ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川の評価は?ポカール準決勝BVB採点と寸評まとめ!全国紙も多数掲載!

ブンデスリーガでは毎回地元紙の採点と寸評を掲載していますが、今回はドイツポーカールという事で全国紙など様々なメディアで寸評が掲載されました。ですので今回は香川選手の寸評をいつもとは違ったメディアの採点と寸評を取り上げたいと思います。ちょっと量が多かったので今回は香川選手の寸評のみ訳しました。


2015042917584671a.jpg




【ユーロスポーツ】スポーツテレビ局

香川真司 4/4


試合序盤はバイエルンの起点となるシャビ・アロンゾとジェロム・ボアテンに対して素早いプレスを仕掛けた。しかし時間が立つに連れてこの役割が徐々に疎かになってしまった。そしてパスみすに寄って相手に先制されてしまった。この小さな日本人が前への動きにおいてアクセントを与えることが出来なかったので、クロップは彼とヘンリク・ミキタリアンを交代した。


ランゲラック 攻撃2.5/守備2.5(以下、この順番で)、ドゥルム 4/3.5、ソクラティス 4/3、フンメルス 3.5/2.5、シュメルツァー4.5/4.5、ベンダー 4/2、ギュンドガン 3.5/4、ブラシコフスキー 3.5/2.5、マルコ・ロイス 3/3.5、オバメヤン 2/2.5、ミキタリアン 1.5/2.5、カンプル 3/4、ケール 4/2.5


201504291758577de.jpg






【フォーカス】ニュース雑誌


香川真司 4

彼は28分にドルトムントの攻撃を導こうとしたが、彼のひどいパスが相手の先制点を可能にしてしまった。よく走っていたが攻撃においては効果がなかった。後半途中でミキタリアンと交代した。


ランゲラク 2 、シュメルツァー 4、ソクラティス 4、ドゥルム 3、フンメルス 3、ギュンドガン 4、ベンダー 2、ブラシコフスキー 3、香川 4、ロイス 3、オバメヤン 3、ミキタリアン 2、カンプル 、ケール 3


201504291758463b7.jpg





【スポーツ1】テレビ局


香川真司 5

クロップの作戦ではこの日本人がブンデスリーガ前半戦のようにマンツーマンでシャビアロンをを止めるべきだったが、今回はうまく行かなかった。試合をつなぐことは出来ずボールをパスすることも出来なかった。数滴有利な状況での彼の壊滅的なパスによってバイエルンが先制することになった。70分には交代させられてしまった。


ランゲラク 1、シュメルツァー 3、ソクラティス 4.5、ドゥルム 3、フンメルス 4、ギュンドガン 3.5 、ベンダー 3、ブラシコフスキー 3.5、香川 5、ロイス 3、オバメヤン 2.5、ミキタリアン 2、カンプル 5、ケール 2



スポンサーリンク


【南ドイツ新聞】全国紙 寸評のみなので香川選手だけ掲載


おかしな事に(注:苛立たしいことに、混乱することに、というニュアンス)チームメートからボアテンとの空中戦を強いられるようなパスばかりをもらうことになってしまっていた。しかしこれはこの小さな日本人にとっては無謀な企てである。これはまるで小さな子供が電気のスイッチに手をのばそうと頑張っているかのようであった。彼は低いパスでは長所を活かし、何度もドルトムントの攻撃の起点となるように試みた。しかし彼がボールを持って長い走りを見せた場面ではスピードをあげることを忘れてしまった。それによってロベルト・レヴァンドフスキーの先制点の起点となってしまった。ボールを持ちすぎてパスミスをしてしまし、バイエルンがカウンターに成功した。彼は電気のスイッチを見つけることはできなかった。

20150429175844810.jpg






【Ran.de】


香川真司 5

試合開始30分までの香川は本当に良かった。しかし彼がひどいパスミスをしてしまい、それによってバイエルンの先制点を導いてしまった。その後彼はこのパスミスを頭から消し去ることが出来ず、一番最初に交代させられた。


ランゲラク 2、シュメルツァー 3、ソクラティス 3、ドゥルム 4、フンメルス 3、ギュンドガン 4、ベンダー 4、ブラシコフスキー 4、香川 5、ロイス 4、オバメヤン 2、ミキタリアン 1、





