ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元会長が明かす!ジダンがマンチェスター・ユナイテッドでプレーしなかった理由!《ドイツの反応》



【スポーツビルト】

元会長が明かす!
ジダン、この選手がいたためにマンチェスター・ユナイテッドでプレーしなかった。

zidan.jpg



ジュネディーヌ・ジダンは選手として素晴らしいキャリアを築いた。ユベントスとレアル・マドリッドでレジェンドになり、何度もタイトルを獲得している。そして彼はもう少しでマンチェスター・ユナイテッドでプレーする所だったようだ。しかしそれは同じフランスのとある選手が原因で実現しなかった。



スポンサーリンク



1980年から2002年までマンチェスター・ユナイテッドで会長を務めたマルティン・エドワーズが“ガゼッタ・デッロ・スポルト”で明かしている。それによるとジダンは1995年にマンチェスター・ユナイテッドにもう少しで移籍する所だったようだ。彼は当時はフランスのボルドーでプレーしていた。しかし最終的にはサー・アレックス・ファーガソン監督がこの移籍をOKしなかったのだ。


“ファーガソンが我々がジダンを必要とはしていないと言ったんだ。”とエドワーズは語る。ファーガソンはどうやら当時のトップ・ストライカーのエリック・カントナの気分を害したくはなかったようだ。


カントナは当時カンフーキックで8か月の出場停止となっていた。エドワーズは“出場停止の後でもカントナにチームに残るように説得したかったんだ。”と説明している。そのためジダンがユナイテッドにやってくることはなかったのだ。


その一年後ジダンはユーベに移籍し、そこでメガ・スターとなっている。彼は2001年に当時最高額となる7800万ユーロでレアル・マドリッドに移籍している。ジダンは3度世界最優秀選手にも選ばれており、マンチェスター・ユナイテッドは当時ジダンを獲得しなかった事を悔しがっていたとされている。




以上です。


最近ではレヴァンドフスキーがバイエルンで契約延長すると噂されていますが、それはヴェルナーの獲得に動いていることが、決して世代交代ではない事をレヴァンドフスキーに示すためだとされていました。


中心選手の機嫌を損ねないように補強するというのは、どこのチームでも少なからずあるみたいですね。


[ 2019/04/13 20:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
ファーガソンが自分の口でそういったつなら信用するけどね。
ジダンはフランスいた頃はボランチだったんじゃなかったか?カントナとはポジション被んないよ。それに花開いたのはユーベ行ってトップ下に上げられてからだしね。トップ下でボランチみたいなことやったのが斬新だったと。
元会長さんの思い違いでね?
[ 2019/04/13 21:54 ] [ 編集 ]
ジダンが天才なのは間違いないけどファーガソンがいらないというのなら
成果は出し続けてたわけだし結果として取らなくてよかったんちゃうの
[ 2019/04/13 23:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。