ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントに亀裂?!4人のスター選手がファヴレ監督に怒り!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムントに亀裂が!

4人のスター選手がファヴレに怒り!


goet98.jpg


バイエルンに0:5で敗れた後で、ドルトムントに亀裂が・・


ルシアン・ファヴレ監督の予想外の起用法にうんざりしているのは、何もキャプテンのマルコ・ロイスだけではないようだ。このキャプテンはワントップでプレーしなければならず、試合後腹を立てて、“僕がそのポジションでプレーしたくない事はみんな分かっている。だけど監督が起用した場所でプレーするだけだ。”と語っている。


スポンサーリンク



そしてさらに4人の選手がファヴレに腹を立てており、さらにそのうちの一人は移籍するつもりだ。


▶ユリアン・ヴァイグルはファヴレに落胆している。彼は後半戦センターバックの助っ人として説得力のあるプレーをしたが、ファヴレは彼を外すチャンスが訪れると再びヴァイグルをベンチにしてしまったのだ。バイエルン戦ではザガドゥーを起用しているが、彼にはいっぱいいっぱいだった。ファヴレはハーフタイムになって自分のミスを修正している。ヴァイグルがプレーしてからは守備が明らかに安定していた。


この結果:ヴァイグルは移籍するつもりだ。すでに冬にも移籍を希望していたが、夏には移籍するだろう。トーマス・トゥヘル監督はヴァイグルをPSGに連れてきたがっている。


▶マリオ・ゲッツェ。よりによってバイエルン戦でファヴレはゲッツェをベンチにし、その代わりにダフードを起用している。ダフードもいっぱいいっぱいだったが、ゲッツェは0:4になってからようやくプレーしている。最近調子をあげていたゲッツェにとっては、非常に痛手だ。


▶マルセル・シュメルツァー。この元キャプテンはハキミとゲレイロが離脱しているにも関わらずプレーしていない。これはシュメルツァーがファヴレにとって第3の候補以下である事の証明だ。彼も移籍するかどうか考えるだろう。