【Web.de】


香川真司 寸評のみ

パスミスが相手先制点の起点となってしまたた。攻撃面で少しいっぱいいっぱいだった。70分に途中交代。

201504291758449c8.jpg






【西ドイツアルゲマイネ新聞】


香川真司 5

BVBは攻撃において、躊躇しがちで考えもとても遅かった。そしてこれがこの日本人の動きを固くしてしまっていた、とても有効的な攻守の切り替えで、のろのろし過ぎで、彼が相手ペナルティーエリアの前で時間をかけ過ぎで、最も悪い選択をした事は正にセンセーショナルであった。その結果ベナティアがボールをダッシュし、レヴァンドフスキーがゴールを決めた。ボールに対しても他のドルトムントの全選手と同じように、普段の試合よりも悪かった。


ランゲラク 1.5、シュメルツァー 4、ソクラティス 4、ドゥルム 5、フンメルス 3.5、ギュンドガン 5 、ベンダー 3.5、ブラシコフスキー 5、香川 5、ロイス 4、オバメヤン 3.5、ミキタリアン 2、カンプル 5、ケール 3


20150429175859bf5.jpg





【ルーア・ナッハリヒテン】


香川真司 5

我が編集部は、この日本人がポカール対決での主役となるだろうと予言していた(注:試合直前にルーアナッハリヒテンは“スーパー・エージェント香川”と題した特集記事を掲載。)そしてその予言は的中した。しかし我らが思っていたのと違った形で。0:1とされた、絶好のカウンターの場面で、4人~6人のチームメートを見逃してしまったのだ。そしてそれに対してレヴァンドフスキーが先制ゴールを決めた(29.)。それ以外は何かを無駄に探しまわるようで、一対一に臨むこともなかった。彼は受け見過ぎた。


ランゲラク 1、シュメルツァー 、ソクラティス 3.5、ドゥルム 、フンメルス 3 、ギュンドガン 5、ベンダー 3.5、ブラシコフスキー 5、香川 5、ロイス 4 、オバメヤン 3.5、ミキタリアン 2、カンプル 5、ケール 3


2015042917584544f.jpg







以上です。

さすがにあのパスミスが相手先制点へつながった事で印象が悪くなってしまいましたが、批評家達は一体何を期待しているんでしょう?相手はつい最近優勝を決めて、ポルトを6:1とボコボコにしたバイエルンです。何もディナモ・ドレスデン相手にボロ負けしたかのような書き方をしなくても良いのではないかと思うのですが・・・。


まあ香川選手のあのパスが先制点へとつながってしまったのは事実ですが、管理人個人的には、攻撃陣が相手ペナルティーエリア付近で犯したミスは過度に責められるべきではないと思います。相手ディフェンダーだって本気なわけですし、あそこでボールがつながらない事なんでしょっちゅうあります。むしろ瞬時にスペースを見つけたベナティアとあれを決めたレヴァンドフスキーを褒めるべきだと思います。


管理人は昨日の試合はスカイの実況者があまり好きではなかったので、ドイツ第1放送(無料)の方を見たのですが、この場面について解説者のメメット・ショルが「こういった事(攻撃陣の相手陣内でのパスミス)は常に起こりうる。しょうがない。」と3回繰り返して言っていた事が印象的でした(質問をしたリポーターがどうしてもその場面についてのコメントを引き出したくて3回も質問をしたわけですが・・)。

彼の見方としては、レヴァンドフスキーから30メートルも離れていたソクラティス、それから判断が遅れたランゲラックの方が問題だったとの事。あれがノイアーだったらすかさずゴールから飛び出してレヴァンドフスキーよりも前にクリアしたかもしれないとの事でした。

確かにディフェンスラインをあれだけ上げるのだったら、裏へのロングボールでカウンターと言うのは常に頭に入れて置かなければいけないですよね。ワールドカップのドイツ代表の試合でもああいう危ない場面は何度もありましたが、ノイアーの飛び出しがあるからディフェンスラインが高くても対処できたわけですしね。

しかしメメット・ショル(元バイエルン・ドイツ代表)の解説は選手目線で良いですよ。


クロップの試合後のインタビューでは香川選手に対しては「普通に良かった」、相手がハンドPKをもらえず少し動揺していた所でミキタリアンが新たな風をうまく吹き込んでくれたと話していましたので付け加えておきます。


