ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川 フライブルク戦後 ブンデス公式インタビュー

今日の劇的なカムバックでドイツ内も、賑わっています。

20140914022018a9e.jpg


今日のフライブルク戦後にブンデスリーガが公式に行ったインタビューの内容を紹介します。

20140914022026532.jpg写真はスカイが試合後に行ったインタビュー




ドルトムント - これはフットボールだけが描くことのできる現代版メルヘンだ:失われた息子が2年経ってボルシア・ドルトムントに帰ってきたのだ。- そして最初の公式戦で自身の力を発揮しただけではなく、即座にゴールをあげたのだ。

この幸せなカムバックとフライブルク戦での3-1の勝利の後で、この日本人は彼の感情を言葉で表そうと試みた。ブンデスリーガの素早いスタイルのフットボールを褒めたたえ、中でもドルトムントの同僚達に感謝を表した。

質問:香川真司さん、2年間の時を経てあなたは再びドルトムントのユニフォームを着て出場しました。ブンデスリーガに戻ってきての感触はどうですか?

香川真司:僕が今感じていることを言葉で表すのは難しいです。だけど、いずれにせよ、このスタジアムでプレイできることにものすごく大きな喜びを感じています。ずっと鳥肌が立ちっぱなしでした。


スポンサーリンク


言葉では表せない感じでした。

質問:まるで時間が止まったかのようでした:ファンがものすごい情熱であなたの名前を朗唱したした時は。

香川:南ブロックが僕の名前をコールしてくれた時は、とても言葉では表せない感じでした。それはとても心のこもった歓迎でした。ファン達は試合の前にもものすごく歓迎してくれました。それはファンのためにもいい試合をしなければならないという思いを、より強いものにしました。フライブルク戦ではいくらか成功したと思います。

質問:ブンデスリーガはいったいプレミアリーグと比べていったいどのあたりが違うのでしょうか?

香川:再びこのように素早いフットボールをすることは新鮮でした-素早い攻守の切り替えと、相手に対するプレッシングです。これはもちろん一人ひとりの選手がハードワークすることと、たくさん走らなければならない事を意味しています。僕にとってはいずれにせよこうした試合内容はとても新鮮でした。

質問:だけど、同時に力を奪われる - 64分後には交代せざるを得ませんでしたね。

香川:脚が攣ってしまってこれ以上走ることができませんでした。これからフィットネスにおいてより良い状態にすることが、僕にとって今後数週間の課題ですし、正直に言うと、まだ100パーセントには達していません。

もしかしたら、新しい香川を見せることができるかもしれません。

質問:以前の香川に戻るためには、あと何パーセントぐらいが足りていないですか?

香川:具体的な数字は今の段階で言うことはできません。しかし、だからといって、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドで過ごした2年間が無駄だったわけでもないです。そこで何かを学んだと思いますし、ひょっとしたら、この復帰の後で新しい香川を見せることができるのかなと思っています。

質問:あなたのカムバックの後で、例えばケヴィン・グロースクロイツのような、あなたを兄弟のように見てくれる人たちはどのぐらい重要ですか。

香川:ケヴィンは本当にここで僕のことを心から歓迎してくれた人でした。まさに、僕の最初のドルトムント時代に僕のことを受け入れてくれた時と同じでした。かれは僕の隣でも試合中でもとても大きな助けですし、とても感謝しています。




以上です。日本人のコメントしたものをドイツ語から日本語に訳すので、本人の実際の発言と比べて多少の開きはあるかもしれません。これからは、香川選手の口調をもうすこし研究したいと思います。



今回のスカイのゲスト解説者はかつてのチームメートのオボモエラだったのですが、元チームメートならではのコメントがいくつかありました。

試合前のクロップ監督へのインタビューで、チームのフォーメーションが4-2-3-1に戻ったことに対して、「香川がプレイしやすいためにそうしたのか」と質問。クロップ監督は「Ja その通り。」と即答。

また彼は通訳のJP(ジュンペイ・ヤマモリさん)が戻ってきたことも喜んでおり、彼がトレーニングも一緒に走る通訳であるとのエピソードを紹介。その上で彼だったら、64分で足がつることはなかったかもしれない、と冗談を言っていました。





にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



[ 2014/09/14 06:52 ] 日本人インタビュー | TB(-) | CM(26)
いろいろな情報ありがとうございます
オボモイエラがスタジオにいたのかー
香川は足つっただけで良かった
相変わらずクロップは面白いですね
怪我人が戻ってこないとCLは厳しいと思うけどそれまではどうにかして持ちこたえて欲しい
11月からウインターブレイクまでにチームとしての形が出来上がれば上を目指せる可能性は十分あると思います
[ 2014/09/14 07:07 ] [ 編集 ]
日本語でここまできちんと訳されてるインタビューが他では見つけられなかったので嬉しいです!
[ 2014/09/14 08:11 ] [ 編集 ]
No title
これは良い話
[ 2014/09/14 08:12 ] [ 編集 ]
No title
すごく面白い翻訳ありがとうございます!
はじめてここに来ましたがより本質的で参考になります!
アーセナル戦後にまたお邪魔します!
[ 2014/09/14 08:14 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます!
ドイツ語の記事を無料翻訳かけても
意味がわからない事が多く助かります。
これからも楽しみにしてますね。
[ 2014/09/14 08:21 ] [ 編集 ]
No title
ここ凄くいい!
これからも期待してますよー
ありがとう
[ 2014/09/14 08:23 ] [ 編集 ]
No title
オボさんいたね~、試合解説するのかな~と思ってました。相変わらず柔和なお顔でしたね^^

まぁトレーニングはしてたとはいえ
実戦で「走らないサッカー」から「猛烈に走るサッカー」に戻ったわけだから
少し体がついてかなかったかな。
何にしても大したことなくてよかった。
ハムやっちゃったかと思ってドキドキしたわ(´・ω・`;)
[ 2014/09/14 08:32 ] [ 編集 ]
No title
非常にありがたいです
[ 2014/09/14 09:10 ] [ 編集 ]
No title
ですし、を多用する香川
管理人さん分かってますね〜
[ 2014/09/14 09:56 ] [ 編集 ]
No title
香川のために4-2-3-1にしてくれてたのか
本当、ありがたいわ
[ 2014/09/14 09:59 ] [ 編集 ]
No title
素敵なブログを見つけた
管理人さん面白い記事をありがとうございます
[ 2014/09/14 10:14 ] [ 編集 ]
No title
遠回しだけど「マンU=走らない」っていうことだわなw

それにしてもさすがという復活弾。

帰る場所がある&迎えてくれる人がいる
って素敵なことだわ。
[ 2014/09/14 10:19 ] [ 編集 ]
ジュンペーさん!!
[ 2014/09/14 10:52 ] [ 編集 ]
No title
香川インタビューうまくなったなあw
[ 2014/09/14 11:07 ] [ 編集 ]
No title
香川の口癖の特徴は「~ですし」という言い方で
接続詞が続くところだな。
[ 2014/09/14 13:00 ] [ 編集 ]
No title
まんうは攻守の切り替えが遅くて走らないという事か。
見てる時の印象そのままなんだなw
[ 2014/09/14 13:18 ] [ 編集 ]
No title
JP さんへのコメントも秀逸w
ほんと最高な監督ですね。

そして素晴らしい翻訳を有難うございました。
[ 2014/09/14 13:50 ] [ 編集 ]
No title
通訳の人も、一緒に運動するとか、大変だなぁ。
人の行動に合わせるのはかなり神経が疲れると思う。
選手より先に足が攣ったら仕事にならないし。
クロップは通訳の仕事ぶりもちゃんと評価してるから、言及したんだろうね。
この監督、ほんとヒューマンスキル高いわ。
[ 2014/09/14 14:06 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん乙であります
淳平さん大活躍www
[ 2014/09/14 14:10 ] [ 編集 ]
No title
しょうがないよね。香川は外出して鮨ばかり食ってるから接続詞はこうなる。インタの回答は旨くなってるな。管理人さん。フィーレン ダンク!
[ 2014/09/14 14:42 ] [ 編集 ]
No title
どの記事もドイツ国内の雰囲気が伝わってきて、読んでいて楽しいです。
管理人様、ありがとうございます。

1G1起点でチームが勝利し、理想的なスタートですね。ホッとしました。

それにしてもリーグをあげての歓迎ぶりと、BVBサポーターの変わらぬ愛情に、嬉しさと同時に驚きも感じています。
前回在籍時、こんなレジェンドのような扱いではなかったような・・・。
香川選手もサポーターに愛されていましたけど、彼らの息子は何と言ってもゲッツェだったと思いますし。

[ 2014/09/14 14:54 ] [ 編集 ]
No title
通訳の人の話はクロップが言ったんじゃないよね。
オボモエラだよね?
[ 2014/09/14 18:25 ] [ 編集 ]
No title
広告押してあげれば管理人さんもがんばってくれるよw
[ 2014/09/14 18:45 ] [ 編集 ]
No title
>>前回在籍時、こんなレジェンドのような扱いではなかったような・・・。

そうそう移籍前はサポーターも香川のこと
ゲッツェの代役強調しててイラッとした思い出

[ 2014/09/14 20:03 ] [ 編集 ]
No title
ドイツ後翻訳感謝します!ありがとう!
[ 2014/09/14 20:28 ] [ 編集 ]
No title
いつも楽しく拝見しています。僭越ながら、翻訳だけでなく日本語の文章もお上手で、すんなりと内容が入ってきます。その道のプロの方でしょうか(笑)。ほかの翻訳サイトとは違いますね。これからも頑張ってください! 楽しみにしています。
[ 2014/09/15 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。