくて見てらんない、かといって攻撃の技術やアイデアはない、そもそも自分ができることをアピールできてない。最初は擁護してた自分も今はもうベンチ当然と思うね。
[ 2019/04/08 07:36 ] [ 編集 ]
明らかにバイエルンのレベルにない。
[ 2019/04/08 08:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。