いずれにせよファンとしては勝ったことが大事です。

写真はルーアナハリヒテンから引用しました。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/04/29 18:46 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(61)
パスミス以外の場面で何もしてないので、そこをクローズアップされるのも仕方ないと思います
[ 2015/04/29 20:14 ] [ 編集 ]
No title
南ドイツ新聞の寸評が全てだと思います。
[ 2015/04/29 20:18 ] [ 編集 ]
No title
パスミスではあったが、PA前で挑戦することを責めるのはマヌケなこと以外の何物でも無いとは思うね。

私としてもメメット・ショルさんと同じ意見です。
一人だけ自陣に残ってる相手にオフサイドにするわけでもマークするでもない中途半端な立ち位置に居たDFが責められるべきだと思いました。

そもそも4-3-3の3トップの右サイドに香川をやっておいて試合の組み立てを期待してる時点でおかしな話なんですけどもね。
[ 2015/04/29 20:41 ] [ 編集 ]
リスクチャレンジといえば聞こえはいいが
もっと早く出せたのにダラダラと周りの上がり待って、味方が完全に前がかりになって、
その上で一番無難な選択して、しかもミスってるのが問題なのだと思う。
そりゃ言及されるでしょう。
[ 2015/04/29 20:54 ] [ 編集 ]
No title
あのパスが通っていれば
少し角度のない場所だったけどロイスがシュートにいけた場面
通るか通らないかは紙一重だ
逆に紙一重のパスを出さないと
バイエルンのDF陣をこじ開けるのは難しい
日程きつい状態で香川なりに頑張ってたよ
体は重そうだったけどね
[ 2015/04/29 21:14 ] [ 編集 ]
No title
狙いは良かったね あのパス 
コースも完璧だった
あれを持ちすぎと捉えるのはサッカー知らなすぎる
通ったら一点もので、無難に右に振ったらクロスで終わってた
香川の狙いに引っかかって身体を振られながらも、反転して足に引っ掛けたベナティアを褒めるべき
[ 2015/04/29 21:19 ] [ 編集 ]
No title
確かに失点シーンのDFとGKはひどかった、もちろん冷静に決めたレバを褒めるべきでしょうけどね。

あと、香川のパスをカットしたバイエルンのDFも褒めるべきでしょうね。
逆に言えばそこが見せ場なわけですからね。

それにしてもよく勝てましたねwダイジェストしか見てないのですが、それでもヒヤヒヤしましたよ。
[ 2015/04/29 21:28 ] [ 編集 ]
No title
うーん
それほど酷評される出来では無かったと思うけどなぁ
前線のプレスはしっかりやってたし
ほとんどボール持てない中では良くやった方だけど。
あのパスミスだけで採点されてるような・・・。
[ 2015/04/29 21:52 ] [ 編集 ]
No title
香川の選択ミスは印象が悪かったですね。評価が悪いのも頷けます。

まあ良くも悪くも ”チーム・ロイス” ですね。彼が居ると香川にはパスがあまり来ません。
絶不調のロイスにボールを入れるだけですからチームとして何も出来ないですね。

クロップは何故フォ-メーションを弄ってしまったんでしょうかね。
バイエルンに合わせて受身にならず最近調子の良い4-2-3-1で良かったんじゃないでしょうか。
オーバメヤンを右サイドに、クバを3ボランチの右に置いて彼らの良さを消してしまい、
それによって香川も影響を受けました。

クロップはスター選手が不調の時に交代させられないタイプみたいですね。
代わりの選手がいるいないに関わらず不調の選手を使い続けることはチームのバイオリズムを低調なものにしてしまいます。
スター選手の多いビッグクラブでは大変なものになるでしょうね。
[ 2015/04/29 22:00 ] [ 編集 ]
No title
あそこ通ってたら1点もんだったしなぁー紙一重だわ
裏もまぁ空いてたんだけど・・・
あの場面慌ててバイヤンは下がっていったからボール持った香川にプレッシャーがあまり来てなかった状況で確実にゴールが決まる最高のパスを選択しようとしたんだろう 一瞬判断が遅くなった気はする

