ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント!ギュンドガン!バイエルン移籍か‼?《ドイツの反応》

【Sport.de】

ドイツ代表選手!ブンデスリーガ復帰か?

ギュンドガン、FCバイエルンへ?

gundogan.jpg



イルカイ・ギュンドガンとマンチェスター・シティの契約延長の交渉はうまく行っていない。ギュンドガンはシティとの交渉を中断したとされているが、FCバイエルン移籍が噂されている。


スポンサーリンク



元ドルトムント選手のブンデスリーガカムバックとなるだろうか?火曜日にギュンドガンのバイエルン移籍が噂されている。すでにフォーカスやスカイなどがその事について報じているが、その元となるのはイングランドの“ミラー”の報道のようだ。


そこではギュンドガンの移籍が毎日噂されているが、それによると、バイエルンの幹部はギュンドガンの獲得に希望を持っているとのことだ。


すでにボルシア・ドルトムントの復帰も噂されていたが、ギュンドガンが望むスタメンがバイエルンで保障されるかどうかは定かではない。


バイエルンはゴレツカ、トリッソ、ハメス、マルティネス、ティアゴ、サンチェスとすでにセントラルミッドフィールドは人員過剰だ。そしてサンチェスは放出されるとみられている。そうなったとしてもギュンドガンはミュンヘンで激しいポジション争いをしなければならないだろう。


バイエルンは現在世代交代中であり、ギュンドガンの年齢はかなり上という事になるが、それでもサッカー選手としては最高の年齢なので、バイエルンの世代交代を含めた大変革を助ける事が出来るかもしれない。このドイツ代表選手のスポーツ面でのクオリティーには疑いがない。そのためバイエルンがギュンドガンの獲得に本当に動く可能性は決して低くはないだろう。






以上です。

ギュンドガンはプレー時間を望んでいるため、シティからの移籍が噂されていますね。確かにバイエルンに来たとしても争いは激しくなるでしょうが、本人がドイツ復帰を望めばやはりバイエルンが有力な気がします。ギュンドガンはこの間のドイツ代表ではキャプテンを任されましたし、ドイツ代表を重視してのバイエルン移籍は割と現実的な気がしますね。




[ 2019/04/10 09:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(11)
チアゴがズバ抜けてますよね。
ハビマルも必須だし。
トリッソは稼働率悪い。
ハメスはいらないと思います。
[ 2019/04/10 09:46 ] [ 編集 ]
ドイツ代表でキャプテンマーク巻いてたから、確約ありそうですし私もバイエルンだと思いますね。
[ 2019/04/10 10:40 ] [ 編集 ]
チアゴとギュンドアンの入れ替えもあり得るでしょうね
[ 2019/04/10 10:42 ] [ 編集 ]
ギュンならバイエルンでもレギュラー取れると思います。
是非、行って欲しいです。
楽しみが出来ました。
[ 2019/04/10 11:45 ] [ 編集 ]
バイエルン行って幸せになれるんかな? 

もっとプレーしたかったら中堅のチームがいいよね。

ギュンドアンこの前の代表戦でドイツ国歌を歌ってましたけど珍しいな~と思っていました。
いつも歌わない人でしたよね。
[ 2019/04/10 11:57 ] [ 編集 ]
バイエルン行ってフンメルスとレバとでBVBを粉砕してくれ
[ 2019/04/10 16:33 ] [ 編集 ]
バイエルンは取らないでしょ
スタメンもきびしい
今まで国歌歌わなかった奴もキャプテンになると急に歌うようになります
ケディラ、ボアテングもそうでしたがなんだかね~
[ 2019/04/10 17:55 ] [ 編集 ]
バイエルンでもドルでもそこまで出場時間増えないんじゃないかなー
監督の好みの問題だからね
[ 2019/04/10 19:31 ] [ 編集 ]
なんならリバポが参戦するだろ
ターンオーバーするには中盤まだ足りない
[ 2019/04/10 21:54 ] [ 編集 ]
さすがにチアゴの方が圧倒的に上です。
ハメスよりはいいかも。
でもハビとチアゴのバランスがいいからね。
[ 2019/04/12 00:52 ] [ 編集 ]
マンシーで普通にレギュラーやってんのにバイエルンはおろかドルトでも厳しいみたいに言うブンデスファンがいて滑稽
ファンの見る目がこのレベルだからブンデスも落ちぶれ他リーグへの選手流失が止められないんだろ
[ 2019/04/12 01:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。