ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBマルコ・ロイス!選手たちと個人面談!優勝のために努力!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント・キャプテン!夢の実現のために戦う!

一人のスーパー・スターが優勝を実現させるために戦っている。言葉でも!


reus12.jpg


ドルトムントでドイツ代表のマルコ・ロイスは、最初のリーガ優勝のために戦っている。


ビルトの情報によると、今週このキャプテンはサンチョやラーセンのような若い選手たちと個人面談を行ったようだ。



スポンサーリンク



その面談で彼は、“ミュンヘンでは簡単にやられてしまったけれど、それでもまだ1ポイント差だ。マインツ戦では全てを出し切らなければならない。”と語ったようである。


ドルトムントはこの試合に勝てば、少なくとも日曜日までは首位でいることができるのだ。


シーズン残り6試合の状況で、ロイスはクオリティーだけでなく、メンタル面が重要である事を理解したようだ。



ファヴレ監督もバイエルンでの敗戦を消化したようだ。“消化するのは難しかったが、今はマインツ戦に向けて集中している。しっかり前を向かなければならない。選手たちもね。”とファヴレは語っている。



マネージャーのツォルクハ、“マインツ戦ではリアクションを期待している。”と語っている。


▶BVBにとって明るい材料となるのは、再びドルトムントの“武器”が用意されていることだ。ラファエル・ゲレイロ、パコ・アルカセル、クリスティアン・プリシチがチームに復帰するとみられている。





以上です。

監督はあまりこういう事は得意ではないようなので、ロイスが代わりにやっているようですね。コヴァチもまだチームを掌握できていないようですから、まだバイエルンが勝ち点を落とすチャンスはあると思います。ドルトムントはとにかく確実に3ポイントを重ねていってほしいですね。


[ 2019/04/13 17:49 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
マルコ・ロイス
ブンデスリーガ 23試合15ゴール6アシスト
(公式戦19ゴール7アシスト)

まさにトップ下の鏡ですね。
本当に頼もしいキャプテンであり格好良いです。
[ 2019/04/13 17:58 ] [ 編集 ]
残り6ゲームだけどはじめの2ゲームは自分たちさえしっかりやってれば普通に勝てる。
だけどバイエルン戦みたいに簡単に相手をスペース空けてフリーにするようじゃダメだろな。
ダービーから後の4ゲームは難敵ばっかだし、ここでしっかり勝ち切って行かないと一気に順位落とす危険性が出てくる。
とにかく明日は90分徹底的にキチンとしたサッカーしないとね。
[ 2019/04/13 18:14 ] [ 編集 ]
 ロイス監督がんばってほしい。こっそりS級取得してもいいんだよ?
[ 2019/04/13 19:41 ] [ 編集 ]
キャプテンが選手を取りまとめて監督に意見するのではなく、監督がキャプテンを使って選手を掌握しようとしてるのかいな
シュメルツァーはフロントの意向を垂れ流してた様に見えたが、今度はロイスが監督の意向を垂れ流すんか
今のままじゃロイスは選手側じゃなく監督側に見えるが、監督側だとケールに続きロイスにまでガッカリする事になるが
[ 2019/04/13 19:52 ] [ 編集 ]
ロイスの気概は感じるがファブレ共々とにかく本腰入れるのが遅い
もう既に時遅しな気がするわ
[ 2019/04/14 00:42 ] [ 編集 ]
ロイスは引退後も安泰って事ですかね。
引退後はフロントに〜ケールのように
シュメは移籍するのかな?
仕方ない事ですが、二連覇メンバー居なくなるのは寂しいです。試合見ていても本当に楽しかった。ファブレはロイスに頭上がらないですね
[ 2019/04/14 07:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。