ただまぁあれ通ってロイスが決めてれば評価は3にはなってただろうしサッカーの個人評価ってそんなもんだよね
次に期待しましょう!
[ 2015/04/29 22:01 ] [ 編集 ]
何もしてないとは極論ですね
好評に繋がる目立った活躍をしてないことは確かですが、ユーロスポーツの通り序盤は良くやってた方だと思いますけれどね
それに失点した場面でも逆起点になったことは酷評されても仕方ないけれど、それを言ったらソクラテスやランゲだって同等に酷評されなきゃおかしいはず
負け試合でもないのに香川「だけ」酷く責められるのはユナイテッド時代から変わりませんね
[ 2015/04/29 22:04 ] [ 編集 ]
あの場面でのパスミスを叩くのはおかしい気がする。
叩くなら消えていた時間が長いことじゃないかな?
[ 2015/04/29 22:14 ] [ 編集 ]
No title
ります。

攻撃選手としてみるならば香川は物足りないでしょうし、失点に繋がってしまたパスミスは印象が悪くなるのは仕方無いでしょう。

ただインタビューにもある通り、香川はポジション変更してまでシャビアロンソ封じという大きな守備タスクを任されてます。その点を他の攻撃選手と同じに捉えるべきでは無いですね。

しかも相手もそれを避ける為ボアテングとラームを近くに回してアロンソラインを作っていたので、香川は一人で同時に3人もケアするという超ハードワークでした。

その意味じゃ仕事したと思いますね。香川は中間ポジショニングで複数同時に見る守備が得意だから、クロップもそこを見込んでアロンソ封じに香川を選んでいるはずです。まああの攻めのパスが繋がらなかったところで失点になったからケチが付いてますが。
[ 2015/04/29 22:15 ] [ 編集 ]
No title
僕は何の心配もしてないです。
復調傾向にあり、悪い試合と良い試合の割合で
どんどん良い試合が増えているようですし。
[ 2015/04/29 22:15 ] [ 編集 ]
No title
とにかく試合に勝った事、これが全てですよ。サッカーは個人の採点競技じゃありませんから、個人のミスも周りがカバーして勝てばOKなスポーツです。
[ 2015/04/29 22:25 ] [ 編集 ]
採点なんでしかたないのかもしれませんがちょっと厳しいですよね?この試合での香川選手の役割とかパスのタイミングが遅れたことの説明があるとよいのですが。日本のTV中継でもそこのところの解説がなく、
本人の試合後のコメントやここの管理人さんのコメントで納得しました!
[ 2015/04/29 22:29 ] [ 編集 ]
No title
管理人様の仰る通りだと思います。

そして、バイエルンという強豪に勝って決勝に進んだ事、この結果が全てです。個人の出来不出来など勝利の前には全くもって些細な事ですね。
[ 2015/04/29 22:35 ] [ 編集 ]
なかなか活躍が継続できないのが残念ですね。メディアも良い時の香川にとても期待してるので裏切られたら思いっきり酷評してくれます。本当にハードルが高い。そして日本のメディアも煽るしね。

ただ香川自身は前向きなコメントを残してるし
もっと良くなって行くと思います。それがポカール決勝の場で見せられたら最高ですね。
[ 2015/04/29 22:36 ] [ 編集 ]
No title
サッカーは11人で相手のゴールに多くボールを入れる競技であって、個人の出来が良くても試合に勝てなきゃ全く意味が無いスポーツです。逆に精彩欠いてもチームが勝てれば帳消しです。そうやってお互いフォローし合って戦う競技ですから、次の試合で挽回すれば良いだけです。

本質は、チームが勝ったか負けたか、そこに尽きますね。
[ 2015/04/29 22:38 ] [ 編集 ]
No title
クロップが評価してくれてるならそれが一番ですね
[ 2015/04/29 22:49 ] [ 編集 ]
No title
抜けてたら絶妙のパスだったと思いますし、毀誉褒貶、紙一重って感じですよね。