▶マリウス・ヴォルフ。冬のキャンプでは右サイドバックを学んでいた。ピスチェクが9週間も離脱していたにも関わらず、ファヴレはヴォルフをスタメンで起用しなかった。





以上です。

まあヴァイグル、シュメルツァーあたりは相当不満がたまっているでしょうし、ゲッツェも最近のパフォーマンスを考えれば納得のいかない起用法でしょうね。


次の試合までに立て直すことができるでしょうかね・・。




[ 2019/04/09 18:40 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(17)
ゲッツェのパフォーマンスがいいなんて全く思わないけどダフードを使う意味はもっと分からないしロイスをトップにしてうまくいったことは過去ほぼないのに起用したのは1番意味が分からない。
トゥヘルでさえ格下相手にはいい戦術取ってたが格上やバイエルン戦ではいつもやったことのない守備的布陣にしてやられてたしこのチームにはそんなことはまず無理。
[ 2019/04/09 18:43 ] [ 編集 ]
上手くいってる時の勢いだけって感じはシュテーガーの時から変わってない気がします。まだまだ地力が足りないんですかね。
[ 2019/04/09 19:45 ] [ 編集 ]
ロイスとゲッツエの処遇が一番謎でした。ゲッツエの働きには満足してないけれど、ここ何試合かは彼なりに落とし所を見つけて及第点の出来で来ていてたのに、唐突にバイヤン戦は不慣れな選手たちの起用。
シュメ、ヴァイグルの扱いはかなり酷い。自分が監督する以前の監督たちに寵愛されていた選手は積極的にできるだけ排斥。好き嫌いが激しく選手層の厚さが全く役に立ってない。多分「なんの説明もない」まま使わないのだろう。気にくわないとは言えないし。あまり意見しないピシュチェクぐらいしか使ってない。
香川がベシクタシュで活躍した時、ちゃんと使われているチームメートも含めて皆で祝福してたから、監督の態度や選手起用法には疑問を持っている人が多いのでは。彼はちょっと調子に乗りすぎましたね。
ただ優勝したいなら選手は今不満を爆発させちゃいけないね。これもバイヤンの差し金?
[ 2019/04/09 20:25 ] [ 編集 ]
監督どうこうよりも選手のクオリティ全然違うし
[ 2019/04/09 20:27 ] [ 編集 ]
ビルトかと思ったら、やはりビルトだった(笑)
なんの取材も無く、記者の感想文みたいだけど…まぁシュメルツアとヴァイグルは移籍希望だろうな。ヴォルフは実力不足、ゲッツェはファブレからの信頼不足。
[ 2019/04/09 20:54 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、ヴァイグルは最初からプレーさせなきゃいけなかったと思います
[ 2019/04/09 20:55 ] [ 編集 ]
クラブ内で実績も信用があったシャヒン、香川を追い出してんだから、内部は出した時点で動揺してもおかしくないよな。あれだけ結果出しても言うこと聞かなかったら即クビだから結果出してない側からするとビビるよ。自分の身に置き換えたらヘタすればクビくらいじゃ済まないんだから。
それに細かいことにかなりこだわるらしいからプレーヤーからすると締め付けられてるようにも感じるだろ。
ただし、こんな独裁もどきなモンは結果が出てるうちはいいけど、出なくなったらモロイよな。独裁者なんて裸の王様みたいなモンだから信用はないからな。
ちなみにファブレは最終順位にかかわらず、残りゲームで5失点ならクビ切らなければダメだと思うよ。クロップやトゥヘルは実績残しても40失点で辞めたり、辞めさせられたりしたんだから。クラブの偉いさんたちはフェアにやってもらいたい。
[ 2019/04/09 21:42 ] [ 編集 ]
ロイス以外の選手が批判している発言を実際にしているんでしょうか?
その様な記事はまだ見た事がないのですが。
もし実際に発言をしていないのであれば、ビルトのこの記事は最低と言えるレベルのものだと思います。
ドルトムントに対する悪意すら感じますね。
[ 2019/04/09 21:56 ] [ 編集 ]
ロイスに続いてなんか一気に不満噴出してきてんの?
このまま調子落として順位落とさないように頑張らないとね。
[ 2019/04/09 22:37 ] [ 編集 ]
この点差、内容じゃベンチから不満が出るのも仕方ないかな
かといってベンチの選手の質がこっちにしとけば良かったと言い切れるような質でないのも事実
せめてケガが一人もいない状態から選べれば戦い方も変えられたかなー?
[ 2019/04/09 23:04 ] [ 編集 ]
ロイスは優勝を目指して結果を出してきて、冷めていたようなフロントも優勝を目指す方向に向き直ったのは良かったのですが、そのフロントが監督を擁護し選手のプレーを批判している現状は何ともですね。

立て直せることに期待していますが、監督の力量が試されるところではないでしょうか。
[ 2019/04/10 01:21 ] [ 編集 ]
特にヴァイグルはPSG移籍潰されてこの扱いだからな
記者が捏造してもドルト側はファンも含めて文句言えないわ
[ 2019/04/10 04:37 ] [ 編集 ]
キャプテンでチームの核であるロイスが不満を言っているんですから他の特に不遇な選手はもっと言ってるでしょう
[ 2019/04/10 06:24 ] [ 編集 ]
記事の内容を見たら何も怒ってないですね。
外野が面白く仕立てたいだけで。

これだけ接戦で2位にいるのも久々なんですから。
昨シーズンなどのヤバさを考えれば贅沢な悩みですよ。
[ 2019/04/10 09:50 ] [ 編集 ]
どのクラブも長いシーズン、良い時と悪い時がある。
バイエルンもリバプールもチェルシーもアーセナルもユナイテッドも…
それぞれに喜怒哀楽のドラマがあるから面白いし魅力を感じる。
微笑ましいではないか。美しいわ。
[ 2019/04/10 10:00 ] [ 編集 ]
バイエルンの自爆とサンチョパコガチャが当たりロイスが定期的に出られてるだけで他は昨シーズンと比べても大差ない悲惨さだけどな
そんなん金ない中下位にしか通用しないし今じゃ対策すらされてる始末だからな
[ 2019/04/12 01:47 ] [ 編集 ]
2位なのにさすがに悲惨はないですよ。
昨シーズンはたしかに悲惨でしたけど。
今シーズンは皆、どれだけたくさんの笑顔を見せていることか。
[ 2019/04/12 08:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。