ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ピスチェク!バイエルン戦でいきなり先発復帰し負傷再発!今シーズン絶望か?《ドイツの反応》

【Tオンライン】

BVBディフェンダー、ピスチェク!今シーズン絶望か?

pis.jpg


ボルシア・ドルトムントは0:5でバイエルンに敗れはしたが、まだ優勝する可能性は十分にある。ドルトムントはまだバイエルンとは1ポイント差なのだ。しかしドルトムントで長い間に渡ってレギュラーとして活躍してきた選手が離脱の危機にある。

スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントは、ルーカス・ピスチェクを諦めなければならない。しかも最悪の場合シーズン末まで。この右サイドバックは、これまで負傷していた右足を再び痛めたようだ。ファヴレは“ドクターは少なくとも2,3週間はかかると言っていた。”とマインツ戦前の記者会見で語っている。ピスチェクがシーズン中に復帰できるかについては、“それについてはまだ良く分かっていない。”と答えている。


ファヴレによると、バイエルン戦での敗戦はすでに消化されたとのことだ。“土曜日の試合を消化するのは簡単ではなかった。でも日曜日、月曜日とトレーニングだ。そうなるともう前を向くしかない、と思うしかない。他に選択肢はないのだから。”とファヴレは語っている。スポーツディレクターのツォルクは、マインツ戦で“良いリアクションを期待している”と語っている。




以上です。


バイエルン戦で9週間負傷で離脱していたピスチェクをいきなり先発起用したファヴレですが、どうやらその代償を払わなければならなくなったようですね。さすがにいきなりバイエルン戦では負担が大きすぎたようですね。これは監督が批判されてしかるべきでしょう。


この記事でははっきりと書かれていませんでしたが、西ドイツアルゲマイネ新聞やWa.deなどではバイエルン戦で試合中に再び痛めたと書かれています。



[ 2019/04/12 19:30 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(9)
ロイスも怪我明け即出場でまた怪我ってこともありましたよね
この辺りが残念です
[ 2019/04/12 20:12 ] [ 編集 ]
これはピスチェクが普通にかわいそうだわ
スタメン固定にしやすい感じではあるけど復帰してらしたでこれはほんとかわいそう
[ 2019/04/12 20:21 ] [ 編集 ]
ピスチェクは未だにドルトムントに欠かせない存在ですよね。だから無理して使ったのでしょうが、代償は大きかった。
年齢的にも大怪我や長期離脱が響くから、早い回復願います。
[ 2019/04/13 00:07 ] [ 編集 ]
監督に壊されたな。
これで右も左と同じく自分たちから相手にスペースを開けてやることになった。
これではチーム崩壊が数字に表れてくるのは時間の問題だな。なんとか今シーズン中は持って欲しいけどバイエルン戦みたいなことを続けるんであれば持たんないだろな?
[ 2019/04/13 01:27 ] [ 編集 ]
もう笑うしかないな
ディアロも同じ様に復帰してすぐに怪我してるし、次はアカンジかな
そしてコンタクトが少ないヴィツェルは元気に出場し続けるという地獄
[ 2019/04/13 02:13 ] [ 編集 ]
ビシュチェクがかわいそうです。怪我明け直ぐなのに。丈夫そうなヴィツェルに代わりしてもらったらどうでしょ (^ ^)
[ 2019/04/13 07:33 ] [ 編集 ]
ファブレ監督は自分が気に入っている信頼している選手と、そうでない選手との扱いが違いすぎる。
ピスチェックは信頼していて、怪我明けで即先発だったのでしょうが、もう少し、慎重にして欲しかった。
[ 2019/04/13 08:51 ] [ 編集 ]
ピスチェクは地味ながらドルトムントで不可欠な存在なので痛いですね。年齢を考えると怪我明けは慎重に使うべきでした。
[ 2019/04/13 10:32 ] [ 編集 ]
今日のスタメンがバイエルン戦に最初からそうしてろよってメンバーになっていて笑う
ラーセンをフィリップでも良い気もするけど
それよりディアロは出場できるのか・・・なら真ん中で使って左にシュメを使えばいいものを
[ 2019/04/14 01:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。