リアルタイムで見ていて、右に出すと思った瞬間左にパスが出たんで、「お!さすが香川!!」と思った瞬間インターセプト・・・。
香川をけなすより、相手DFを褒めたいですね。
[ 2015/04/29 22:53 ] [ 編集 ]
No title
香川は最初からボランチをマークするという役割を固定されてるように見えるので、攻撃のときに読まれやすいのかもしれない。4231で固まってる。
ムヒが入って4222みたくなってロイスが中央に入ることによって変化が生まれた。
4231の時に香川はロイスと数回ポジションチェンジした方がいいと思った。クロップはそう指揮した方がいいのでは。
[ 2015/04/29 23:22 ] [ 編集 ]
No title
南ドイツ新聞の内容が正に思っていた所、ボアテングがマークについてるのに、ハイボールを寄越して香川を競わせるほど滑稽なことはない。ボールを前線に早く送ろうとしてロングボール多用もいただけなかった。まぁボールロストを恐れて前にパスを出せずみんなビビッていたのは見て分かったけれども。香川もロイスに頼らず、折角フランクフルト戦でボランチとSBの信頼関係を築き始めたのだから、彼らと連携してボールを前線に送る工夫をした方が良かったね。
[ 2015/04/29 23:40 ] [ 編集 ]
No title
攻撃と守備のせめぎ合いの中でミスを恐れていたら、ボールをどこにも出せませんよね。
あのパスミスは、運悪く失点につながってしまっただけ…(しかし、レヴァはすごい)。
クロップ監督は「(失点につながったミスについて)しかたない」とも言っていたそうですね、正直、救われる気がします。
ドルの監督がクロップでよかった…と思いつつ、あぁ、だけど、もうすぐクロップとはお別れなのか…、香川さんとクロップの微笑ましいシーンはもう見られなくなるのかぁ…と最近、涙もろくて?困っています。
[ 2015/04/29 23:49 ] [ 編集 ]
あのパスはテレビで見てて驚かされた。展開的にもドゥルムに出すのが自然だったし、バイエルンのディフェンスもそれに合わせてポジションをとりなおそうとしてるように見えた。あの場面でシュメルツァーに通っていたらペナルティの中の陣形はパニックになっててたと思う。結果は残念な事になったけどチャレンジという意味ではおもしろかったと思います。
[ 2015/04/29 23:54 ] [ 編集 ]
No title
最近の日本のサッカーファンは選手目線で観戦できない人が多いと感じます。

上から目線というか想像力の欠如というか
結果至上主義ともいえるでしょうか?

ドイツの方々のサッカー観戦時の感性は
この辺は
日本と違うのでは?と思ってしまいます。

国民のサッカーに対する感性が、
まさにワールドカップの結果や
国内リーグのレベルの差に
出てているなあと
思うのですが、管理者さんはどう感じますか?
[ 2015/04/29 23:59 ] [ 編集 ]
No title
まああまりにも素直なタイミングでパスを出してしまったというのはあるな

[ 2015/04/30 00:08 ] [ 編集 ]
あのパスミスが擁護されるのなら、今までドリブルチャレンジやミドルで失敗してボコボコに叩かれてきたムヒタリアンこほ擁護されるべきだった。
それこそフェアじゃないと思う。
[ 2015/04/30 00:30 ] [ 編集 ]
No title
うーん、色々な意見があるけど、プロって結果出してなんぼなんだよね
昨日の香川は結果も内容もだめだったよ
[ 2015/04/30 00:51 ] [ 編集 ]
No title
チーム・ロイス。
そして、クロップ評も言い得て妙ですね。
今シーズンを言い表していて、すごく納得出来ました。
[ 2015/04/30 01:02 ] [ 編集 ]
負けてたら香川は戦犯なわけだから、メディアからの酷評は仕方ない
香川はランゲラクに飯を奢ればいいよ

誰かのミスは、他のやつらが取り返す
それがチームスポーツ
[ 2015/04/30 01:04 ] [ 編集 ]
No title
サッカーはチームの勝利という結果が全てであって、香川が一人で良いプレイする事が目的じゃないんですがね。負けたらそれこそダメですけどね。勝ったからOKです。それがサッカーです。

本田にしてもそうですが、日本では香川個人の例のプレイの事しか語られず、まだまだ選手個人の目線でしかサッカーを見れないところが後進国だと感じさせられます。

その点、管理人様やメメット・ショル氏の視点の広い意見には勉強になりますし、共感もさせられます。
[ 2015/04/30 01:14 ] [ 編集 ]
No title
ムヒタリアンに文句言っているのはそれこそ彼のスタイルが嫌いな少数の人だと思いますが、少なくとも自分はムヒタリアンの能力は評価してますよ。ちゃんと彼の能力の高さを認めてる人の方が多いと思いますが。

