ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ香川!「ここベシクタシュに残りたいです!」《トルコメディアの反応》

【KRALSPOR】

香川:ベシクタシュに残りたいです!


kk24.jpg



現在ベシクタシュでプレーする香川真司はベシクタシュに残留するつもりだ。しかしイングランドの二つのクラブも彼の獲得に動いている!


今シーズン末までベシクタシュにローン移籍している香川真司が将来について口を開いた。


ドルトムントからローン移籍しているこの日本のサッカー選手はベシクタシュ残留を熱望している。フィクレト・オルマン会長も香川の完全移籍に向けて努力するつもりであると語っていた。

スポンサーリンク



イングランドからのオファー


現在香川の獲得にプレミアリーグのウエスト・ハム・ユナイテッドとエヴァートンが動いているとされている。この二つのチームはすでに1月にも彼の獲得に動こうとしていたが、それが実現することはなかったようだ。



ファンの力で勝利しました!


香川真司はバシャクシェヒル戦後にホンダ・チヒロのインタビューに対して答えている、“僕は守備の選手ではないです。負傷したディフェンダー、ガリー・メデルに代わって入りましたが。バシャクシェヒルが強いチームだという事は分かっていたので、忍耐強く戦いました。チャンスを見つけることができたと思います。それから勝てたのはサポーターのおかげですね。”


ベシクタシュに残りたいです。


香川真司はさらにベシクタシュに移籍したことを後悔していないと語っている。


“毎日何かしら新しいインスピレーションを得ています。サッカーをする事以上に幸せな事はないですね。今は自分の仕事をすることに集中するだけです。そしてさらなる幸運をつかむことができると信じています。正しい決断をしたと思っています。今は自分のベストを尽くす以外にはありません。移籍については考えていません、今はネガティブな事は考えないようにしています。”と語っている。






以上です。


この間の香川選手のインタビューの記事で日本とトルコでは随分差があるとの反響をいただきました。

今回の試合後のインタビューの一部が報道されていますが、なんと、一度も発言の中には登場しない「僕は残りたいです」という言葉がタイトルになって報道されています。まあ「決断は間違っていなかった」=「残りたい」という解釈だと思います・・・。いや、それとも「今は移籍について考えていない」=「残りたい」になった可能性もありますね・・・。


こういう事もあるので、まあどちらが良いとも言えませんね・・。


管理人が訳す過程でニュアンスが変わってしまう事は当然あると思いますが、香川選手が日本語で発言している以上、それをトルコ語に訳す過程でニュアンスが変わる可能性もかなりあると思います。また文中に引用された本人の言葉であっても時数に合わせて記者が勝手に短くしたり、つなぎ合わせたりすることは良くありますので(ドイツでも良くある)、さらにその過程でニュアンスがずれる可能性もあると思います。



[ 2019/04/16 05:23 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(22)
まあ関係者が分かっていればもういいですわ
[ 2019/04/16 06:13 ] [ 編集 ]
これは酷いですな。
[ 2019/04/16 06:39 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。
そうですね。やはりトルコはトルコでしたね (^_^) そして日本のメディアも全部ではないけど相変わらず、日本語がわからない記者さんが多いようで日本語って難しい、まあ香川さん今に集中しているって事ですね
[ 2019/04/16 06:52 ] [ 編集 ]
トルコのメディアは香川の発言を可能な限り自分達に都合の良いようにポジティブ解釈して報じる
日本のメディアは香川の発言を可能な限りネガティブ解釈して貶める方向で報じる
どちらもアクロバティック過ぎて香川の真意がまるで伝わらない
[ 2019/04/16 06:53 ] [ 編集 ]
この訳をしているメディアはひとつだけですね
多くのメディアは発言をそのまま機械翻訳して伝えてます
どうやっても間違えようが無いので意図的な捏造でしょう
アクセス数稼ぎですね
[ 2019/04/16 07:05 ] [ 編集 ]
まぁいつものトルコ流エンタメということで笑
トルコは経済不調だからデマもエンタメにして楽しんでしまえつことだろ笑
[ 2019/04/16 07:23 ] [ 編集 ]
怖いですね
意図的に歪曲することもありますし、特に香川はそういうのが多いです
[ 2019/04/16 08:28 ] [ 編集 ]
個人的には、ベシクタシュサポーターむけにはこういう報道は良い事だと思います。香川もあからさまな腰掛け移籍だと悟られないよう気を使ってます。プロとして、ファン獲得は何よりもの仕事。流石アイドル香川だね(笑)
[ 2019/04/16 08:39 ] [ 編集 ]
>香川真司はさらにベシクタシュに移籍したことを後悔していない

