ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレ監督!ゲッツェをバイエルン戦でスタメン起用しなかった理由を説明!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ロイス:“僕のベストポジションではなかった”


ファヴレ:ゲッツェを起用しなかった理由を説明

goetz9.jpg



ルシアン・ファヴレ監督はバイエルンに0:5で敗れた後で非常にまいった様子だった。バイエルンとはまだ1ポイント差だが、それでもファヴレは優勝争いについてのコメントを避けている。


“次のマインツ戦に集中しなければならない。それだけだ。今日のようにプレーしたらそれは難しいだろうね。それははっきり言う事ができるよ。”とファヴレはスカイにおいて語っている。そして、“今日は良い教訓だった。バイエルンの方がはるかに優れており、素早かった。”と続けている。


スポンサーリンク



この監督は試合後批判を聞かなければならなかった。ファヴレは最近調子の良いマリオ・ゲッツェをスタメンから外したのだ。そしてマルコ・ロイスをワントップで起用している。後半の62分になってゲッツェはダフードと交代したが、その時点では試合はすでに決まっていた。


ファヴレはこれに関して、“試合後にこの戦術が良くなかったというのは簡単だけれど、4411でプレーするのが良かったかどうかはわからない。”と語っている。さらにマリオ・ゲッツェをスタメン起用しなかった理由に関しては、“最終ライン深くめざしてプレーしたかった。”そのためにはロイスが適任だと考えたようだ。しかしファヴレは、“でもそれは機能しなかった”と語っている。



ロイスもこの日の戦術に関しては少しばかり批判的なコメントをしていた。“もちろんそこは僕のベストポジションじゃないよ。”そしていらいらしながら、“でもどこでプレーしようが、パフォーマンスを発揮しないといけない。今日はそれがうまく行かなかった。”と語っている。






以上です。


どうやら相手の裏をねらって、そこからクロスなりで相手を攻略しようとしたようですね。しかしそのような場面はまったく見られませんでしたし、そこまで行くことすらできませんでしたね。やはり中央からもボールが運べないと厳しいです。


もちろん次のマインツ戦に集中することは大事ですが、ここまで来たら優勝目指してモチベーション上げないとそれ以上の力は出ないですよ。優勝目指して何が何でも勝つ気で戦ってほしいですね。




[ 2019/04/08 10:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
個人技でしかボール運べない連動性のないチームなので
中央を潰されるのは時間の問題だと思っていました
よく昨年いっぱい持ったなと思いますよ
ボシュのときより攻略早いと思ってましたから
[ 2019/04/08 11:27 ] [ 編集 ]
バイエルン戦は監督の質が出た試合だったな。
あそこまで中盤で潰されまくっているのにシステム変更も出来ずいたしな。
本当に見ていて悲惨な試合だったわ。
[ 2019/04/08 15:24 ] [ 編集 ]
悩んだ挙句にバイエルンの守備陣とドルトムントの攻撃陣を比べてクロスで点を取れると思ってるなら監督としての実力を疑ってしまいます
[ 2019/04/08 15:34 ] [ 編集 ]
4-1-4-1でトップをロイスじゃなくゲッツェにし、ロイスが中盤でゲームメイクするとしてもそこまでボール来なかっただろうな
アンカーやボランチにヴィツェルが居るとほぼ前にボール行かんから
サンチョやラーセンなんてお前試合に出てたのかよって感じだったし、経験が足りなさ過ぎ
[ 2019/04/08 16:01 ] [ 編集 ]
指揮官自慢の中盤らしいけど全く機能するどころかボールすら持てないっていう。ドルなんて長年リーグ2番手で格下チーム相手にうまくいくのなんて当たり前だし別に今季内容は圧倒してきたわけでもなし
[ 2019/04/08 16:02 ] [ 編集 ]
正直ゲッツェスタメンでも何も変わらなかったと思う。
[ 2019/04/08 16:44 ] [ 編集 ]
確かにロイスは天才的なプレイヤーだけれども、彼一人に頼る戦術は戦術とは言えないと思います。それよりも大好きなヴァイグルを何とかして欲しい。使わないけど、移籍は許可しないってのはドルトムントの流行りですかね。
[ 2019/04/08 18:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。