ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ミュンヘンとの頂上決戦でアルカセルとゲレイロも欠場!《ドイツの反応》

【ビルト】

ゲレイロも欠場!

BVB!アルカセルなしでミュンヘンへ!

alcaser9.jpg


BVBにとっては痛いニュースだ!


ドルトムントは金曜日にアルカセルとゲレイロ抜きでミュンヘンに向けて旅立っている。



スポンサーリンク



アルカセルは腕を負傷したことによりプレーできないが、ゲレイロは筋肉の問題でプレーできない状態だ。しかしその代わりアブドウ・ディアロが復帰し、左サイドバックでプレーするとみられている。さらにピスチェクとフィリップ、セルジョ・ゴメスも同行している。


アルカセルが間に合わなかったのでゲッツェが偽9番としてプレーするとみられている。



このワールドカップの英雄は今シーズン何度もパコのポジションでプレーしている。最近はマルコ・ロイスと中盤でプレーする事が多かった。ファヴレは明日の試合ではこの中盤のスーパー・デュオを分けなければならない。





以上です。



アルカセルとゲレイロがいないのは厳しいですね。明日ファヴレには何か策があるでしょうか・・。


もしマリオ・ゲッツェが明日バイエルン戦でゴールを挙げたらどのような反応をするのかちょっと気になりました。バイエルンを相手にゴールを決めて、思いっきり喜んだら、彼を受け入れるファンも増えるかもしれませんね。でもバイエルンに気をつかって喜ばないという事もあるのかな・・。



[ 2019/04/06 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
久々に、「W杯の英雄」の枕詞が出ましたね。
多分彼は永遠に言われるのでしょう。ある意味気の毒ですね。過去の栄光を引きずるから代表が弱体するのか、弱体化したから引きずるのか・・。
それにしても、恒例の野戦病院化でドルトムントの小粒感が拭えませんね。
もし彼等が敵地で勝利したら、逆にバイエルンの衰退も深刻だと思います。
[ 2019/04/06 10:02 ] [ 編集 ]
バイエルンの衰退とか関係なしに勝つことが全て
ゲッツェ頼む
[ 2019/04/06 16:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。