半年買い取りOPなしで移籍したことを後悔はしていない
これが香川の言った真実だと思いますが
そこから「ベシュクタシュに残りたいたいです」はさすがに飛躍しすぎ!
[ 2019/04/16 09:10 ] [ 編集 ]
すげえ歪曲
[ 2019/04/16 09:35 ] [ 編集 ]
残るわけねー
[ 2019/04/16 09:35 ] [ 編集 ]
これが日本のマスコミによって、さらに改変されるんですね

日本のマスコミとトルコのマスコミのコラボってコントになってきましたね

どっちがマスコミとしてひどいのか、というコンテストを見せられてる気分になる
[ 2019/04/16 09:44 ] [ 編集 ]
ググッた結果、本田千尋かな、従兄弟に同名の女性がいるので男性とは思わなかったですw
1981年福島県会津地方生まれ。学習院大学文学部英米文学科卒。
スポーツライター養成講座「金子塾」を経て、ドイツ、デュッセルドルフへ
sports.yahoo.co.jp/column/writer/672
[ 2019/04/16 10:14 ] [ 編集 ]
ファンの力で勝利しても香川を買い取れるだけのお金がない・・
ウエストハム・エバートンの噂はいつもセットで5回目くらいかな
スタメンで好調な時でさえ噂あったね
[ 2019/04/16 13:56 ] [ 編集 ]
管理人さんのフォローが大変そうなので、トルコ記者はもう少し頑張ってください…。


[ 2019/04/16 14:26 ] [ 編集 ]
日本語の曖昧な表現にトルコの盛って話す文化補正がかかるとこうなっちゃうのかもしれませんね
[ 2019/04/16 14:33 ] [ 編集 ]
これはいざ移籍となったら誤解や反感が出そうですわ。
残りたいなんて一言も言ってないのに。笑
個人的にはスペインかプレミアで見たいな。
2位でフェニッシュなら補強の考えも変わって移籍金がさらに上がりそう。
[ 2019/04/16 16:02 ] [ 編集 ]
日本語のインタビュー記事を外国メディアが翻訳する過程で多少変わってしまうのは譲歩の余地はなきにしもあらずだけど、日本のメディアが改竄するのは報道倫理の観点から見れば比較にならないと思う。
[ 2019/04/16 17:10 ] [ 編集 ]
残るなら何処からもオファーがなかった場合だけだから有り得ない、最悪ドルトにレンタルバックされるだけだ
もうこの手の記事はお腹いっぱい
[ 2019/04/16 17:42 ] [ 編集 ]
香川のインタビューについて最初に記事を書いたのはMilliyetのスポーツ版Skorer。日本の記事にないことも少し書かれてるがSkorerの記事は日刊スポーツのオルムシュ由香記者の記事の内容に近い。一部の媒体がSkorerを引用元として香川がベシクタシュに残りたいと言ったとデマを飛ばしてるが、Skorerの記事にその様な記述はない。
一方でFutbolArenaの記事はフットボールチャンネルの本田千尋記者の記事を訳して書かれてるが、「ベシクタシュに残りたい」という一文を「ここへ来たのは正しい決断だった」の前に付け加え、香川が残りたがってるかの様に発言を歪曲してる。このKralsporの記事はFutbolArenaの記事に手を加えたもので、「ベシクタシュに残りたい」という一文をタイトルにし内容からは削除してる。因みに以前トルコメディアで騒がれた香川が残留を希望したという記事は、無名のブログサイトが日本のネットのあるサイトで香川が残りたいと言ったとデマを飛ばしたのが発端で、最初にこのブログ記事を転載したTürkiye Gazetesiは記事を削除してる。
[ 2019/04/16 21:02 ] [ 編集 ]
21:02さん
詳しい情報ありがとうございました
[ 2019/04/17 00:26 ] [ 編集 ]
ひどいですねwまあそれだけ愛されてることをポジティブに笑いましょうよ。ここでもっと結果を残してもらわないと。先日の試合も香川選手が入ってから、まるで別のチームのように強くなってましたからね!
[ 2019/04/17 00:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。