ただ、彼は最近になるまで味方と噛み合わなかったり意図の無いドリブルでのロストが今季だけで最低10回以上はありますからね。さすがにそこまで度を超したらいけないですね。香川の今回のチャレンジの失敗も、一回や二回ならまだしも、五回も6回もやってたとしたらそりゃあ酷評でしょう。でも目立った攻撃のミスはあの一回くらいですし、相手バイタルですからね。
[ 2015/04/30 01:20 ] [ 編集 ]
No title
話題のパスについて擁護はしませんが、状況や積み重ねてきたプレイが異なるので香川選手が擁護されるのならムヒタリアン選手もっていうのは、それこそフェアじゃないのでは。
すべて同じ土俵で考えるのではなく、それぞれ個々の状況によって判断されるべきです。
ムヒタリアン選手も擁護されるべき時もあったし、批判されても仕方ないときもあったと思います。
[ 2015/04/30 01:30 ] [ 編集 ]
No title
これからは香川に変わってムヒタリアンがトップ下で使われそう
[ 2015/04/30 01:33 ] [ 編集 ]
No title
ショルは香川とプレースタイルが似てたもんな
あれを咎められたらたまらん、というのは良く判ってるんだろう

[ 2015/04/30 01:38 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントにとっては憎き相手、強豪バイエルンを下して決勝進出を果たしたというのに、素直に喜べない人が日本に多いのは、チームじゃなくて香川しか見て無いから文句を言ってしまうんでしょうね。これがバイエルンファンの負け惜しみだったらまだ分かりますけどもw

果たしてサッカー見てて楽しいんでしょうか。

サッカーは個人の出来を競う競技じゃなくて、11人で相手ゴールを攻め、11人で味方ゴールを守って、ゴール数を競う競技ですよ。チームが勝ったのだからその結果こそが全てであり、そこに個人のスタッツは関与しません。

メディアを含め、日本のサッカーは本質を見誤ってしまっている気がしてなりません。それがまだまだ後進国だと思い知らされます。
[ 2015/04/30 01:48 ] [ 編集 ]
No title
「良いサッカーではなかったかもしれないけど、チーム全員の気迫で勝ちきった勝利だったからすごく嬉しかった。もちろん自分が(最後まで)出て勝ちたいというのは誰もが思うことですけど、今のチーム状況も考えると、決勝に行くことがなにより大事だったし、誰が出ようが勝つことが大事だったので、本当に嬉しかったです」

バイエルンに勝ったというのに選手の粗探しをする人には香川のこのインタビューの意味を斟酌して頂きたいですね。

誰が出ようが勝つことが大事だった、これが全てじゃないでしょうか。チーム全員でもぎ取った勝利。そこに誰が良い悪いなんてナンセンスですね。
[ 2015/04/30 02:09 ] [ 編集 ]
No title
ムヒタリアンは昨季からずっとトップ下で上手くいって無いから香川に変わってトップ下はまず無い。今季も上手くいってない。

むしろ怪我明けで調子の悪いロイスを120分使ってしまったから今週末リーグ戦はムヒタリアン・香川・クバで行くと思いますよ。左のムヒタリアンはフィットしてます。リーグ戦では2試合続けて好調ですからね。上手くいっている布陣を崩す必要など全く無いですね。
[ 2015/04/30 02:13 ] [ 編集 ]
絶好のチャンスを棒に振るミスで、しかも失点に直結したのに、批判されない方がおかしい。
他の香川選手のプレーで褒めるならわかりますが、あのパスを擁護するのは非常に違和感。どう見てもリスクチャレンジの一言で済まされない致命的ミスだと思いますね。彼にしては珍しいですが。
たとえば、あのパスをしたのがドルの他の選手だったらこうまで擁護されていたのか?と考えると尚更ねえ。
まあ次がんばって欲しいです。
[ 2015/04/30 02:13 ] [ 編集 ]
サッカー先進国であるドイツの講評がこうなんだからそれを信用するべきでは?
[ 2015/04/30 02:16 ] [ 編集 ]
No title
バイタルでのチャレンジでのミスだったら香川じゃなくて他の選手がやったとしても仕方無いと考えるでしょうね。相手が難攻不落のバイエルンなら尚更。

管理人さんも仰っているように、あれは重心の逆を突かれたのにいち早く反応して片足だけ残したベナティアの守備を褒めるべきだと思いますね。

同じような攻めのパスが相手にカットされるなんて、バイエルンだって何度もありましたよ。それが失点に繋がるか繋がらないかはチームとしてのカウンター守備の違いですね。
[ 2015/04/30 03:11 ] [ 編集 ]
No title
バイタルで攻めのミスするなというのは、チャレンジするなと同義。無難なパスに終始していたらしていたで、それこそ香川はチャレンジが足りないってどうせ言われてたと思う。結果至上主義の世界だから。

