ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「香川とベシクタシュはハッピーエンドにはならない?」ドイツ紙《ドイツの反応》

【フスバールエック】

香川とベシクタシュ!ハッピーエンドにはならない


kagawa80.jpg



ドルトムントのスター、香川真司は冬からベシクタシュ―でローン移籍してプレーしている。この日本人はトルコのスーパー・リーグで素晴らしいデビューを飾ったものの、その後勢いは落ちてきている。ベシクタシュの幹部たちはこの代表選手の完全獲得を目指しているとされているが、それは実現しないようだ。



スポンサーリンク



すでにトルコのメディア“Foromac”が報じているが、ベシクタシュにはこの中盤の選手を獲得する資金が不足しているようだ。“香川を喜んで獲得したいと思っているが、経済的な状況から言ってそれは不可能だ。来シーズンに向かってスカッドを縮小しなければならない。”とフィクレト・オルマン会長が語っている。その報道によると、香川に続いて、FCトリノからローン移籍しているアデム・リャイッチもこの夏クラブを去らなければならないとされている。


それに対してイングランドのプレミアリーグから香川の獲得を希望する声が上がっている。エヴァートンとウエスト・ハム・ユナイテッドが彼の獲得に興味を持っているとされているのだ。



この日本人はすでに2年間マンチェスター・ユナイテッドでプレーしているため、イングランドサッカーを良く知っている。



さらにFCシャルケとバイヤー・レヴァークーゼンも香川の獲得に興味を持っているとされている。香川のドルトムントでの契約は2020年までとなっている。


以上です。


これまでも香川選手とリャイッチの両方の獲得は難しいとされていましたが、今度はどちらも厳しいとの情報が上がってきたようですね。

やはりベシクタシュの経済状況を考えるとこれは割と現実的な感じがします。移籍金はなんとなかっても結局年俸がネックになりそうな気がします。給料未払いでUEFAから目を付けられていますからね。




[ 2019/04/12 17:41 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(8)
前の記事でパフォーマンスとかどうとかで買い取らないとかでしたが
結局、金銭面!
結果出しているので移籍金も上がってますし
10日程前に会長がドルトムントに香川の買取を指示したとかの記事も見ましたが
ユルユルな自転車操業ポイ経営の中分割払いとかドルトムント側も本当に分割でも払えるのかと鼻で笑ってるでしょ
[ 2019/04/12 18:10 ] [ 編集 ]
かなり前から夏6~7人出さないと経営がやって行けないのは言われてましたので
まぁ当然かと
香川の移籍先で噂になっているのは今のところ上4つですが
香川を高く評価してたミスリンタートのクラブもありえますかね
ブバチのところとかも
リャイッチもどこかのクラブからの噂はあるんですか?
[ 2019/04/12 18:19 ] [ 編集 ]
残留するわけないのでハッピーになるわけないですね笑 来季は主力選手も大幅に抜けますし若手で頑張ってください。
[ 2019/04/12 18:24 ] [ 編集 ]
3ヶ月の怪我やら干されたりでほぼ1年プレイしてない中でのレンタルで
コンディションもままならない中でも7試合3ゴール1アシストと結果は十分に結果は出してるし
ドルトムントでも干されるまではベストな選手の1人と言われてたくらい
そこそこのクラブは手を上げるでしょうね
結果出して移籍金がつりあがったのがネックかな
[ 2019/04/12 18:41 ] [ 編集 ]
ハッピーエンドも何も最初からドルトムント・香川両方から買取OPを拒否した
試合勘戻すだけの腰掛移籍!
[ 2019/04/12 18:53 ] [ 編集 ]
借金先から問い詰められたか、選挙に勝つためにスカッド整理による予算縮小、若手トルコ人回帰でも打ち出すことにしたのか。
[ 2019/04/13 00:45 ] [ 編集 ]
香川の目標はスペインでしょうが、プランB、Cがあるのはいい事ですね。
[ 2019/04/13 01:18 ] [ 編集 ]
04/12 18:19
アーセナル?それともシュトゥットガルト?前者なら同ポジ選手過多だし後者なら払える金がないけどな
プレミアならマンユチェルシー、ブンデスならドルトレンタルバックかシャルケの方がまだ可能性高いだろう
[ 2019/04/13 16:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。