ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハンブルク酒井高徳!「半分外国人であることを恥ずかしく思った!」《ドイツの反応》

【Morgenpost】

酒井、オープンに語る!

“半分外国人であることを恥ずかしく思った。”

sakai6.jpg


酒井高徳はハンブルガーにおけるリーダーの一人だ。彼は2015年からハンブルガ―でプレーしており、さらにキャプテンやチーム役員をも務めている。昨年の夏には降格の後で契約を延長して、その意思をはっきりと示していた。この日本人は自分を隠そうとしない。しかし子供のときはそうではなかったようだ。

スポンサーリンク



“僕はコンプレックスを持っていました。”と酒井は自分のプライべートなストーリーを語っている。



酒井はドイツ人の母親と日本人の父親の間にニューヨークで生まれている。彼は子供時代を日本で過ごしているが、それは決して簡単なことではなかったようだ。酒井はこれらのストーリーを今週出版された本の中で明かしている。


本のタイトルは“W”だ。この文字を選んだ背景には、彼が二つの国籍を持っていたことがあげられる。そしてそれは彼にとっては問題となっていたようだ。現時点では日本語でしか発売されていないが、酒井は“モルゲンポスト”に対してどうしてこの本を出版するにいたったのかを明かしてくれた。


“僕は他の日本人と見た目が違ったので悲しかったです。”


本の表紙には、“別にキャリアを築きたいわけではなかった。”や“人とはあまりしゃべりたくなかった。”といった言葉がかかれている。これはいったいどういう意味だろうか?


酒井:“それは子供の頃の事、そして日本での生活が関係しています。今では日本で生活する外国人も増えましたし、半分日本人、半分ドイツ人も少なくありません。しかし僕が小さかった頃はまだそうではありませんでした。僕はほかの日本人と見た目が違う事で良く悲しい思いをしていました。半分外国人で、ちゃんとした日本人ではない事が恥ずかしかったんです。僕はシャイで他の人達ともあまり話したがらない性格でした。学校にも行きたくありませんでした。”



その理由は見た目だ。酒井は自分がアウトサイダーだと感じていたようだ。彼は本を書くことによって、同じような問題を抱えている人を助けたいと思っているようだ。彼は、“もしかしたら僕と似たような経験をしている人もいるかもしれません。それについてはあまり考えすぎないほうが良い、としか言えませんね。”と語っている。


“ドイツに来てから凄くオープンになりました。”


酒井はどのようにして変わる事に成功したのだろうか?その鍵となったのは2012年にシュトゥットガルトに移籍したことだ。“ドイツに来てからすごくオープンになりました。”と彼は語る。


その理由はこうだ。“ここの人たちはすごくオープンで親切です。日本人もいつも親切ですが、ちょっと違います。ドイツではもっと距離感が近いですし、そこは大きな違いですね。”それが酒井に大きな影響を与えたようだ。







以上です。

酒井選手が本を出版したことがドイツでも紹介されましたが、それと同時に、ハンブルクを去る事も報道されていますね。本人は日本復帰を希望しているようですね。ハンブルガ―は昇格するチャンスが大きいので、もう一度ブンデスリーガで見れなくなるのは残念ではありますが、日本での成功を祈っています。個人的には、酒井選手がハンブルガ―で日本人としてキャプテンを務めた事は凄い事なので、もっと評価されても良いと思いますね。



[ 2019/04/11 05:20 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(9)
スイスで育った春香クリスティーン、スウェーデンのリリコが子供の頃いじめられて
日本に憧れ、日本に逃げてきたという逆の体験もある
子供はどこの国でも残酷だからね
[ 2019/04/11 09:45 ] [ 編集 ]
酒井ってそこまでハーフ顔でもないよな
6:4でアジア寄り
平井堅のほうが濃い
[ 2019/04/11 12:12 ] [ 編集 ]
マイノリティを拗らせていたんだなー
そんなもん家が貧乏とかちょっと色黒とか、色素が薄いとか様々な要因があるしね
高校デビューとか大学デビューって現象が、海外デビューって事だったんだな
まー特別な何かを強調したくなるのは若いときは有り勝ちだね
[ 2019/04/11 13:43 ] [ 編集 ]
今この状態で帰っても、何かを成し遂げて帰るというとてもポジティブな終末。1部昇格を成し遂げて、晴れ晴れとして次のステージに進んで欲しい。でもなんか違うステージに行けそうな感じの昨今だからなんだか勿体無いなあと思う。
[ 2019/04/11 13:48 ] [ 編集 ]
貧乏とかちょっと色黒なんてそこら中にいるけど、当時の新潟でハーフの子は相当珍しかったと思うよ。
当時の酒井を知らない人が、大学デビューとか強調してるだけ~とか茶化すのは不愉快だね。
[ 2019/04/11 20:29 ] [ 編集 ]
はたから見たら何とも思ってなくても、本人にはもどかしいんでしょうね
ただ、アジア人にはない骨格を持っててイケメンなのはドヤ顔して欲しいですね
(中身ドジッコ側面があるので、いい意味で残念イケメンやわと思ってますが)
[ 2019/04/11 21:47 ] [ 編集 ]
当人にしかわからないでしょ
実際に似たような事情で子供の時辛い思いした人は上の人みたいに勝手は言わないでしょうし
[ 2019/04/12 00:37 ] [ 編集 ]
神戸に来るよたぶんな
[ 2019/04/12 03:10 ] [ 編集 ]
ドイツハーフのイケメンで高身長 運動神経も学校で一番
しかも年代別サッカー日本代表

女子からもモテモテだったろうに…こんなスクールカーストの頂点にいるような人にも悩みがあるとは意外だな
[ 2019/04/16 00:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。