ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブレーメン大迫!10試合の欠場後ようやく復帰!同点弾をアシスト!《ドイツの反応》

【Deichstube】

日本人の復帰は大きな希望

大迫自身も復帰に驚き!


osako 2


大迫勇也は52分にエッゲシュタインと交代出場すると、自分でも驚いていた。彼はまったくそのような事を予想していなかったのだ。彼はまだ後半をまるまるプレーする状態ではなかったことを試合後に日本のジャーナリストに明かしている。


スポンサーリンク



しかし試合後には、大迫が10試合の欠場を経てカムバックしたことがいかにヴェルダーにとって良いことだったか、すべての人が知る事となった。なぜならクラーセンのゴールをアシストしたのは大迫のクロスだったからだ。


“どうして大迫の離脱が我々にとって痛手となる事を何度も言ってきたのか、みんなその理由がわかっただろうね。”と試合後のヴェルダーのコーフェルト監督が語っている。



大迫はプライベートの理由で最終トレーニングを休んでおり、試合当日にチームに合流しているので、試合に入るのは簡単ではなかった。アジアカップと負傷離脱の後でブンデスリーガのスピードと激しさに慣れなければならなかったのだ。


しかも大迫はプレーしてたった5分で、グラートバッハのザカリアから悪質なファールを受けている。コーフェルトは大迫を心配し、このファールがイエローカードだったことに疑問を呈している。“審判の判定には言いたくはないが、大迫が無事でいてくれてよかったよ。”と語っている。


彼がこれでさらに負傷したら本当に痛手となっただろう。なぜなら大迫はシーズン終盤、ヴェルダーにとってさらに重要となる事が出来るからだ。スポーツ部長のバウマンは、“彼スペースの中で完璧に動くことができる素晴らしい選手だ。”と語っている。


コーフェルトは大迫が40分以上プレーできるようにしなければならない。“まずは徐々に60分プレーできるようにしていきたい。そうなったら再びスタメン候補だよ。”とコーフェルトは語っている。




以上です。


大迫選手、第2子誕生と復帰おめでとうございます。いきなりアシストを決め存在感を発揮したことはさすがですね。監督も相変わらず大迫選手には期待しているようなので安心しました。シーズン残りでの活躍をまた期待したいですね。



[ 2019/04/08 18:45 ] 大迫 | TB(-) | CM(4)
さすが大迫はプレー精度が高いわ、短時間でも違いを見せて仕事してくれる。
[ 2019/04/08 19:43 ] [ 編集 ]
投入しばらくは試合勘というか動き微妙でしたけど、途中からはさすがの存在感でした
少し下がってスペース作ったり、ボールキープしたりと万能具合を示していたと感じました

これでシュートうまかったらレヴァ並の選手なんですけどね…
[ 2019/04/08 21:33 ] [ 編集 ]
第2子が誕生されたとは、おめでとうございます。
復帰されて良かったです。
アジアカップでは素晴らしい活躍でした。

チーム、代表と大変だとは思いますが今後も頑張ってほしいです。
[ 2019/04/08 23:27 ] [ 編集 ]
ドルトムントが最後の3節で当たる2チームというので見てましたけど、イヤーな奴が帰ってきた。昨日のアシストもシャヒンが入れて溢れたモンをクロスだったけど、まぁトップにいたかと思えば後ろにいたりするし相変わらずなんでもありだな。つかみどころがない。
それにしてもブレーメンは負けないね。後半まだ負けてないんじゃないの?シャヒンをリベロみたいに使い始めて負けなくなったね。守備が厚くなってフィード一発で局面打開できるから相手からすると責めるのにおっかなびっくりになるね。チャンスが簡単にピンチになる。昨日のメングラも結局ミスと技ありの1点しか点取れなくて攻めてるように見えてもコースはほぼ切られて切り返されていた。
これは本来ならドルトムントがやるべきことだと思うよ。やってたら今のように守備崩壊はなかったし、バイエルンにたった6節でポイント差9を追い抜かれることもなかったでしょ。まぁ5月の初っ端に当たりますけど厄介なことになってきたな、、、
[ 2019/04/09 02:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。