なので攻めの選択自体は別に間違ってない。ただもう少しだけ早めにパスを出すべきだったかな。
[ 2015/04/30 03:14 ] [ 編集 ]
No title
先進国だからといってドイツの新聞社の誰もがサッカー経験ある一流記者だと思ったら大間違い。地方紙とか日本のスポーツゴシップ紙と変わらないところも結構ある。点数の基準にしても不明確で適当。

某大手紙ですら予想スターティングメンバーをいつも外す事からもお察し。
[ 2015/04/30 03:22 ] [ 編集 ]
No title
アウェーのバイエルン相手にも
香川はノーミスで大活躍して勝たないと
気が済まない人が多い。
あと今日ので何もしてないんだから
香川は今後、守備はしないほうがいい。
かわいそうになってくる。

パスミスが香川以外でも全然問題ない。
自分はカンプルすら責める気は全然ない。
全員本当によくやってくれた。
[ 2015/04/30 03:43 ] [ 編集 ]
ベナティアは楽に取れてましたけどね
そもそもバイエルンDFはあの場面、完全にディレイに徹してパスコースをなるべく切ってました
その上で全くベナティア選手の位置を見ずに左にはたいたのだから、簡単に取られるのは当然です
それゆえ楽な体勢でキープされ、そこから数タッチで攻勢に出られてしまったんですね
あと、あのプレーはSBの上がりを待った上でのミスなのでリスクの大きさが普通のリスクチャレンジと全く違います。
敵に前を向かれてのパスカットだけは絶対に避けなければならない場面だと断言できます。槍玉に上げられるのは当然だと思いますね。
もう一つの問題は、奪われてから全く本気のチェイスをしていないこと。あれでは印象悪くなって当然です。
こう書くとアンチだなんだと言われそうですが、無理な擁護をするより、本当に悪い点はちゃんと指摘することべきと思いますね。
かわりに昨夜の香川選手は、守備面が非常に素晴らしかったと思います。空中戦にもかなり勝ってましたね。
[ 2015/04/30 04:03 ] [ 編集 ]
準々決勝のホッフェンハイム戦も勝利したのに、
記事のコメントには他選手(特にムヒ)への辛辣な批判が何個もあった
それが今回に限って「勝った時に個人批判はナンセンス」とか、いくらなんでも都合が良過ぎる。
ドルトムントを応援してるのか、香川を応援してるのか。はっきりして頂きたい
[ 2015/04/30 04:15 ] [ 編集 ]
管理人さんの余談がとても良かった。
少し安心しました。
長いサッカー人生なんだし上手く行かない日もある。経験を糧にして欲しいですね。
[ 2015/04/30 06:46 ] [ 編集 ]
No title
フランクフルト戦でドゥルムをスペースに走らせたパスのように、香川は我々と違う視野を持っている。
チャレンジしたプレーを批判し、嬉々として個人攻撃をできるサッカーオタクは我々と違う視点を持っている。

前者は観ていて爽快、後者は残念な気分になる。
[ 2015/04/30 06:54 ] [ 編集 ]
もともとは香川から入ってドルのファンになった人が多いのでドルに勝って欲しいし香川にも活躍して欲しいのが普通ではないですかね? 香川目線になるのは仕方ないと思います。 
[ 2015/04/30 07:01 ] [ 編集 ]
>ドルトムントを応援してるのか、香川を応援してるのか。はっきりして頂きたい

