ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グラートバッハのアザール!ドルトムント移籍を決断!《ドイツの反応》

【ビルト】

アザール!ドルトムント移籍を決断!


hayard3.jpg



ビルトがすでに1月に報じていたが、どうやら現実的になってきた。グラートバッハのトルガン・アザールがこの夏ボルシア・ドルトムントに移籍するのだ。


スポンサーリンク



ビルトの情報によると、ドルトムントはすでに長い間この交渉の準備をしていたようだ。ドルトムントはプリシチをチェルシーに売却した際、チェルシーが所有するアザールの買戻しオプションを取り下げさせる事に成功したようである。



アザールは当時この件に関して、“確かにチェルシーにも僕の将来に口出しする権利がある。だけどそれはクラブ同士が決めることだ。”と語っていた。



そしてチェルシーがアザールの買戻しを諦めた事で、ドルトムントが獲得に動いたようだ。ファヴレはこれによってサイドでもお気に入りを獲得する。移籍金は4000万ユーロになるとみられている。






以上です。


どうやらアザールの獲得はほぼ決まったようですね。グラートバッハの幹部もアザールがこの夏クラブから去る事を認めています。アザールは今シーズンブンデスリーガで9ゴール10アシストを記録していますから、これは良い数字ですが、後半に入ってからは4アシストとペースがかなり落ちているのが気になりますね。

ファヴレのお気に入りという事ですが、お気に入りばかり集めた結果グラートバッハのようなチームにならないかだけが心配ですね。



[ 2019/04/09 09:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(9)
とったらそこそこやりはするんでしょうが、バイエルンのクレイジーなサイドバックの補強、フランクフルトのバックの連動性、バックの守備をかなり整備してナーゲルスマン呼ぶレッドブルなどを考えると、アザールを取ることが適切かどうか疑問に思うな。明らかに、1.5列目、2列目潰すスタイルだもんね。
それに40億ならメングラにわざわざ補強費くれてやる結果になるんでないの?
[ 2019/04/09 09:50 ] [ 編集 ]
ジャギ曰く「兄よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ!!」
[ 2019/04/09 12:53 ] [ 編集 ]
前線に関してはいい補強をするイメージですが、やはりフルバックの地味さを何とかしてほしいですね。フンメルス、スボティッチ、ソクラティスがいた頃が恋しいです
[ 2019/04/09 13:43 ] [ 編集 ]
うわー最悪だな
サンチョをこの夏売ることにしたのかな
[ 2019/04/09 14:38 ] [ 編集 ]
個人的には全く気になりませんが
ドイツのクラブなのにこれからもロイス以外は外国人しかいないスタメンになりそうですね
BVBは後ろと中盤のドイツ人がしっかりしていたイメージだったのですがそれも何年も昔の話か
素人目線で言わせて貰うとザガドゥー使うぐらいならCBだろうとヴァイグル使えばいいと思うんですが
そもそも4000万ユーロならブラント獲得レースに参戦出来ると思いますが
[ 2019/04/09 17:33 ] [ 編集 ]
これで中央はロイス固定になるんだろうし香川の復帰は無くなったな
しかしマンユの時もだがアザール兄弟とは何かと縁があるわ
[ 2019/04/10 04:49 ] [ 編集 ]
デンベレ→プリシッチ→アザール弟。
かなりスケールダウンしていきますね。
来シーズンはCL圏内危ないでしょう。
グラードバッハは良い補給するでしょうね。
[ 2019/04/10 08:51 ] [ 編集 ]
華のある選手だし最高ですね。
ヴィツェル様様です。
[ 2019/04/12 00:57 ] [ 編集 ]
プリシッチよりはアザール弟のほうが上だと思うけど
[ 2019/04/16 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。