ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハノーファー!原口!「負けたのは僕の責任です!」ヴォルフスブルク戦後にコメント!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

原口!ヴォルフスブルク敗戦後に

“僕たちが負けたのは僕の責任です!”


haraguchi8.jpg



ヴォルフスブルク戦で原口は2度先制するチャンスを得た。しかし彼は相手キーパーに2度とも敗れている。さらに彼はその際より良いポジションにいたニコライ・ミュラーを見逃しているのだ。


スポンサーリンク



試合後にハノーファーの選手達が応援に駆け付けたファンの下に挨拶に行ったとき、一人だけ、頭を下げてファンを見ていない選手がいた。


その選手とは原口元気だ。“今日負けたのは僕の責任です。”とこの日本人はその後で語っている。“チームに謝罪したいです。”と彼は続けている。


原口は51分と58分にゴール前でフリーとなり、先制のチャンスを得ていた。しかしキーパーに勝てるほどの冷静さはなく、さらにボールを押し込むだけでよかったニコライ・ミュラーをも見逃しているのだ




ハノーファーは攻撃のチャンスをものにしなかっただけでなく、またしても信じられないような失点をしている。1:1の同点ゴールの場面において、ヴォルフスブルクのレナート・シュテッフェン(170㎝)が187㎝のケヴィン・ヴィンマーに空中戦で競り勝ったのだ。



“こんなに身長差があるんだから、もっと別な対応をしなければならない。”とドル監督は怒りを露わにしている。さらにヴィンマー自身も“後ろで間に合うようにしたかったけれど、後ろに走りながらだったのでそれほど高くジャンプできなかった。もっとうまく守らなければならない。”と批判的に語っている。




以上です。


ハノーファーは今度はマネージャーのホルスト・ヘルトを解任しましたね。マルティン・キント会長になってからこれで契約を全うできなかったマネージャーは10人目だそうですね。


いい加減にキント自身が責任をとって辞めるべきでしょうね。




このレヴァークーゼン戦の幻のゴールをみると、なんかハノーファーはとっくに運にも見放されているという感じがしてしまいますね・・・。

原口選手がシーズン後、どういう選択をするか、気になりますね。
[ 2019/04/10 17:04 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(7)
日本に帰ってきてほしいなあと古巣サポとしては思います
[ 2019/04/10 17:12 ] [ 編集 ]
この試合原口は孤軍奮闘してたな
残留はかなり厳しいが頑張って欲しい。
[ 2019/04/10 18:21 ] [ 編集 ]
hrh
原口は一人で何でもやろうとしすぎ。このチームは決定力無さすぎるから、原口はゴールの事だけを考えていい。全部やろうとするから肝心なところで力がだしきれない。あと、ミスしても常に顔をあげていろ。下向きは運気が逃げる。
[ 2019/04/11 02:28 ] [ 編集 ]
キーパーとの1対1の時の冷静さの無さは痛々しい
余裕が無いんだろうな
久保くんさんの成長を待つしかないか
[ 2019/04/11 02:45 ] [ 編集 ]
なんだかんだEU圏でちゃんと試合出てるんだから凄い事だよね。
スタミナはあるし守備は積極的にやるしスピードとか足元だって弱くない。
個人的には良いプレーヤーだと思ってるのでもったいないし残念。
主観だと、ヘルタ最終年で選手として何か覚悟を決めたような感じを受けたけどそれ以降から空回ってるような印象を受ける。
[ 2019/04/11 02:28 ] パンrひーさんに同意で何でも背負い込み過ぎなのではと思う。
いろんないろいろが好転してほしいと願わずにはいられない。
[ 2019/04/11 13:43 ] [ 編集 ]
 原口のこういう実直なところが好きです。実直すぎて変に意識高い人の影響を受けてか間違ったエゴい方向に走ってしまう事がありますが、彼には頑張って欲しいです。
[ 2019/04/11 15:10 ] [ 編集 ]
日本代表23人には必ず入ってくる選手。
きちんと走って戦える選手というのはどの監督からも信頼されます。
彼みたいな選手こそ現代サッカーでは評価されるんですよね。
[ 2019/04/12 01:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。