俺は香川を擁護もしてないし、今までもムヒタリアンを批判もしてないが、この人のこのコメントには違和感があるわ
このブログはドルファン以外も普通に見てるわけだし、ドルファン以外のコメントを禁止してるわけでもない
チームではなく日本人選手だけを応援してる人間が多くいても、なんの不思議もないだろ
逆にアルメニアにあるサイトなら、ムヒタリアンは今までも過剰に擁護されていただろうし、ムヒタリアンからトップ下を奪った形のロイスや香川が不当に批判されてても、それはそれで仕方ないとも思う
ドルファンが集まるドイツの掲示板ですらファン同士が叩きあってるんだしな
ムヒタリアンの批判を見たくないなら、アルメニア人にでもなればよい
[ 2015/04/30 07:36 ] [ 編集 ]
私は昔からのドルトムントの大ファンなのでドルトムントの選手ならば香川選手も他の選手も同じだけ応援しています
だから、他のドルトムントの選手は遠慮無く叩いて特定の選手だけは異常に擁護されるコメントには気持ち悪さを覚えます
日本のブログだし香川選手だけ応援してる人が多いのも当たり前だとずっと我慢してましたが
試合に勝ったら批判はナンセンス、というコメントを見て、思わずそりゃないだろと言いたいことを言ってしまいました
どうもすみません
[ 2015/04/30 09:27 ] [ 編集 ]
No title
左が合っていたのか良いプレーしてる最近のムヒは叩かれてないけどね
叩かれていたのは単純にこれまでの実績でしょう
過去ミドルもドリブルもカウンターの逆起点となる割には得点には結びついてなかったから
[ 2015/04/30 09:36 ] [ 編集 ]
No title
あの失点はドルの欠点を上手く突いて来た結果なんでしょうね。
ベップもそれに合わせたような布陣取ってきてたし、次のヴォルフスブルクもそこを狙ってくるんじゃないでしょうか。
ヴォルフスブルク側は攻略しやすいかもなとクロップのコメント見てふと思いました。
[ 2015/04/30 11:54 ] [ 編集 ]
No title
パスカットされたシーンの少し前に
オーバメヤンにスルーパスを出したら決定機だった気がします。

テレビ画面上なので、実際はコースがあったかどうかはわかりませんが、みなさんはどう思います?

[ 2015/04/30 12:35 ] [ 編集 ]
No title
サッカーを見るときって、自分の人生の辛い時期を耐えるように見ないといけない時がありますね。ヨーロッパのファンは「サッカーは人生だ」とよく言いますが、最近少し理解できるようになりました。
ムヒタリアンはやっぱりドリブルが魅力的ですね。回数を減らして、ここぞという時に発揮できれば、試合の流れを変えるプレーになりそうですね。インテルのサネッティがそうだったように。
[ 2015/04/30 13:29 ] [ 編集 ]
もしかしたら香川選手もここの良質サイトを見ているかも。

という妄想でした。
[ 2015/04/30 13:38 ] [ 編集 ]
No title
公平な視点は大切ですね。

カウンターの発動をさせたのは香川のプレイによるもので、展開するなら早めの展開が必要だったと思います。
ただ、失点は守備陣のカウンターへの対応に責任がありますね。

これは何も今回に限った事じゃなく、今季の弱点です。守備陣のカウンターへの対処が甘いのはずっと繰り返してますね。フンメルスとソクラテスのライン設定のコミュニケーションミスは明らかですし、そこは香川も彼らも各々反省すべきでしょう。

でも結果として勝ったという事は各々の献身があったから勝ったのです。そこは素直に喜ぶべきですね。

勝ったというのに、酷評されるという事はそれだけ高い貢献度を求められている、期待されている証拠です。そりゃあ以前は評価1を出しまくっていた選手ですからw、そこそこのプレーで満足されないのは当然です。

来季は中心的な支柱として活躍するレベルを求められるでしょう。香川の奮起に期待です。
[ 2015/04/30 14:00 ] [ 編集 ]
No title
議論がムヒvs香川になっててワロタw
ムヒも全然ダメダメでドイツでもかなり批判されていたけど最近よくなってきて嬉しいよ、勿論香川もね
この2人がようやく活躍できるようになってきて順位も上がってきていると思うので頑張って欲しいですね
それと香川リーグ戦連続2試合ブンデス公式ベストイレブンおめでとう!
[ 2015/04/30 15:49 ] [ 編集 ]
No title
チャンスメイクに失敗したくらいで反省する必要なんてありません。チャレンジに失敗することはミスではない。成功する確立を上げればいいだけ。

ミキタリアンの話がコメントでありますが、私は彼がCFでその後ろに香川を観たいと思うのは少数派かな。オバメよりもミキタリアンのほうが視野が広いしプレーの幅があってBVBのCF適正が高いと思うんだけど。
[ 2015/05/01 02:20 ] [ 編集 ]
内容ではバイエルンに負けていたと思うけど、試合には勝った!ドルトムントに運があると思いました。勝った事が全てだと思います。改善すべき点はキッチリ改善し、リーグ戦残りの4試合と決勝戦で頑張ってほしいです。決勝戦でゴール決めたら今度は英雄扱いだと思いますよ~。がんばれ香川選手!
[ 2015/05/01 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。