ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シティ監督!グアルディオラ!ギュンドガンの移籍をばらしてしまう?《ドイツの反応》

【ビルト】

マンチェスター・シティの監督の口から驚きの言葉が!!



ギュンドガンの移籍をばらしてしまった?


gundo34.jpg


このペップの言葉が大きな反響を呼んでいる。


マンチェスター・シティのグアルディオラ監督は記者会見でドイツ代表のレロイ・ザネーについて語っていた。ザネーは最近では時々しかプレーしておらず、グアルディオラは質問に答えなければならなかったのだ。そしてグアルディオラはザネーがプレーしない事と契約の状況(契約延長の話?)とは関係ないことを示すために、なんとギュンドガンを引き合いにだしたのだ。


スポンサーリンク



グアルディオラ:“ギュンドガンは契約を延長しないだろう。でも彼はプレーしている。もし契約(契約延長の話し合い)が関係するのであれば、ギュンドガンはプレーしないという事になる。”


グアルディオラはギュンドガンの移籍をばらしてしまったのだろうか?


はっきりしていることは、ギュンドガンの契約が2020年までとなっていることだ。シティはギュンドガンとの契約延長を目指しているが、現在は延長交渉が中断されている。


グアルディオラは“彼がすぐにでも契約を延長することを期待している。昨日決まっていたらもっと良かっただろうし、明日になるよりは今日決まってくれたら良いだろうね。”と語っている。


しかしギュンドガンは別に急いではいない。ギュンドガンは2月の頭にスポーツビルトに対して、“最近では後一年契約を残した選手が決断しなければならないのが、規則みたいになっている。移籍か延長か。でも僕は少し古いので、契約の最後の年に延長するという事も十分にあるんだ。”と語っている。


これはやり方の問題だろうか?それともすでにポーカーの一部だろうか?


はっきりしていることは、シティが移籍金を得たいのであれば、ギュンドガンをこの夏売らなければならないという事だ。そうでなければ2020年にはフリーになってしまう。


ビルトの情報によると、それでもギュンドガンはシティで延長するとみられている。ギュンドガンもシティを気に入っており、延長には前向きとのことだ。なので移籍となる可能性は高くはない。問題は時期がいつかという事だ。


スポーツ面において、マンチェスター・シティはシーズンの終盤、大きなプレッシャーにさらされている。毎週リヴァプールと優勝争いを繰り広げているのだ。日曜日にはギュンドガンとザネーが先発したシティはクリスタル・パレスに3:1で勝利している。水曜日にはチャンピオンズリーグでトッテナムと対戦する。




以上です。


うっかり“延長しない”との言葉が出てしまったようですね。この発言を受けて、ギュンドガンの移籍を大きく報じるドイツメディアもありますが、ビルトはそれでも最終的には延長すると見ているようです。確かに今契約を中断しているのは、条件を上げるためのポーカーだとも見ることが出来ますね。


すでにバイエルン移籍も噂に上がっていますが、どうなるでしょうか。


[ 2019/04/15 05:39 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(9)
D.シルバももうそろそろ厳しそうですし、ペップとしてはギュンドアンは手放したくないですよね。
今シーズン怪我ばかりのデブライネと大ブレイクしたB.シルバだけでは回せなくなりますし。
[ 2019/04/15 05:47 ] [ 編集 ]
ドルトムントは勝ちたければ香川とギュンはすぐに戻すように。シャヒンもだ。ヴァイグルのリリースもダメ。
監督がダメ出しすんなら監督ダメ出しすればいい。あまりの締まりのなさにとてもじゃないけど見ちゃおれん。
クロップいた頃はバイエルンさえプレッシャーかけるだけで押し込んでいたのに、今じゃ下位クラブに軽く押し込まれてるよ。こんなのはもう勘弁してもらいたいですよ。
[ 2019/04/15 06:30 ] [ 編集 ]
ギュンのアンカー悪くなかったけどな
もっとマンシーで見たかったわ
[ 2019/04/15 06:44 ] [ 編集 ]
ビルトは移籍関係だけはキッカーより正確だから侮れないですね
[ 2019/04/15 16:10 ] [ 編集 ]
バイエルンに一票
というかバイエルンの中盤に足りないのはギュンみたいなタイプだ
[ 2019/04/15 17:23 ] [ 編集 ]
ギュンには差別の問題など、いろんなことに揉まれているから契約や今後の方針決定にも思慮深さを感じる。ペップはわざとこういう発言をして周りを慌てさせて何かを後押ししようとする傾向がある。「延長する気ないんだよね?!早く決めてね 今後のこともあるし」っていう嫌味に聞こえるのはじぶんだけ?
[ 2019/04/15 18:58 ] [ 編集 ]
あんだけ嫌がらせされたドイツに戻ってくることあるんかね
ギュンならマンCから放出されたとしても他のプレミアのトップチームかユーベやスペインから話が来るんじゃないの
[ 2019/04/16 00:54 ] [ 編集 ]
>ドルトムントは勝ちたければ香川とギュンはすぐに戻すように。

なんか勘違いされてませんか?二人ともトラリク出して、自分たちからドルトムント卒業したがったので有って、ドルトムントから放出された訳ではありませんけど。
何故ドルトムントの都合で戻されるの?ノーサンキューですよね。
[ 2019/04/16 09:00 ] [ 編集 ]
ギュン出したら中央はWシルバとデブライネ、フェルナンジーニョしかいなくなるから出さんだろ
特にアンカーも出来るのはギュンとフェルナンジーニョしかいないしな
つかどうせなら有り得ない話だとしても香川獲得して欲しい
今ならお買得だぞ!ペップ!
[ 2019/04/16 17:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。